NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

平成28年度 光ナノサイエンス 体験入学会  体験内容

凝縮系物性学研究室

担当者:武田 さくら 助教

電子は授業で学習するだけではかなかその存在を実感できません。私たちは日々電子を操り、結晶表面の原子の並びを調べたり、固体から取り出して固体中でどんな速さで走っているか調べたりしています。電子を操って行う実験(電子回折、光電子分光)を体験し、電子を身近に感じてみよう!

※記念写真を撮影されたい方はカメラを持参ください。

高分子創成科学研究室

担当者:藤木 道也 教授

森羅万象を支配する4つの基本物理力(電磁力、強い核力、弱い核力、重力)、対称性の保存・非保存、時間とエントロピーの関係を学習したのち、通常の手段では検出不可能な微弱な鏡像対称性の破れを計測する。不斉光学実験を行い、KaleidaGraphを使ってデータ処理を行います。

※8/9のみ実施

※光物理、光化学、量子力学、分光学、物理有機化学、物理化学に関する基礎知識を有し、構造-物性-機能相関に非常に強い関心を持つ方に特化した内容です。なお、受講希望者は事前にfujikim@ms.naist.jpまでお問い合わせ願います。

光機能素子科学研究室

担当者:笹川清隆 助教

デジタルカメラを実際に分解して内部で画像を捉えるイメージセンサの構造を観察します。また、実際にイメージセンサを動かして、画像を捉える方法について学びます。これらの実験を通じて光を用いた観察技術についての理解を深めていただきます。

情報機能素子科学研究室

担当者:浦岡行治教授

太陽電池の発電原理を勉強し、作製方法や発電性能の評価方法を実習します。また、ソーラーカーを試作し、光源の種類と発電性能について、調べます。

反応制御科学研究室

担当者:西山 靖浩助教

医薬品の多くは、人の手で化学合成によって作られています。この体験入学では、解熱鎮痛薬として汎用されているアスピリン(アセチルサリチル酸)を自分の手で合成します。

※実験メガネ、白衣は用意します。薬品アレルギーのある方は参加をお控ください。

バイオミメティック科学研究室

担当者:田原 圭志朗助教

酸化還元(電子の授受)は呼吸や光合成といった自然の仕組みの心臓部に当たります。本実習では、生体や人工の金属錯体の化学修飾と電気化学的評価を行い、酸化還元反応について学習していただきます。

※汚れてもよい服装で参加ください。

超分子集合体科学研究室

担当者:長尾 聡助教

蛋白質は生体内において多種多様な機能を司る生体高分子です。蛋白質を人工的に様々な形に組みあげ、蛋白質超分子とすることで、これまでにない機能 や働きを持たせることができます。本実習では、蛋白質を人工的につなぎ合わせて超分子化し、機能や性質の変化を調べます。

※8月10日のみ実施

※汚れてもよい服装で参加ください。

生体適合性物質科学研究室

担当者:安藤 剛准教授

生体内に注射した後固まるゲルを用いた治療法は、手術の必要がなく、複雑な形状の部位にも適用可能なことから、注目を集めています。体験入学では、温度応答性高分子と人工骨材料を組み合わせ、室温では液体ですが体温では固体になる、新しい人工骨材料の合成を行います。

※8月10日のみ実施

※汚れてもよい服装で参加ください。

有機固体素子科学研究室

担当者:小島 広孝助教

有機トランジスタなどの有機半導体デバイスに使われる分子を、Linuxマシンでモデリングし、分子動力学計算で熱ゆらぎをシミュレーションします。

※データを持ち帰りたい方はUSBメモリーなどを持参下さい。

ナノ構造磁気科学研究室

担当者:細糸 信好准教授

垂直磁化膜、間接交換結合膜、交換バイアス膜などの磁化の磁場変化(磁化曲線)を測定し、その特徴を観察します。また、これらの試料が示す特徴ある磁化曲線がどのような原因で生じているかを学びます。

※8月9日のみ実施

分子複合系科学研究室

担当者:山崎 洋一助教

複雑な分子間相互作用の振る舞いにより、多様な機能を発揮する蛋白質は、生命活動を担うナノスケール機能性分子です。体験入学では、人工的に改変した光センサー蛋白質の簡単な作製を通じて、ナノスケールで働く蛋白質の機能がどのように実現されているのかを、観察していただきます。

ナノ高分子材料研究室

担当者:網代 広治准教授

ポリスチレンは高分子材料として身の回りにあふれている。その化学構造の特徴を利用した実験を体験する。(1)レモン果汁に含まれるリモネンが、プラスチック材料のうち発泡スチロールのみを選択的に溶解させる実験を体験する。(2)浄水器などイオン交換樹脂にも利用されているポリスチレン誘導体(高分子電解質)を使って、ナノレベルの薄膜を調製する交互積層法を体験する。

※8月9日のみ実施

イベント

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ