本文へスキップ

奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 研究推進部門・物質創成科学研究科 ナノ高分子材料研究室

TEL. 0743-72-5508

〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5

学会発表 (2015~現在)PRESENTATION (2015-present)

2017年10月18日 更新
(※研究室設置後の分)

(1) 国際会議など [Oral]

2017年

  1. ○Hiroharu Ajiro, “Functionalization of Polylactides”, KU-NAIST Joint Symposium, 10th July 2017, NAIST, Large Lecture Hall, Nara (Japan).【Oral】
  2. ○Hiroharu Ajiro, Nalinthip Chanthaset, Yoshiaki Haramiishi [*Invited] “Functionalization of Poly(trimethylene carbonate) Derivatives with Ester Free Structure and Their Thermosensitive Behavior”, International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC)2017, POL 18, Jun 8th-10th 2017, Ho Chi Minh (Viet Nam).【Oral】
  3. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “Preparation of multi-functional hydrogels and thin films using poly(trimethylene carbonate) bearing oligoethylene glycol units”, Asian International Symposium – Polymer - The 97th CSJ Annual Meeting, March 18th 2017, Yokohama (Japan). 【Oral】
  4. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited Seminar] “Stimuli-Responsive Water Soluble Polymers Based on Poly(trimehtylene carbonate) and Poly(N-vinylamide)s” Seminar SeleCa/SFB 985, Institute fuer Anorganische Chemie, RWTH Aachen. Aachen (Germany). Hosted by Prof. Dr. Jun Okuda. January 17th 2017. 【Oral】

2016年

  1. ○Kai Kan, Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro “Preparation of Interpenetrate Polymer Network Using Amphiphilic N-vinylamides and Thermosensitive Polymers”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan). 【Oral】
  2. ○Nalinthip Chanthaset, Yoshinori Haramiishi, Kai Kan, Hiroharu Ajiro “Thermosensitive Hydrogel of Trimethylene Carbonate Derivatives with Oligo(ethylene glycol) Units”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan). 【Oral】
  3. ○Ryo Kawatani, Kai Kan, Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro “Multi-stimuli Responsive Polymers Using N-Vinylamides Bearing Substituents at N-Position”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan). 【Oral】
  4. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “Molecular Technology for Functionalized Polymer Biomaterials Using Poly(trimethylene Carbonate) and Polylactides” International Symposium on Novel and Sustainable Technology (ISNST), October 6th - October 7th 2016, Tainan (Taiwan). 【Oral】
  5. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited Keynote] “Functionalization of Poly(trimethylene carbonate) and Polylactide by Molecular Technology Approach” Annual Meeting, the International Polymer Conference of Thailand (PCT-6), June 30th - July 1st 2016, Bangkok (Thailand). 【Oral】
  6. ○Hiroharu Ajiro “Temperature Responsive Poly(trimethylene carbonate) Derivatives Connected with Oligoethylene Glycol Units”, JST PRESTO Workshop with Prof. Stefan Hecht, May 21st 2016, Tokyo (Japan). 【Oral】
  7. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “The Molecular Design of Multi-functionalized Biodegradable Polylactides by Chain-end Modification” Workshop for Future Interdisciplinary Research, 9th-11th March 2016, Nara Institute of Science and Technology (Japan). 【Oral】
  8. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “Stimuli responsive properties of poly(trimethylene carbonate) derivatives connected with oligoethylene glycol units” BIT’s 2nd Annual World Congress of Smart Materials 2016, 4th-6th March 2016, Grand Copthorne Waterfront Hotel (Singapore). 【Oral】

2015年

  1. ○Hiroharu Ajiro, Shogo Ito, Mitsuru Akashi, [*Invited] “Synthesis of polylactides bearing antibacterial moiety at chain end” The 2nd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2015), Hawaii (USA) , December 15th -16th 2015. 【Oral】
  2. ○Hiroharu Ajiro, Shogo Ito, Mitsuru Akashi, [*Invited] “Synthesis of polylactides bearing antibacterial moiety at chain end” Pacifichem 2015, Hawaii (USA) , December 15th –20th 2015. 【Oral】
  3. ○Hiroharu Ajiro, Tatsuaki Ueyama, Mitsuru Akashi, “Preparation of hollow capsules composed of it-PMMA/st-PMAA stereocomplex thin films by layer-by-layer assembly on macroporous silicagel”, Pacifichem 2015, December 15th –20th 2015. Hawaii (USA). 【Oral】
  4. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “Multi Functionalization to Biodegradable Polymers Using Poly(trimethylene carbonate) and Polylactide Backbone” 11th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XI) Qinhuangdao (China), October 11th –15th 2015. 【Oral】
  5. ○Hiroharu Ajiro, [*Invited] “Multi functionalization to biodegradable polymers by molecular technology approach” ISOC 2015, ISNaC 2015, Kuala Lumpur (Malaysia). September 21st –23rd 2015. 【Oral】
  6. ○Hiroharu Ajiro, [*Seminar] “Design of Stimuli-responsive Polymers for Biomedical Application by Molecular Technology” Visit by NAIST Delegates to Faculty of Science, 11th March 2015, Workshop at Universiti Tunku Abdul Rahman (UTAR), Malaysia. Contact person: Dr. Loh Pek Chin, Kampar (Malaysia). 【Oral】
  7. ○Hiroharu Ajiro, [*Seminar] “Design of Stimuli-responsive Polymers for Biomedical Application by Molecular Technology” 9th March 2015, University of Malaya (UM) - Graduate School of Material Science (GSMS), NAIST Materials Science Workshop, Meeting Room K017 Universiti Malaya, Kuala Lumpur (Malaysia) . 【Oral】


(2) 国際会議など [Poster]

2016年

  1. ○Yoshiaki Haramiishi, Nalinthip Chanthaset, Kai Kan, Hiroharu Ajiro “Preparation of Copolymer Using Thermosensitive Poly(Trimethylene Carbonate) Derivatives with Oligo(ethylene glycol) Units and Polylactides”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan).【Poster】
  2. ○Kai Kan, Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro “Reversible Modification of Polylactide at Chain End by Vanillin Contributes to Nanostructure Control”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan).【Poster】 <※IPC2016 Young Scientist Poster Award 受賞>
  3. ○Ryo Kawatani, Kai Kan, Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro “The Effect of Chemical Structure of Poly(N-vinylamide)s for Thermal Crosslinking Reaction”, The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), December 13th -16th, 2016, Fukuoka (Japan).【Poster】


(3) 国内の学会発表・講演・セミナーなど [口頭]

2017年

  1. ○網代広治「複機能性高分子による循環器治療バイオマテリアルの創出」第7回CSJ 化学フェスタ、JSTさきがけ(分子技術と新機能創出 領域)終了報告会、2017年10月18日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【口頭】
  2. ○網代広治・Nalinthip Chanthaset・孕石英義「エステルフリー型感熱応答性ポリトリメチレンカーボネート誘導体から調製された材料表面評価」“Evaluation of the surface prepared by thermoresponsive poly(trimethylene carbonate derivatives) with ester free structure”<口頭英語>、第66回高分子討論会、3ESB10、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【口頭】
  3. ○網代広治・Nalinthip Chanthaset・孕石英義「エステルフリー型感熱応答性ポリトリメチレンカーボネート誘導体から調製された材料表面評価」“Evaluation of the surface prepared by thermoresponsive poly(trimethylene carbonate derivatives) with ester free structure”<口頭英語>、第66回高分子討論会、3ESB10、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【口頭】
  4. ○Preeyarad Charoensumran・網代広治「Preparation of Polystyrene Based Organogels in Limonene as Drug Storage」第66回高分子討論会、3ESA09、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【口頭】
  5. ○カン凱・明石満・網代広治「ヒドロキシメチルフルフラールを末端に導入したポリ乳酸の高分子間相互作用と動的な形態制御」第66回高分子討論会、3Y07、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【口頭】
  6. ○川谷諒・網代広治「ガスハイドレート生成防止剤を目的としたN位にアルキル鎖またはエチレングリコール鎖が導入されたポリ(N-ビニルアミド)誘導体の合成と感熱応答性」第66回高分子討論会、2Y04、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【口頭】
  7. ○石丸 佳樹、岩本 多加志、Nalinthip Chanthaset、網代 広治、堀内 喜高、東 慶直、古薗 勉「医用機器コーティング材を目的とした表面に官能基をもつ機能性抗菌ナノ粒子の開発」、第55回日本人工臓器学会大会、2017年9月1日―3日、法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区).【口頭】
  8. ○青木大亮・網代広治「オリゴエチレングリコールを有する酒石酸エステルによるポリウレタンゲルアクチュエータの創製」日本バイオマテリアル学会関西ブロック第12回若手研究発表会、2017年8月31日、奈良女子大学 記念館(奈良県奈良市).【口頭】
  9. ○網代広治 [*招待講演]「医療応用を目指したエステルフリー機能性ポリトリメチレンカーボネート誘導体の合成」第88回高分子若手研究会[関西]、2017年8月5日―6日、近江希望が丘ユースホステル(滋賀県).【口頭】
  10. ○網代広治 ・カン凱・藤城真也[産学連携出展]「ポリ乳酸ステレオコンプレックス化を利用した界面接合」、MOBIOテーマ別大学・高専合同研究シーズ発表会、クリエイション・コア東大阪 南館3階 技術交流室B、MOBIO(東大阪市)、2017年7月28日.【口頭】
  11. ○網代広治 [産学連携出展]「分子技術に基づいて両親媒性を導入した複機能性高分子の合成」、第32回奈良先端大産学連携フォーラム、公益社団法人関西経済連合会 中ノ島センタービル29階会議室(大阪市北区)、2017年7月21日.【口頭】
  12. ○網代広治 [産学連携出展]「選択的末端反応性と高分子間相互作用を利用したポリ乳酸の動的ナノ構造制御」、第14回アカデミックフォーラム [リード エグジビション ジャパン株式会社 主催]、ACA3、東京(東京ビッグサイト)、2017年6月28日-30日.【口頭】
  13. ○網代広治・孕石英義「エステルフリー型ポリトリメチレンカーボネート誘導体のディップコート膜調製と表面解析」、2C03、平成29年度繊維学会年次大会、2017年6月8日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【口頭】
  14. ○網代広治・Nalinthip Chanthaset・孕石英義「エステルフリー構造に基づくポリトリメチレンカーボネート誘導体のブロック共重合体合成と薄膜調製」“Synthesis and thin film preparation of block copolymer using poly(trimethylene carbonate derivative) with ester free structure”<口頭英語>、第66回高分子年次大会、1L28、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2017年5月29日―31日.【口頭】
  15. ○青木大亮・網代広治, 「オリゴエチレングリコールを有するポリウレタンの物性とグラフト構造の効果」、2A3-32、第97春季年会、慶応技術大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)、2017年3月16日-19日.【口頭】
  16. ○カン凱・明石満・網代広治, 「末端にアルデヒドを修飾させたポリ乳酸の動的ナノ構造制御」(口頭英語発表)“Dynamic control of polylactide nanostructure bearing aldehyde at the chain end”、 3A2-04、第97春季年会、慶応技術大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)、2017年3月16日-19日. 【口頭】
  17. ○Nalinthip Chanthaset, Kai Kan, Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro, “Control of Thermosensitive Properties by Copolymerization of Trimethylene Carbonate Derivatives Bearing Oligo ethylene Glycol and Coumarin Units”、 2A2-32第97春季年会、慶応技術大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)、2017年3月16日-19日. 【口頭】

2016年

  1. ○網代広治・Nalinthip Chanthaset・孕石英義 “エステルフリーの機能性ポリトリメチレンカーボネート誘導体合成”、平成28年度繊維学会秋季研究発表会、2G05、山形大学米沢キャンパス(山形県米沢市)、2016年9月20日-21日.【口頭】
  2. ○網代広治・Seitz Steffen・上山達陽・前川真澄・亀井大輔・明石満[*依頼講演174] “it-PMMAとst-PMAAの交互積層ステレオコンプレックス薄膜から得られる多孔性薄膜の特性”、第65回高分子討論会、1I03、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【口頭】
  3. ○川谷諒・カン凱・明石満・網代広治“両親媒性ポリ(N-アルキル-N-ビニルアミド)誘導体の合成と感熱応答性”、第65回高分子討論会、1L16、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【口頭】
  4. ○カン凱・網代広治・藤木道也・明石満“末端にクロモフォアを含むポリ(L-乳酸)およびポリ(D-乳酸)の合成 (Preparation of polylactide bearing chromophore at chain end and their functionalization)”<口頭英語発表>、第65回高分子討論会、1ESA04、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【口頭】
  5. ○網代広治・孕石英義・CHANTHASET Nalinthip・カン凱・明石満「Design and Evaluation as a Biomaterial on Functional Poly(trimetylene carbonate derivative)s without Releasing Acidic Compounds after Hydrolysis」<英語>、第65回高分子年次大会、2J27、神戸国際展示場(兵庫県神戸市)、2016年5月25日-27日.【口頭】
  6. ○網代広治「Temperature Responsive Poly(trimethylene carbonate) Derivatives Connected with Oligoethylene Glycol Units」、JST PRESTO Workshop、Host: Prof. Takashi Kato、Guest: Prof. Stefan Hecht、JST東京本部別館2階セミナー室(東京都千代田区). 【口頭】
  7. ○網代広治 [産学連携出展]「ポリ乳酸およびポリトリメチレンカーボネートの複機能化による医用材料創製」、第13回アカデミックフォーラム [リード エグジビション ジャパン株式会社 主催]、C-16、東京(東京ビッグサイト)、2016年5月11日-13日. 【口頭】
  8. ○網代広治 [産学連携出展]「新しい徐放制御法を目指した高分子間相互作用による表面構造制御 ―静電的相互作用・疎水性相互作用・ファンデルワールス相互作用―」、奈良先端科学技術大学院大学研究紹介セミナー [奈良先端大産学官連携部門 主催]、サントリーワールドリサーチセンター(京都府相楽郡)、2016年4月26日. 【口頭】
  9. ○藤城真也・カン凱・網代広治・明石満「ポリ乳酸グラフト金ナノ粒子を利用した高分子間相互作用の測定と選択性評価」、日本化学会第96春季年会、2B6-03、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【口頭】
  10. ○孕石英義・カン凱・網代広治・明石満「ポリトリメチレンカーボネート誘導体の分解挙動における側鎖効果」、日本化学会第96春季年会、1B6-09、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【口頭】
  11. ○カン凱・網代広治・藤木道也・明石満「末端にバニリンを結合させたポリ乳酸の調製と円二色性」、日本化学会第96春季年会、1B5-46、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【口頭】
  12. ○網代広治[*セミナー]「高分子間相互作用による複機能性生分解性高分子の創製」、福井大学 応用生物科学専攻(世話教員:杉原伸治先生)(福井県福井市)、2016年2月29日. 【口頭】

2015年

  1. ○網代広治・闞凱・明石満 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する植物由来生分解性高分子」、第4回ネイチャー・インダストリー・アワード(NIA)~若手研究者からの発信~、②-07、大阪科学技術センタービル(大阪府大阪市)、2015年12月4日. 【口頭】
  2. ○網代広治 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する高分子」、第35回近畿バイオインダストリー技術シーズ公開会、7、大阪科学技術センタービル(大阪府大阪市)、2015年12月2日. 【口頭】
  3. ○網代広治 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する高分子」、第12回JST/CIC東京 新技術説明会、B会場⑧、CIC東京(東京都港区)、2015年11月19日. 【口頭】
  4. ○網代広治 [*招待講演]「分子技術と高分子間相互作用を利用した生分解性高分子の複機能化」第30回中国四国地区高分子若手研究会、にぎたつ会館(愛媛県松山市)、2015年11月5日-6日. 【口頭】
  5. ○網代広治 [*講演会]「分子技術と高分子間相互作用による複機能性医用高分子の創出」、奈良先端科学技術大学院大学 平成27年度創立記念学術講演会、奈良先端科学技術大学院大学ミレニアムホール(奈良県生駒市)、2015年10月9日. 【口頭】
  6. ○カン凱・網代広治・明石満「末端にバニリンを結合させたポリ乳酸ステレオコンプレックスの調製」、第64回高分子討論会、東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)、2015年9月15日―17日. 【口頭】
  7. ○網代広治・孕石英義・カン凱・高濱瞬・明石満[*依頼講演143]「架橋反応性を有する感熱応答性ポリ(トリメチレンカーボネート誘導体)の合成」,第64回高分子討論会、東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)、2015年9月15日―17日. 【口頭】
  8. ○網代広治・カン凱・伊藤清悟・明石 満「末端に抗菌活性部位を導入したポリ乳酸ステレオコンプレックス」、ナノバイオ国際共同研究教育拠点 第8回若手ネットワーキングシンポジウム、長良川国際会議場(岐阜県岐阜市)、2015年6月12日―13日. 【口頭】
  9. ○網代広治・高濱瞬・水上雅史・栗原和枝・明石満「ポリ乳酸のスピンコート薄膜と交互積層薄膜を用いた接触界面における高分子間相互作用の評価」、第64回高分子年次大会、札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)、2015年5月27日―29日. 【口頭】
  10. ○伊藤清悟・網代広治・明石満「末端にカテキンを修飾したポリ乳酸とステレオコンプレックス化」、日本化学会第95春季年会、2B2-47、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)、2015年3月26日―29日. 【口頭】
  11. ○網代広治・高濱瞬・高橋良和・明石満「側鎖にオリゴエチレングリコール鎖を有するカーボネート誘導体の感熱応答性」、 日本化学会第95春季年会、1B2-54、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)、2015年3月26日―29日. 【口頭】


(4) 国内の学会発表など [ポスター]

2017年

  1. ○川谷諒・網代広治「ガスハイドレート生成防止剤の開発を目指した二種類の感熱応答性部位を設計したポリ(N-ビニルアミド)誘導体の合成」、第7回化学フェスタ、P5-090、2017年10月17日―19日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【ポスター】
  2. ○山谷健太・網代広治「カフェ酸を6-O位とN-位に導入したグルコサミン誘導体合成と接着力の評価」、第7回化学フェスタ、P2-110、2017年10月17日―19日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【ポスター】
  3. ○青木大亮・網代広治「側鎖に感熱応答性置換基を導入したポリウレタンによるゲルアクチュエータの創製」第7回化学フェスタ、P5-117、2017年10月17日―19日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【ポスター】
  4. ○Choi Jaeyeong・川谷諒・網代広治,「N-位に光応答性置換基を導入した両親媒性ポリ(N-ビニルアミド)誘導体の合成とその光応答挙動」第7回化学フェスタ、P4-085、2017年10月17日―19日、タワーホール船堀(東京都江戸川区).【ポスター】
  5. ○カン凱・網代広治「N-ビニルアミド誘導体による感熱応答性相互侵入網目ゲルを利用した薬物吸着と脱着」第66回高分子討論会、3Pc023、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【ポスター】
  6. ○青木大亮・網代広治「側鎖交換による剛直性ポリウレタンにおける側鎖構造が及ぼす力学物性への影響」第66回高分子討論会、2Pe039、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【ポスター】
  7. ○川谷諒・網代広治「アジポイルクロライドおよびアジピン酸を用いたポリ(N-ビニルアミド)誘導体の架橋と双性イオンの導入」第66回高分子討論会、3Pa023、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【ポスター】
  8. ○岩見みづほ・カン凱・明石満・網代広治「末端にバニリンを有するポリ乳酸のステレオコンプレックス化とナノ構造制御」第66回高分子討論会、2Pb028、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【ポスター】
  9. ○信岡宏明・孕石英義・網代広治「種々のエステルフリー型トリメチレンカーボネート誘導体の設計と重合反応の考察」第66回高分子討論会、2Pa027、2017年9月20日―22日、愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市).【ポスター】
  10. ○カン凱・明石満・網代広治“複素芳香族化合物を結合したポリ乳酸の高分子間相互作用と可逆反応による動的構造制御”、第63回高分子研究発表会、Pa-50、兵庫県民会館(兵庫県神戸市)、2017年7月14日.【ポスター】
  11. ○Preeyarad Charoensumran・網代広治“Synthesis, Characterization and Mechanical Property of the Novel Polystyrene Organogels with Limonene As Drug Storage”、第63回高分子研究発表会、Pb-26、兵庫県民会館(兵庫県神戸市)、2017年7月14日.【ポスター】
  12. ○川谷諒・カン凱・網代広治“塩化アジポイルを用いたポリ(N-ビニルアミド)誘導体のゲル調製”、第63回高分子研究発表会、Pa-22、兵庫県民会館(兵庫県神戸市)、2017年7月14日.【ポスター】
  13. ○青木大亮・網代広治“オリゴエチレングリコールを側鎖に導入した酒石酸エステルによるポリウレタンの合成”、第66回高分子年次大会、2Pe079、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2017年5月29日―31日.【ポスター】
  14. ○川谷諒・カン凱・明石満・網代広治“抗菌性ペプチド構造異性体を目指したカチオン性ポリ(N-ビニルアミド)誘導体の合成の設計”、第66回高分子年次大会、3Pc025、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2017年5月29日―31日.【ポスター】
  15. ○カン凱・明石満・網代広治, 「末端にアルデヒドを修飾させたポリ乳酸の動的ナノ構造制御」(ATPポスター)“Dynamic control of polylactide nanostructure bearing aldehyde at the chain end”、1PC-020、第97春季年会、慶応技術大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)、2017年3月16日-19日. 【ポスター】

2016年

  1. ○川谷諒・カン凱・明石満・網代広治「N-位にオリゴエチレングリコール鎖を持つポリ(N-ビニルアミド)誘導体の合成と感熱応答性」、第6回CSJ化学フェスタ、P6-096、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2016年11月14日-16日.【ポスター】
  2. ○藤城真也・カン凱・網代広治・明石満「ポリ乳酸ステレオコンプレックス化を利用した選択的接着材料の評価」、第6回CSJ化学フェスタ、P1-088、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2016年11月14日-16日.【ポスター】<※優秀ポスター発表賞 受賞>
  3. ○山谷健太・網代広治「6-O-グリシルグルコサミン誘導体を用いた薄膜調製」、第12回日本接着学会関西支部若手の会、関西大学千里山キャンパス100周年記念会館(大阪府吹田市)、2016年10月12日.【ポスター】
  4. ○Nalinthip Chanthaset・孕石英義・カン凱・網代広治“Thermosensitive Properties of the Copolymers Based on Trimethylene Carbonate Derivative Bearing Photoresponsive Coumarin Moiety”、第65回高分子討論会、1Pe051、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【ポスター】
  5. ○山谷健太・網代広治「6-O-グリシルグルコサミン骨格を利用したモノマー合成」、第65回高分子討論会、1Pc015、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【ポスター】
  6. ○青木大亮・網代広治「側鎖にオリゴエチレングリコール鎖を導入したポリウレタンの合成」、第65回高分子討論会、1Pc009、神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市)、2016年9月14日-16日.【ポスター】
  7. ○カン凱・網代広治・明石満「芳香族水酸基を開始剤として得られたポリ乳酸の機能化」、第62回高分子研究発表会、Pa-2、兵庫県民会館(兵庫県神戸市)、2016年7月15日.【ポスター】
  8. ○カン凱・網代広治・藤木道也・明石満「バニリンを開始剤としたポリ乳酸の合成と誘起円二色性」、第37回光化学若手の会、アイ・アイ・ランド(大阪府四條畷)、2016年6月17日‐19日.【ポスター】
  9. ○川谷諒・カン凱・明石満・網代広治「アゾベンゼンを有するポリ(N―ビニルホルムアミド誘導体)の合成」、第65回高分子年次大会、2Pb012、神戸国際展示場(兵庫県神戸市)、2016年5月25日-27日.【ポスター】
  10. ○藤城真也・カン凱・網代広治・明石満「ポリ乳酸グラフト金ナノ粒子を利用した高分子間相互作用の測定と選択性評価」、日本化学会第96春季年会、【P3】新素材、受付番号A1109、講演番号1PC-084、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【ポスター】
  11. ○Nalinthip Chanthaset・孕石英義・カン凱・網代広治・明石満「Synthesis and Polymerization of Trimethylene Carbonate Derivative Bearing Coumarin Moiety for Photo-gelation Materials」、日本化学会第96春季年会、3PC-117、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【ポスター】
  12. ○川谷諒・カン凱・網代広治・明石満「Synthesis of Thermosensitive Copolymers Using N-Vinylamide Derivatives with Propyl Group at N-Position」、日本化学会第96春季年会、3PC-116、同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)、2016年3月24日-27日. 【ポスター】
  13. ○カン凱・網代広治 [産学連携出展]「ポリ乳酸末端修飾により選択的かつ可逆的な相互作用を付与させた機能性材料の開発」,産学公金連携マッチングフェア、京都パルスプラザ(京都府京都市)、2016年2月18日―19日. 【ポスター】

2015年

  1. ○網代広治・カン凱・明石満 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する植物由来生分解性高分子」、第4回ネイチャー・インダストリー・アワード(NIA)~若手研究者からの発信~、②-07、大阪(大阪科学技術センタービル)、2015年12月4日. 【ポスター】
  2. ○網代広治 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する高分子」、第35回近畿バイオインダストリー技術シーズ公開会、7、大阪(大阪科学技術センタービル)、2015年12月2日. 【ポスター】
  3. ○網代広治 [産学連携出展]「選択的な末端反応性と高分子間相互作用を有する高分子」第12回JST/CIC東京 新技術説明会、B会場⑧、CIC東京(東京都港区)、2015年11月19日. 【ポスター】
  4. ○孕石英義・カン凱・網代広治・明石満「医療材料を指向したテトラエチレングリコール鎖を有する新規トリメチレンカーボネートの重合」,第5回化学フェスタ、P3-093、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2015年10月13日―15日. 【ポスター】
  5. ○川谷諒・カン凱・網代広治・明石満「芳香族化合物を用いた光応答性ポリ(N-ビニルアミド誘導体)の合成」,第64回高分子討論会、東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)、2015年9月15日―17日. 【ポスター】
  6. ○孕石英義・カン凱・網代広治・高濱瞬・明石満「ポリ(トリメチレンカーボネート誘導体)の側鎖長調節による感熱応答性制御」,第64回高分子討論会、東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)、2015年9月15日―17日 .【ポスター】
  7. ○藤城真也・カン凱・網代広治・高濱瞬・明石満「固体表面接触に伴うステレオコンプレックス形成と高分子間相互作用の測定」,第64回高分子討論会、東北大学(川内キャンパス)、2015年9月15日―17日.【ポスター】

バナースペース

連絡先

〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916番地の5
学際融合領域研究棟1号館2階

奈良先端科学技術大学院大学
研究推進機構 研究推進部門・
物質創成科学研究科
ナノ高分子材料研究室

TEL: 0743-72-5508
FAX: 0743-72-5509
E-mail:連絡先