培養細胞への遺伝子導入

フェムト秒レーザーを利用し、培養細胞への遺伝子導入に成功

写真 顕微鏡下でフェムト秒レーザーを細胞の細胞膜や核膜に集光照射すると、膜の特定箇所に穴をあけることができます。細胞培養液にあらかじめDNAプラスミドを添加しておき、培養細胞の細胞膜・核膜にフェムト秒レーザーを集光照射することで、培養細胞のゲノムDNAに緑色蛍光タンパク質(GFP)のDNAを組み込ませることに成功しました。この方法により、DNAプラスミドだけではなくmRNAなども導入できると考えられます。

共同研究:開祐司先生、宿南知佐先生(京都大学再生医科学研究所 生体分子設計学分野)

[論文37] Appl. Phys. A, 93:39-43 (2008).
[論文42] Appl. Surf. Sci., 255:9880-9884 (2009).

icon 戻る