フェムト秒レーザーによる細胞単離

写真

近年の遺伝子解析技術の躍進により、数細胞を抽出することができれば、その中に含まれる遺伝子を解析することも可能になってきています。一方で、特定の性質をもつ細胞を数個だけ抽出することは容易ではありません。我々は、フェムト秒レーザー誘起衝撃力を利用して、基板に培養した細胞から特定の性質をもつ細胞だけを引き離して単離し、回収する技術を開発しました。

共同研究:高木睦先生(北海道大学大学院工学研究院 生物機能高分子部門)

[論文39] Biotechnol. Lett., 30:1189-1195(2008).




icon 戻る