電極上への神経細胞のパターニング

フェムト秒レーザー誘起衝撃力を利用して、電極上への神経細胞のパターニングを実現

写真

微小な電極上に神経細胞をパターニングすることにより、神経ネットワークの活動を電気信号として検出したり、さらには電気信号を神経ネットワークに印可することによりその機能を制御できると考えられます。我々は、フェムト秒レーザー誘起衝撃力を利用して、電極上に神経細胞を生きたままパターニングする新しい技術を開発しました。

共同研究:工藤卓先生(関西学院大学理工学部 神経知能工学研究室)
共同研究:細川千絵先生(産業総合研究所 健康工学研究部門)

[論文45] Appl. Phys. A, 101:423-428 (2010).
[論文38] Appl. Phys. A, 93:57-63 (2008).

icon 戻る