研究成果

 

  ・H22年度   ・H23年度   ・H24年度   ・H25年度

 

論文

  • 1. H. Yamada, Y. Yamaguchi, R. Katoh, T. Motoyama, T. Aotake, D. Kuzuhara M. Suzuki, T. Okujima, H. Uno, N. Aratani, K. Nakayama, "Solution-processed anthradithiophene-PCBM p-n junction photovoltaic cells fabricated by using the photoprecursor method", Chem. Commun, vol. 49, pp.11638-11640, 2013 (DOI: 10.1039/C3CC46178E)
  • 2. K. Nakayama, C. Ohashi, Y. Oikawa, T. Motoyama, H. Yamada, "Characterization and Field-Effect Transistor Performance of Printed Pentacene Films Prepared by Photoconversion of the Soluble Precursor", J. Mater. Chem. C, vol. 1, pp.6244-6251, 2013 (DOI: 10.1039/c3tc31083c)
  • 3. T. Motoyama, T. Kiyota, H. Yamada, and K. Nakayama, "Hetero-Layered Organic Photovoltaic Devices Fabricated Using Soluble Pentacene Photoprecursors", Solar Energy Materials and Solar Cells, vol. 114, pp.156-160, 2013, (DOI: 10.1016/j.solmat.2013.02.023)
  • 4. C. Ohashi, H. Yamada, K. Nakayama, "Photo-conversion and structural properties of the drop-cast films of 6,13-pentacene diketone", Mol. Cryst. Liq. Cryst., vol. 580, pp.103-109, 2013 (DOI: 10.1080/15421406.2013.807724)
  • 5. H. Saeki, O. Kurimoto, M. Misaki, D. Kuzuhara, H. Yamada, Y. Ueda, "Thermal Conversion Behavior and Morphology Control of Benzoporphycene from a Novel Soluble Precursor", Appl. Phys. Express, vol. 6, pp.035601-3, 2013 (DOI: 10.7567/APEX.6.035601)
  • 6. T. Aotake, H. Tanimoto, H. Hotta, D. Kuzuhara T. Okujima, H. Uno H. Yamada, "In Situ Preparation of Highly Fluorescent Pyrene-Dyes from Non-luminous Precursors Upon Photoirradiation", Chem. Commun., vol. 49, pp.3661-3663, 2013 (DOI:10.1039/C3CC40827B)
  • 7. K. Takahashi, D. Kuzuhara, N. Aratani, H. Yamada, "Synthesis and Crystal Structures of 5,15-bis(triisopropylsilylethynyl)-tetrabenzoporphyrins", Journal of Photopolymer Science and Technology, vol. 26, pp.213-216, 2013 (DOI:10.2494/photopolymer.26.213)
  • 8. H. Saeki, M. Misaki, D. Kuzuhara, H. Yamada, Y. Ueda, "Fabrication of Phase-separaated Benzoporphycene/[6,6]-Phenyl-C61-Butyric Acid Methyl Ester Films for Use in Organic Photovoltaic Cells", Jpn. J. Appl. Phys. , vol. 52, pp.111601-1-5, 2013 (DOI: 10.7567/JJAP.52.111601)
  • 9. T. Seki, X. Lin, S. Yagai,"Supramolecular Engineering of Perylene Bisimide Assemblies Based on Complementary Multiple Hydrogen Bonding Interactions", Asian J. Org. Chem, vol. 2, pp.708-724, 2013 (DOI:10.1002/ajoc.201300025)
  • 10. X. Lin, M. Hirono, T. Seki, H. Kurata, T. Karatsu, A. Kitamura, D. Kuzuhara, H. Yamada, T. Ohba, A. Saeki, S. Seki, S. Yagai, "Covalent Modular Approach for Dimension-Controlled Self-Organization of Perylene Bisimide Dyes", Chem. Eur. J.,vol. 19, pp.6561-6565, 2013 (DOI:10.1002/chem.201300039)
  • 11. S. Yagai, K. Ishiwatari, X. Lin, T. Karatsu, A. Kitamura, S. Uemura, "Rational Design of Photoresponsive Supramolecular Assemblies Based on Diarylethene", Chem. Eur. J., vol. 19, pp.6971-6975, 2013 (DOI: 10.1002/chem.201300282)
  • 12. M. Yamauchi, S. Kubota, T. Karatsu, A. Kitamura, A. Ajayaghosh, S. Yagai,"Guided supramolecular polymerization of oligo(p-phenylenevinylene) functionalized bismelamines", Chem. Commun., vol. 49, pp.4941-4943, 2013 (DOI: 10.1039/C3CC41461B)
  • 13. M. Yamauchi, Y. Chiba, T. Karatsu, A. Kitamura, S. Yagai, "Self-Assembled Nanofibrils and Nanorings from Oligo(p-phenylenevinylene) Dimers", Chem. Lett., vol.42, pp.799-800, 2013 (DOI: 10.1246/cl.130303)
  • 14. Yuki Tani, Tomohiro Seki, Xu Lin, Hiroki Kurata, Shiki Yagai, Ken-ichi Nakayama , "Doping Effect of CBP in Bulk-heterojunction Photovoltaic Devices Composed of P3HT and Soluble Perylene Bisimide", Mol. Cryst. Liq. Cryst., vol. 578, pp.88-94, 2013 (DOI: 10.1080/15421406.2013.804393)
  • 15. K. Kawaguchi, T. Seki, T. Karatsu, A. Kitamura, H. Ito, S. Yagai, "Cholesterol-Aided Construction of Distinct Self-Organized Materials from Luminescent Gold(I)-Isocyanide Complex Exhibiting Mechanochromic Luminescence", Chem. Commun., vol. 49, pp.11391-11393, 2013 (DOI:10.1039/C3CC47162D)
  • 16. X. Lin, Y. Tani, R. Kanda, K. Nakayama, S. Yagai, "Indolocarbazoles end-capped with diketopyrrolopyrroles: impact of regioisomerism on the solid-state property and the performance of solution-processed bulk heterojunction solar cells", J. Mater. Chem. A, vol. 1, pp.14686-14691, 2013 (DOI:10.1039/C3TA12579C)
  • 17. Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Yamamoto, T. Fukushima, T. Aida, and K. Akiyama, "Effect of Acceptor Lamination on Photocarrier Dynamics in Hole Transporting Hexabenzocoronene Nanotubular Self-assembly", J. Phys. Chem. C., vol. 117, pp.15295-15305,2013 (DOI: 10.1021/jp402640k)
  • 18. Ambe, C. E.Wakikawa, Y.Ikoma, T., "Thermal Annealing Effects on the Photocarrier Dynamics in PCBM Films", Bull. Chem. Soc. Jpn, vol. 86, pp.1051-1058, 2013 (DOI: 10.1246/bcsj.20130097)
  • 19. H. Naiki, A. Masuhara, S. Masuo, T. Onodera, H. Kasai, and H. Oikawa, "Highly Controlled Plasmonic Emission Enhancement from Metal-Semiconductor Quantum Dot Complex Nanostructures", J. Phys. Chem. C, vol. 117, pp.2455-2459, 2013, (DOI: 10.1021/jp305408p)
  • 20. Y. Yamaguchi, K. Ogawa, K. Nakayama, Y. Ohba, and H. Katagiri, "Terazulene: A High-Performance n-Type Organic Field-Effect Transistor Based on Molecular Orbital Distribution Control", J. Am. Chem. Soc., vol. 135, pp.19095-19098, 2013(DOI: 10.1021/ja410696j)
  • 21. X. Lin, M. Hirono, H. Kurata, T. Seki, Y. Maruya, K. Nakayama, S. Yagai, "A Perylene Bisimide Organogelator for Chlorinated Solvents", Asian J. Org. Chem., vol. 3, pp.128-132, 2014 (DOI: 10.1002/ajoc.201300252)
  • 22. S. Yagai, K. Iwai, M. Yamauchi, T. Karatsu, A. Kitamura, S. Uemura, M. Morimoto, H. Wang, F. Wurthner, "Photocontrol over Self-Assembled Nanostructures of pi-pi Stacked Dyes Supported by the Parallel Conformer of Diarylethene", Angew. Chem. Int. Ed., vol. 53, pp.2602-2606, 2014 (DOI: 10.1002/anie.201310773)
  • 23. T. Motoyama, S. Sugii, S. Ikeda, Y. Yamaguchi, H. Yamada, K. Nakayama, "Bulk-Heterojunction Organic Photovoltaic Devices Fabricated Using Asymmetric Soluble Anthracene Core Photoprecursors", Jpn. J. Appl. Phys., vol. 53, pp.01AB02-1-4, 2014 (DOI: dx.doi.org/10.7567/JJAP.53.01AB02)
  • 24. S. Katsuta, H. Saeki, K. Tanaka, Y. Murai, D. Kuzuhara, M. Misaki, N. Aratani, S. Masuo, Y. Ueda, H. Yamada, "Synthesis and optical reactivity of 6,13-a-diketoprecursors of 2,3,9,10-tetraalkylpentacenes in solution, film and crystals", J. Mater. Chem. C, vol. 2, pp.986-993, 2014 (DOI: 10.1039/C3TC31824A)
  • 25. S. Kawata, Y. -J. Pu, C. Ohashi, K. Nakayama, H. Ziruo, and J. Kido, "Morphology control layer of a pyrene dimer enhancing efficiency in small molecule organic photovoltaic cells", J. Mater. Chem. C, vol. 2, pp.501-509, 2014 (DOI: 10.1039/C3TC31719F)

招待講演<国内>

  • 1. 山田 容子、光エネルギー変換材料を指向したπ共役拡張化合物の合成研究、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 2. 増尾貞弘、単一ナノサイズ発光体−金属ナノ構造系の光子アンチバンチング挙動評価、神戸大学講演会、神戸大学、2013年11月22日

招待講演<国際>

  • 1. Shiki Yagai、Molecular Design Toward Photoresponsive Supramolecular Assemblies、96th Canadian Chemistry Conference and Exhibition、Quebec, Canada、2013年5月26日-30日
  • 2. Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Yamamoto, T. Fukushima and T. Aida、Magnetophotoconductance Study of Photocarrier Dynamics in Hexabezocoronene Self-Assemblies、The 1st Awaji International Workshop on Electron Spin Science & Technology: Biological and Materials Science Oriented Applications、淡路、2013年6月16-18日
  • 3. Kohtaro Takahashi, Daiki Kuzuhara, Naoki Aratani and Hiroko Yamada、Synthesis, Structure and Property of Porphyrin Derivatives for Organic Semiconducting Materials using Precursor Methods、ICPST-30、千葉大学、2013年6月25-28日
  • 4. Kohtaro Takahashi, Daiki Kuzuhara, Naoki Aratani and Hiroko Yamada、Synthesis, Structure and Property of Porphyrin Derivatives for Organic Semiconducting Materials using Precursor Methods、ICPST-30、千葉大学、2013年6月25-28日
  • 5. H. Yamada、In-situ Photochemical Conversion of Diketone Precursors to Acene Derivatives for Latent Functional Materials、ISGP2014、NAIST、2014年2月26日

国内学会発表<口頭講演>

  • 1. 増尾貞弘、山田容子、中山健一、矢貝史樹、生駒忠昭、革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築、第10回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム、石川県立音楽堂、2013年5月23-24日
  • 2. 林 旭、谷侑樹、中山健一、矢貝史樹、インドロカルバゾール-ジケトピロロピロール連結分子による塗布型有機薄膜太陽電池、第62回高分子学会年次大会、京都国際会館、2013年5月29-31日
  • 3. 大橋知佳、及川悦誠、元山貴雄、山田容子、中山健一、ペンタセン光前駆体を用いた塗布半導体膜の作製と有機FETへの応用、第111回日本画像学会年次大会、すずかけホール、2013年6月13日
  • 4. 増尾貞弘、光子アンチバンチングでみる励起子ダイナミクス、第34回光化学若手の会、神戸セミナーハウス、2013年6月28日
  • 5. 鈴木 充朗、杉井 秀平、山口 裕二、 中山 健一、山田 容子 、有機デバイスへの応用を 指向した光変換型アセン前駆体 の開発 、第24回基礎有機化学討論会、学習院大学、2013年9月5-7日
  • 6. 金高圭佑、佐藤良太、寺西利治、増尾貞弘、単一量子ドット−金ナノ粒子系の光子アンチバンチング挙動評価 −AFM操作による距離制御、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 7. 林 旭、鈴木 美香、谷 侑樹、佐伯 昭紀、関 修平、中山 健一、矢貝 史樹、水素結合部位を有するオリゴチオフェンのナノ構造形成と有機薄膜太陽電池特性、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 8. 山内光陽、矢貝史樹、積層型ナノリングの形成におけるπ共役部位の効果、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 9. 矢貝史樹、鈴木美香、林旭、谷侑樹、中山健一、オリゴチオフェンナノカラムの創製と有機太陽電池への応用、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 10. 増尾貞弘、佐藤亘、青竹達也、山口裕二、大倉達也、中山健一、山田容子、顕微蛍光分光法による太陽電池デバイスの電荷分離効率評価、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 11. 山口裕二、元山貴雄、杉井秀平、鈴木充朗、山田容子、中山健一、光変換型半導体DTAntDKを用いた塗布積層p-i-n太陽電池、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 12. 金高圭佑、佐藤良太、寺西利治、増尾貞弘、プラズモンと相互作用した単一量子ドットの光子アンチバンチング挙動評価 −AFMを駆使した金ナノ粒子の操作−、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 13. 山口裕二、元山貴雄、杉井秀平、鈴木充朗、山田容子、中山健一、光変換型半導体DTAntDKを用いた塗布積層p-i-n太陽電池、第74回 応用物理学会学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 14. 谷侑樹、鈴木美香、林旭、矢貝史樹、中山健一、水素結合によるオリゴチオフェンナノロッドの形成とバルクヘテロ型太陽電池への応用、第74回 応用物理学会学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 15. 尾森 拓哉、三浦 智明、山口 裕二、中山 健一、生駒 忠昭、Pentacene/C60有機薄膜太陽電池における磁気伝導効果、第52回電子スピンサイエンス学会年会、大宮ソニックシティー、2013年10月24-26日
  • 16. 生駒 忠昭、三重項の分光からハーベストへ、第52回電子スピンサイエンス学会年会、大宮ソニックシティー、2013年10月24-26日
  • 17. 山田容子、光エネルギー変換材料を指向したπ共役拡張化合物の合成研究、関西学院大理工学部講演会、関西学院大、2013年10月30日
  • 18. 山田容子、光エネルギー変換材料を指向したπ共役拡張化合物の合成研究、大阪府立大学21世紀科学研究機構分子エレクトロニックデバイス研究所第14回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会、大阪府立大、2013年11月7日
  • 19. 横山 佳奈、脇川 祐介、三浦 智明、藤森 隼一、伊藤 冬樹、生駒 忠昭、三重項融合における電子スピン動力学、有機EL討論会例会第17回例会、新潟朱鷺メッセ、2013年11月18-19日
  • 20. 山田容子、光を利用した有機半導体材料の開発、けいはんなフロンティア産業フォーラム2013次世代電子デバイス開発の先端研究動向、けいはんなプラザ、2013年11月29日
  • 21. 増尾貞弘、光変換塗布型材料を用いた有機薄膜太陽電池の構築、関学化学フォーラム「次世代太陽電池研究の最前線」、関西学院大学神戸三田キャンパス、2013年12月7日
  • 22. 矢貝史樹、ジアリールエテンによる機能性色素集合体の光制御、第23回日本MRS年次大会、横浜、2013年12月9日-11日
  • 23. 山内光陽、スチルベン二量体のキラル超分子組織化における自己集合過程の光制御、第23回日本MRS年次大会、横浜、2013年12月9日-11日
  • 24. 山田容子、革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築、さきがけ「太陽光と光電変換機能」研究領域第9回領域会議、セミナーハウスクロス・ウェーブ府中、2013年12月11日
  • 25. 生駒 忠昭、有機薄膜の磁気伝導効果の現状、分子研研究会「先端スピン計測技術による分子性物質研究の現状と展望」、分子科学研究所、2013年12月18-19日
  • 26. 山田容子、前駆体法を利用した機能性π共役拡張化合物の合成と物性、有機合成2月セミナー 有機合成のトレンド2014、大阪科学技術センター8F大ホール、2014年2月4-5日
  • 27. 山田容子、革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築、CREST太陽光利用領域第2回公開シンポジウム、豊田工業大学、2014年2月14日
  • 28. 山田容子、葛原大軌、佐伯宏之、三崎雅裕、上田裕清、光・熱転換有機半導体材料の創出、応用物理学会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 29. 大江真理子、田中克己、佐藤駿実、増原陽人、山田容子、増尾貞弘、結晶状態におけるアセン系ジケトン誘導体の光変換、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 30. 中山健一、谷侑樹、鈴木美香、林旭、佐藤亘、 増尾貞弘、 矢貝史樹、共役長の異なる超分子オリゴチオフェンを用いたバルクヘテロ型太陽電池、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 31. 山口 裕二、鈴木 充朗、杉井 秀平、山田 容子、中山 健一、光変換型半導体を用いた塗布積層型ヘテロp-i-n太陽電池、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 32. 大橋知佳、山田容子、中山健一、光前駆体溶液からのペンタセン光単結晶成長、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 33. 片桐千帆、中山健一、Injected CELIV測定によるホール輸送材料の移動度評価、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 34. 矢貝史樹、福田一平、唐津孝、北村彰英、エチレングリコール鎖の導入による水素結合性ペリレンビスイミド超分子集合体のソフト化、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 35. 矢貝史樹、鈴木朋哉、唐津孝、北村彰英、水素結合によるジアリールエテンとペリレンビスイミドの超分子コポリマー化、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 36. 矢貝史樹、刺激応答型π系分子集積体のデザイン、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 37. 鈴木充朗、山口裕二、山本秦平、中山健一、山田容子、光変換型可溶性アントラセン前駆体を用いた塗布積層型有機薄膜太陽電池の開発、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 38. 高橋功太郎,山田直也,佐伯宏之,葛原大軌,荒谷直樹,中山健一,山田容子、有機薄膜太陽電池を指向したジケトピロロピロール連結ベンゾポルフィリンの合成と物性、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 39. 内永憲佑、山口裕二、杉井秀平、鈴木充朗、中山健一、山田容子、光脱離型可溶化ユニットを複数有する塗布型有機薄膜太陽電池向けp型材料の合成と性質、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 40. 岡部拓也、佐伯宏之、葛原大軌、山田容子、ジケトピロロピロール連結ポルフィセンの合成と物性、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 41. 田村悠人、佐伯宏之、葛原大軌、山田容子、ベンゾポルフィリン―フラーレン連結分子の合成と有機薄膜太陽電池への応用、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学 、2013年3月27-30日
  • 42. 山本秦平、山口裕二、鈴木充朗、中山健一、山田容子、ベンゾチアジアゾールを連結した光変換型アントラセン前駆体の合成と塗布型有機薄膜太陽電池への応用、日本化学会第94春季年会(2014)、名古屋大学、2013年3月27-30日

国際学会発表<口頭講演>

  • 1. T. Miura, K. Maeda, H. Murai and T. Ikoma、Supramolecular Control of Spin-Dependent Electron Transfer Dynamics in Micellar Supercages as Studied by Magnetic Field Effects、Spin Chemistry Meeting 2013、Bad Hofgastein、2013年4月22-26日
  • 2. Chiho Katagiri, Ken-ichi Nakayama、Vertical carrier mobility measurements in organic semiconductor films by using the Dark CELIV and SCLC methods、International Conference of Smart Systems Engineering 2013、Yamagata University, Yonezawa, Yamagata, Japan、2013年7月11-12日
  • 3. S. Masuo, T. Uedao, K. Kanetaka, H. Naiki, A. Itaya、Photon Antibunching of Single Colloidal Quantum Dots Coupled to Metal Nanoparticles、International Conference on Photochemistry (ICP2013)、Leuven, Belgium、2013年7月22-26日
  • 4. Mitsuharu Suzuki、Making pi's to order、Internatinal Young Chemist Symposium on Functional p-Systems toward Moleculare electronics、NAIST、2013年8月7日
  • 5. T. Omori, T. Miura, Y. Yamaguhi, K. Nakayama, and T. Ikoma、Magnetoconductance in Organic Solar Cells with Layered Pentacene/C60、The 3nd International Congress on Natural Sciences、新潟、2013年10月12日
  • 6. Y. Wakikawa, T. Omori and T. Ikoma、Magnetoconductance Study of Fullerene-Based Single Layer Photovoltaic Cell、ESR Workshop at Institute of Molecular Science、岡崎、2013年10月28-29日
  • 7. T. Ikoma、Study on Magnetoconductance using Pentacene/C60-junction Organic Solar Cell、ESR Workshop at Institute of Molecular Science、岡崎、2013年10月28-29日
  • 8. K. Nakayama, Y. Yamaguchi, T. Motoyama, S. Sugii, M. Suzuki, H. Yamada 、Solution-processed p-i-n photovoltaic devices using photoconvertible organic semiconductor of 2,6-dithienyl-anthracene diketone、MRS、Boston、2013年12月1-6日

国内学会発表<ポスター>

  • 1. 谷侑樹、神田僚、林旭、矢貝史樹、中山健一、種々のアルキル基を持つジケトピロロピロール誘導体を用いた塗布型太陽電池、第62回高分子学会年次大会、京都国際会館、2013年5月29-31日
  • 2. 高橋 功太郎、5,15位-エチニル末端修飾ベンゾポルフィリンの合成と物性、構造有機若手の会、道後プリンスホテル、2013年8月4-6日
  • 3. 高橋 功太郎、山田 直也、葛原 大軌、荒谷 直樹、中山 健一、山田 容子 、ベンゾチアゾール置換ベンゾポルフィリンの合成と物性、第24回基礎有機化学討論会、学習院大学、2013年9月5-7日
  • 4. 杉井 秀平、山口 裕二、池田 慎也、元山 貴雄、鈴木 充朗、中山 健一、 山田 容子、光変換前駆体法を用いたチエニルアントラセン類の合成と有機薄膜太陽電池の評価 、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 5. 横山 佳奈・、川 祐介、三浦 智明、藤森 隼一、伊藤 冬樹、生駒 忠昭、9,10-ジフェニルアントラセンの三重項―三重項消滅における電子スピン動力学、2013年度光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 6. 小池瑛子、増尾貞弘、フェムト秒レーザーアブレーションを駆使した発光性シリコンナノ粒子の作製、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 7. 山中章央、増尾貞弘、AFM操作を駆使した単一量子ドット−金属ナノワイヤー系の作製とその発光挙動評価、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11-13日
  • 8. 矢貝史樹、千葉陽介、唐津孝、北村彰英、キラル側鎖を有するアゾベンゼン会合体の光による超分子キラリティの反転、2013年光化学討論会、愛媛大学、2013年9月11日-13日
  • 9. 矢貝史樹、岩脇秀隆、唐津孝、北村彰英、バルビツール酸超分子ロゼットのセルフソーティング、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 10. 矢貝史樹、鈴木美香、谷侑樹、中山健一、吉川佳広、水素結合性オリゴチオフェンによるナノカラムの構築と有機薄膜太陽電池への応用、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 11. 矢貝史樹、山田裕樹、唐津孝、北村彰英、光によって誘起される開環型超分子重合、第62回高分子討論会、金沢、2013年9月11日-13日
  • 12. 山田直也、高橋功太郎、葛原大軌、山田容子、中山健一、TMS基を持つベンゾポルフィリンを用いた熱変換型有機薄膜太陽電池、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 13. 大江真理子、佐藤駿実、増原陽人、山田容子、増尾貞弘、アセン系ジケトン誘導体ナノ結晶の作製と光変換、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 14. 立石知基、増尾貞弘、AFMチップによるプラズモン増強を用いた単一コロイド量子ドットの発光挙動制御、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 15. 大江真理子、佐藤駿実、増原陽人、山田容子、増尾貞弘、アセン系ジケトン誘導体ナノ粒子の作製と光変換、第74回応用物理学会秋季学術講演会、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 16. 立石知基、増尾貞弘、AFMチップによるプラズモン増強を用いた単一CdSe/ZnSコロイド量子ドットの発光挙動制御、第7回分子科学討論会、京都テルサ、2013年9月24-27日
  • 17. 福井泰祐、増尾貞弘、超解像光学イメージングを駆使したSERSホットスポットの可視化、第7回分子科学討論会、京都テルサ、2013年9月24-27日
  • 18. 川口皓奨、関朋宏、唐津孝、北村彰英、伊藤肇、矢貝史樹、オリゴエチレングリコール鎖を有する金イソシアニド錯体の刺激応答性多色発光、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 19. 小林勇次、江暁君、矢貝史樹、北村彰英、唐津孝、イリジウム(V)錯体の光励起による光学異性化反応、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 20. 山内光陽、矢貝史樹、積層型ナノリングの動的構造制御、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 21. 矢貝史樹、岩脇秀隆、唐津孝、北村彰英、バルビツール酸超分子ロゼットのセルフソーティング、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 22. 矢貝史樹、千葉陽介、唐津孝、北村彰英、キラル側鎖を有するアゾベンゼン会合体の光による超分子キラリティの反転、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 23. 矢貝史樹、山田裕樹、唐津孝、北村彰英、光誘起により開環する超分子ポリマー、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 24. 倉田紘樹、林旭、唐津孝、北村彰英、矢貝史樹、特異的水素結合を利用しないペリレンビスイミド集合体による超分子ゲルの構築、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 25. 矢貝史樹、神田僚、谷侑樹、中山健一、ジケトピロロピロール色素の会合と有機薄膜太陽電池への応用、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 26. 矢貝史樹、鈴木美香、谷侑樹、中山健一、吉川佳広、バルビツール酸を有するオリゴチオフェンによる超分子ロゼットの構築と有機薄膜太陽電池への応用、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 27. 岡村諭、関朋宏、伊藤肇、矢貝史樹、合理的な分子設計に基づいた発光性メカノクロミズムの発現、第3回CSJ化学フェスタ2013、東京、2013年10月21-23日
  • 28. 脇川 祐介、尾森 拓也、生駒 忠昭、フラーレン誘導体の単層有機薄膜太陽電池における光キャリアダイナミクス、第52回電子スピンサイエンス学会年会、大宮ソニックシティー、2013年10月24-26日
  • 29. 赤石 智美、Ambe, E. Christopher、脇川 祐介、三浦 智明、生駒 忠昭、P3HT薄膜の光電導に対する加熱処理効果、第52回電子スピンサイエンス学会年会、大宮ソニックシティー、2013年10月24-26日
  • 30. 岡部拓也、葛原大軌、鈴木充朗、荒谷直樹、山田容子、ジケトピロロピロール連結ポルフィセンの合成、大阪府立大学21世紀科学研究機構分子エレクトロニックデバイス研究所第14回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会、大阪府立大、2013年11月7日
  • 31. 山本秦平、山口裕二、鈴木充朗、中山健一、山田容子、塗布型有機太陽電池への応用を志向した光変換型アセン誘導体の合成、大阪府立大学21世紀科学研究機構分子エレクトロニックデバイス研究所第16回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会、大阪府立大、2013年11月7日
  • 32. 高橋功太郎、山田直也、葛原大軌、荒谷直樹、中山健一、山田容子、ベンゾチアゾール置換ベンゾポルフィリンの合成と物性、大阪府立大学21世紀科学研究機構分子エレクトロニックデバイス研究所第17回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会、大阪府立大、2013年11月7日
  • 33. 赤石 智美、Ambe, E. Christopher、脇川 祐介、三浦 智明、生駒 忠昭、P3HT薄膜の光電導における加熱処理効果、平成25年度 日本化学会関東支部 新潟地域研究発表会、長岡技術科学大学、2013年11月16日
  • 34. 高橋功太郎、山田直也、佐伯宏之、葛原大軌、荒谷直樹、中山健一、山田容子、メソ置換ベンゾポルフィリンの合成と物性、第7回有機π電子系シンポジウム、高崎ビューホテル、2013年12月13-14日
  • 35. 岡部拓也、佐伯宏之、葛原大軌、鈴木充朗、荒谷直樹、山田容子、ジケトピロロピロール連結ポルフィセンの合成と物性、第7回 有機π電子系シンポジウム、高崎ビューホテル、2013年12月13−14日
  • 36. 田村悠人、佐伯宏之、葛原大軌、鈴木充朗、荒谷直樹、山田容子、ポルフィリン―フラーレン連結分子の合成と物性、第7回有機π電子系シンポジウム、高崎ビューホテル、2013年12月13-14日
  • 37. 青竹達也、荒谷直樹、山田容子、1,4,5,8–テトラアザアントラセンをアクセプターユニットとして用いた変換型材料の合成と物性、CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」第5 回合同セミナー、ホテル箱根アカデミー、2013年12月14-15日
  • 38. 高橋功太郎、山田直也、佐伯宏之、葛原大軌、荒谷直樹、中山健一、山田容子、メソ置換ベンゾポルフィリンの合成と物性、CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」第5 回合同セミナー、ホテル箱根アカデミー、2013年12月14-15日
  • 39. 杉井秀平、山口裕二、池田慎也、元山貴雄、鈴木充朗、中山健一、山田容子、光変換前駆体法を用いたチエニルアントラセン類の合成と有機薄膜太陽電池の評価、CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」第5 回合同セミナー、ホテル箱根アカデミー、2013年12月14-15日
  • 40. 内永憲佑、山口裕二、鈴木充朗、中山健一、山田容子、塗布型有機薄膜太陽電池への応用を指向した光脱離型可溶化ユニットを複数有するドナー・アクセプター連結分子の開発、CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」第5 回合同セミナー、ホテル箱根アカデミー、2013年12月14-15日
  • 41. 山本秦平、山口裕二、鈴木充朗、中山健一、山田容子、塗布型有機太陽電池への応用を志向した光変換型アントラセン前駆体の合成、CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」第5回合同セミナー、ホテル箱根アカデミー、2013年12月14-15日
  • 42. 内田賢、赤石智美、脇川祐介、三浦智明、太田拓、長谷川英悦、生駒忠昭、ベンズイミダゾリン薄膜の光キャリアダイナミクスにおける置換基効果、第4回 新潟大学自然系附置グリーンケミストリー連携教育研究センター 研究シンポジウム、分子科学研究所、2014年3月18 日
  • 43. 大江 真理子、田中 克己、佐藤 駿実、増原 陽人、山田 容子、増尾 貞弘、結晶状態におけるアセン系ジケトン誘導体の光変換、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 44. 大橋 知佳、山田 容子、中山 健一、光前駆体溶液からのペンタセン光単結晶成長、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 45. 田中克己、片山遼、増尾貞弘、量子ドット太陽電池にむけたPbS量子ドットの合成と表面処理、第61回応用物理学会春季学術講演会、青山学院大学相模原キャンパス、2014年3月17-20日
  • 46. 山内光陽、田澤強、唐津孝、北村彰英、矢貝史樹、オリゴフェニレンビニレンダイアドの超分子集合体形成におけるキラリティーの反転、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 47. 矢貝史樹、山田裕樹、唐津孝、北村彰英、光により伸長する超分子ナノファイバー、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 48. 矢貝史樹、岩脇秀隆、唐津孝、北村彰英、バルビツール酸超分子ロゼットのセルフソーティング機構の解明、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 49. 矢貝史樹、千葉陽介、唐津孝、北村彰英、温度および光によるアゾベンゼン超分子集合体のキラリティ制御、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 50. Lin Xu、倉田紘樹、唐津孝、北村彰英、矢貝史樹、オリゴメチレン鎖で連結された両親媒性ペリレンビスイミド二量体の自己組織化、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 51. 矢貝史樹、鈴木美香、谷侑樹、中山健一、吉川佳広、多重水素結合によるオリゴ(ヘキシルチオフェン)の環状オリゴマー化とポリマー化、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2013年3月27-30日
  • 52. 福井泰祐、増尾貞弘、超解像光学顕微鏡によるSERSホットスポットの可視化、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27-30日
  • 53. 山中章央、増尾貞弘、AFM操作を駆使した単一量子ドット−金属ナノワイヤ系の作製とその発光挙動評価、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27-30日
  • 54. 高田広樹、増尾貞弘、銀コートAFM探針のプラズモンと相互作用した単一量子ドットの発光挙動評価、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27-30日
  • 55. MURTI DAMAR、井戸本啓佑、増尾 貞弘、Photon Antibunching Behavior of Single Quantum Dots Coupled to Gold Nanostructures、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27-30日

国際学会発表<ポスター>

  • 1. Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Yamamoto, T. Fukushima and T. Aida、Temperature Dependence of Magnetophotoconductance of Hexabenzocoronene Self-Assembly、Spin Chemistry Meeting 2013、Bad Hofgastein、2013年4月22-26日
  • 2. K. Kanetaka, R. Sato, T. Teranishi, S. Masuo、Emission Behavior of a Single Quantum Dot – Gold Nanocube System  - Distance Control by AFM Manipulation –、The 40th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2013) 、Kobe, Japan、2013年5月19-23日
  • 3. E. Koike, S. Masuo、Fabrication of Luminescent Silicon Nanoparticles -Electrochemical Etching and Laser Ablation in Liquids-、The 40th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2013) 、Kobe, Japan、2013年5月19-23日
  • 4. T. Tateishi, S. Masuo、Control of the Emission Behavior of a Single Colloidal Quantum Dot by AFM Tip Enhancement、The 40th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2013) 、Kobe, Japan、2013年5月19-23日
  • 5. S. Masuo, K. Kanetaka, T. Uedao、Emission Behavior of a Single Quantum Dot-Metal Nanoparticles systems、Symposium on Plasmon-based Chemistry and Physics、Leuven, Belgium、2013年7月20-21日
  • 6. Chiho Katagiri, Ken-ichi Nakayama、Vertical mobility measurement of P3HT using a dark CELIV method、International Conference on Flexible and Printed Electronics2013、The Shilla Hotel, Jeju Island, Korea、2013年9月10-13日
  • 7. M. Oe, T. Sato, A. Masuhara, H. Yamada, S. Masuo、Preparation and Photoconversion of Nanocrystals Consisting of Diketoacenes、2013 JSAP-MRS Joint Symposia、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 8. S. Masuo, K. Tanaka, H. Yamada、Photoconversion of Pentacene Diketone Derivatives in Crystalline Phase、2013 JSAP-MRS Joint Symposia、同志社大学京田辺キャンパス、2013年9月16-20日
  • 9. Kohtaro Takahashi, Naoya Yamada, Suzuki Mitsuharu, Daiki Kuzuhara, Naoki Aratani, Ken-ichi Nakayama, Hiroko Yamada、Materials for Organic Solar Cells: Synthesis of meso-Substituted Tetrabenzoporphyrins、GIST-NCTU-NAIST International Joint Symposium 2013、NAIST、2013年11月21-26日
  • 10. Ken-ichi Nakayama, Yuji Yamaguchi, Takao Motoyama, Shuhei Sugii, Hiroko Yamaga 、Solution-Processed P-I-N Photovoltaic Devices Using Photoconvertible Organic Semiconductor of 2, 6-Dithienyl-Anthracene Diketone、2013 MRS Fall Meeting & Exhibit、Hynes Convention Center , Boston, MA、2013年12月1-6日
  • 11. Yuji Yamaguchi, Keisuke Ogawa, Hiroshi Katagiri, Yoshihiro Ohba, Ken-ichi Nakayama、Terazulen: Novel Class of N-Type Semicouductor Material、2013 MRS Fall Meeting & Exhibit、Hynes Convention Center , Boston, MA、2013年12月1-6日
  • 12. Yuki Tani, Mika Suzuki, Xu Lin, Shiki Yagai, Ken-ichi Nakayama 、Small-molecule photovoltaic devices using oligothiophene nanorods formed by hydrogen bonding、2013 MRS Fall Meeting & Exhibit、Hynes Convention Center , Boston, MA、2013年12月1-6日