松本 彬伸 (Akinobu Matsumoto)

連絡先

E-mail: matsumoto.akinobu.lr4[@]ms.naist.jp

経歴

2013年03月  愛媛大学工学部応用化学科卒業

2013年04月  奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 博士前期課程 入学

2015年03月  奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 博士前期課程 修了

2015年04月  奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 博士後期課程 進学

2016年04月  日本学術振興会 特別研究員 DC2

2017年09月  奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 博士後期課程 早期修了

2017年10月  奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 同研究室で博士研究員

研究テーマ

ピレンを鍵骨格とする分子性ナノグラフェンとチューブ構造への応用研究

趣味

ペイントとクロスバイク

好きなこと

予定通りに物事が進むこと

嫌いなこと

一日の終わり

研究業績

[1] A. Matsumoto, M. Suzuki, D. Kuzuhara, J. Yuasa, T. Kawai, N. Aratani and H. Yamada,“A kinetically protected pyrene: molecular design, bright blue emission in the crystalline state and aromaticity relocation in its dicationic species”, Chem.Commun, 2014, 50,10956-10958. (Inside Cover Picture)

[2] A. Matsumoto, M. Suzuki, D. Kuzuhara, H. Hayashi, N. Aratani and H. Yamada, “Tetrabenzoperipentacene: Stable Five-Electron Donating Ability and a Discrete Triple-Layered β-Graphite Form in the Solid State”, Angew. Chem. Int. Ed, 2015, 54, 8175-8178. (Hot paper)

[3] A. Matsumoto, M. Suzuki, H. Hayashi, D. Kuzuhara, J. Yuasa, T. Kawai, N. Aratani, and H. Yamada, “Aromaticity Relocation in Perylene Derivatives upon Two-electron Oxidation to Form Anthracene and Phenanthrene”, Chem. Eur. J. 2016, 22, 14462-14466. (Frontispiece)

[4] A. Matsumoto, M. Suzuki, H. Hayashi, D. Kuzuhara, J. Yuasa, T. Kawai, N. Aratani, and H. Yamada, “Studies on Pyrene and Perylene Derivatives upon Oxidation and Application to a Higher Analogue”, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2017, 90, 667-677.

[5] M. Yamashita, K. Kawano, A. Matsumoto, N. Aratani, H. Hayashi, M. Suzuki, L. Zhang, A. L. Briseno, and H. Yamada, “Dinaphthotetrathiafulvalene Bisimides: A New Member of the Family of π-Extended TTF Stable p-Type Semiconductors”, Chem. Eur. J. 2017, in press.