超分子ポリマー

ttbPcAlF.jpgPcCuR*.jpg
光・電子・磁気機能のフタロシアニン超分子ポリマー

1907年偶然に見いだされたフタロシアニンは、青色・緑色の顔料・染料としての用途のみならず、レーザープリンター感光体、触媒作用を利用した消臭剤、CD-Rなどの追記型情報記録材料に使用され、近年では光機能・電子機能材料への応用で注目を集めています。本研究では、分子でありながら高分子のように可溶性でかつ加工性に富むフタロシアニン超分子の創成に成功したものです。フタロシアニン超分子は、Nolte(オランダ)、Kobayashi(日本)、Hanabusa(日本)、Ohta(日本)、Simon(フランス)らによる先駆的な研究が知られていましたが、本研究ではナノファイバー・ナノサークル・ナノドット構造の制御が、フタロシアニン溶液濃度や溶液温度、中心金属の選択によって実現できることを世界で始めて示しました。キラリティーの選択により、左右らせん超分子構造が簡便に形成できます。

◆ 論文
・Fujiki, M., Tabei, H., Kurihara, T. Self-assembling features of soluble nickel phthalocyanines,
 J. Phys. Chem., 92, 1281 (1988).
・Fujiki, M., Tabei, H., Kurihara, T., In-plane dichroisms of phthalocyanine Langmuir-Blodgett films, Langmuir, 4, 1123 (1988).
・Fujiki, M., Tabei, H., Preparation and electrical properties of lightly substituted phthalocyanine Langmuir-Blodgett films,
 Langmuir 4, 320 (1988).
・Rai, R., Saxena, A., Ohira, A., Fujiki, M., Programmed hyperhelical supramolecular assembly of nickel phthalocyanine bearing
 enantiopure 1-(p-tolyl)ethylaminocarbonyl groups, Langmuir, 21, 3957 (2005).
・Ishikawa, M., Fujiki, M., Naito, M., Highly organized phthalocyanine assembly onto gold surface through spontaneous polymerization,
 Chem. Lett. 36, 304 (2007).
・Zhang, W., Ishimaru, A., Onouchi, H., Rai, R., Saxena, A., Ohira, A., Ishikawa, M., Naito, M., Fujiki, M., Ambidextrous
 Optically Active Copper(II) Phthalocyanine Supramolecules Induced by Peripheral Group Homochirality, New J. Chem., 34, 2310 (2010).
・Zhang, W., Ochi, K., Fujiki, M., Naito, M., Ishikawa, M. Kaneto, K., Takashima, W., Saeki, A., Seki, S. Programmed
 High–hole–mobility Supramolecular Polymers from Disk-shaped Molecules,Adv. Funct. Mater. 20, 3941 (2010).
・Zhang, W., Fujiki, M., Zhu, X. Chiroptical Nanofibers Generated From Achiral Metallophthalocyanines Induced by Diamine
 Homochirality, Chem. Eur. J. 17, 10628–10635 (2011).