Conference, Symposium, Workshop, Meeting, and Congress

EMN Meeting on Computation and Theory 2017 (November 6-10, 2017 in Dubai)

• (Invited) Nozomu Suzuki, Takashi Matsuda, Toshiki Nagai, Kazuki Yamazaki, Michiya Fujiki
 Investigation of Weak CH/pi Interaction in the Structure of Dibromo-9,9-dialkylfluorenes
LinkIconClick HP

第26回ポリマー材料フォーラム(2017年11月16日-17日: 大阪国際交流センター)

岡崎 俊、藤木 道也、野村 琴広、山田 拓海
 ポリシラン共重合体を光分解性らせん誘起足場高分子とする青色発光CPL特性のポリフルオレンビニレン(PFV)凝集体の発生
横倉 亜唯、藤木 道也、ザン ワイ
 光分解性ポリシランのらせん転写による巨大CPL-CD信号を与えるポリ(9-シラフルオレン)凝集体の発生:
 らせん転写能力に与える顕著なポリシラン側鎖の不斉位置依存性
LinkIconClick HP

塚原 安久 京都工芸繊維大学 名誉教授 退職記念講演会(2017年11月2日: 京都工芸繊維大学)

• 藤木 道也
絶対不斉合成の新展開:波長選択円偏光を物理的不斉源とする不斉高分子の発生とAnti-Kasha則

第66回高分子討論会(2017年9月20日-22日: 愛媛大学 城北キャンパス)

• 1D12 キラル側鎖を有するポリフルオレンビニレンの合成とその特性解析
 ○山田 拓海・末木 俊輔・野村 琴広・藤木 道也 (首都大院理工、奈良先端大院物質)
LinkIconClick HP

錯体化学会 第67回討論会(2017年9月16日-18日: 北海道大学 札幌キャンパス)

• 3PF-013 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ビナフチル-ランタノイドハイブリッド発光体の創製
 (近畿大院総合 理工・産技研・奈良先端大)原 伸行, 楫 大輝, 岡崎 守, 靜間 基博, 藤木 道也, ○今井 喜胤
LinkIconClick HP

第56回日本油化学会 (2017年9月11日-13日: 東京理科大学 神楽坂キャンパス)

• P006 Solvent-Sensitive Sign Inversion of Circularly Polarized Luminescence in Bipyrenyl Peptides
  Y. Mimura, S. Kitamura, M. Shizuma, M. Kitamatsu, M. Fujiki, Y. Imai (Kindai University, ORIST, NAIST)
LinkIconClick HP

2017年基礎有機化学討論会 (9月7日-9日: 九州大学 伊都キャンパス)

•1P094 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性芳香族カルボン酸-ユーロピウムハイブリッド発光体の創製
  (近畿大理工・大阪産業技術研・奈良先端大物質)原 伸行、楫 大樹、靜間 基博、藤木 道也、〇今井 喜胤
•1P097 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性バイアリールリン酸/ランタノイドハイブリッド発光体の創製
 (近畿大理工・大阪産業技術研・奈良先端大物質)〇中西 章真、中島 岳、靜間 基博、藤木 道也、今井 喜胤
•1P101 光学活性両親媒性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性
 (近畿大理工・奈良先端大物質)〇北東部 巧、味村 優輝、原 伸之、藤木 道也、今井 喜胤
•2P072 面不斉を有するランタノイドハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性
 (近畿大理工・大阪産業技術研・奈良先端大物質)〇谷口 彩乃、原 伸行、靜間 基博、藤木 道也、今井 喜胤
•2P086 緑色円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ビナフチルーピレン有機発光体の創製
 (近畿大理工・奈良先端大物質)〇奥田 晃史、谷本 琴美、味村 優輝、藤木 道也、今井 喜胤
•2P093 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド/ランタノイドハイブリッド発光体の創製
  (近畿大理工・大阪産業技術研・奈良先端大物質)〇佐藤 琢哉、味村 優輝、西 恭平、靜間 基博、北松 瑞生、藤木 道也、今井 喜胤
•2P136 光学活性ペプチド-ピレン有機発光体の円偏光発光(CPL)チューニング
  (近畿大理工・大阪産業技術研・奈良先端大物質)〇味村 優輝、北村 沙也香、靜間 基博、北松 瑞生、藤木 道也、今井 喜胤
LinkIconClick HP

2017年光化学討論会 (9月4日-6日: 東北大学 青葉山キャンパス)

• 1P84 光学活性ペプチド/Eu ハイブリッド発光体からの円偏光発光(CPL)
 (近畿大理工・ 奈良先端大)佐藤 琢哉・西 恭平・北松 瑞生・藤木 道也・○今井 喜胤
• 1P28 Handedness and Wavelength Tunable Circularly Polarized Luminescence of
  Hydrogen-Bonded Chiral Bisamidine Supramolecular Assembly (Rikkyo Univ.・Nara Inst. Sci. Tech.)
  ○Kansaku Yaok・Suzuki Nozomu・Fujiki Michiya・Yamanaka Masahiro
LinkIconClick HP

Chirality2017 (July 9-12, 2017, Tokyo Japan)

Laibing Wang and Michiya Fujki
 Emerging CPL-Active Lanthanide Endowed with Cellulose Derivatives
Jalil Abd Jalilah and Michiya Fujiki
 Circularly Polarized Luminescence (CPL) from Achiral Eu(FOD)3 in pure α-pinene
• Nobuyuki Hara, Mamoru Okazaki, Kotohiro Shizuma, Shinsuke Marumoto, Nobuo Tajima, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai
 Non-classical Control of Circularly Polarized Luminescence of Binaphthyl-Eu(III) Hybridized Luminophores
Yaoki Kansaku, Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki, Masahiro Yamanaka
 Handedness and Wavelength Tunable Circularly Polarized Luminescence of Hydrogen-Bonded Chiral Bisamidine Supramolecular Assembly
LinkIconClick HP

9th International Conference on Materials for Advanced Technologies (June 18-23, 2017, Suntec Singapore)

• (Invited) Michiya Fujiki and Shosei Yoshimoto
 Non-helical π-conjugated polymer meets helical σ-conjugated polymers: Heteroaggregation-enhanced
 far-red CPL materials with glum = ±0.02 at 700 nm
LinkIconClick HP

第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム SHGSC2017

会期:2017年6月3日(土)〜4日(日)
会場:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(BKC)(〒525–8577 滋賀県草津市野路東1–1–1)

•2P-21 光学活性ペプチド―ピレン有機発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性
 (近畿大院・大阪産業技術研究所・奈良先端大) ○味村優輝・北村沙也 香・靜間基博・北松瑞生・藤木道也・今井喜胤
•1P-55 円偏光発光(CPL)を利用した光学活性ビナフチル-ユーロピウムハイブリッド発光体の分子認識
 (近畿大・大阪産技研・奈良先端大) 原伸行・岡崎守・靜間基博・藤木道也・○今井喜胤
•1P-21 光学活性ビナフチル-フェナントレン発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性
 (近畿大・奈良先端大) ○中西章真・黒田捺月・田島暢夫・藤木道也・今井喜胤

広島大学 HiSORセミナー (2017年4月21日(金)14:00–16:00)

題目 円偏光発光(CPL)分光法の黎明期、現状、将来展望
日時 2017年4月21日(金)14:00~16:00
場所 放射光科学研究センター2階セミナー室
講師 藤木 道也 LinkIconClick HP

5th Annual Conference of AnalytiX 2017 (AnalytiX-2017) (March 22-24, 2017, Fukuoka, Japan)

• The Intra-CH/π Interaction in Dibromo-9,9-dialkylfluorenes
(Invited) Nozomu Suzuki, Takashi Matsuda, Toshiki Nagai, Kazuki Yamazaki, and Michiya Fujiki
LinkIconClick HP

2017年日本化学会 第97春季年会(2017, March 16-March 19, 慶応大学日吉キャンパス)

藤木 道也(招待):1S6-09 特別企画講演
 CPL 分光法による不斉励起状態の研究:黎明期、現状、将来展望
神作 八起(口頭)・鈴木 望・藤木 道也・山中 正浩 
 2E7-32 キラルビスアミジンとアキラル色素で構成される水素結合錯体 の溶液中における円偏光蛍光特性
藤木 道也(口頭)・加藤 友香 
 2E7-33 温度応答性 CPL/CD 反転ポリシランミクロゲルの特性
•黒田 捺月・中西 章真・水澤 崇・田嶋 暢夫・藤木 道也・今井 善胤 
 2F8-26 発光性ユニット連結型軸不斉ビナフチル化合物の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
柳井 昌樹・中西 章真・田島 暢夫・藤木 道也・今井 喜胤
 2F8-27 円偏光発光(CPL)特性を有するクリプトキラル型ビピレン有機発光体の創製
原 伸行・森 亮太・靜間 基博・藤木 道也・今井 喜胤 
 2F8-28 光学活性 DIOP/Eu ハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性
佐藤 琢哉・西 恭平・北松 瑞生・藤木 道也・今井 喜胤
 2F8-29 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド/Eu ハイブリッド発光体の創製
味村 優輝・西川智 貴・中井志保・渕野 遼・北松 瑞生・藤木 道也・今井 喜胤
 2F8-33 光学活性DL-ペプチド-ピレン有機発光体の創製と円偏光発光 (CPL)特性
奥田 晃史・谷本 琴美・味村 優輝・藤木 道也・今井 喜胤
 2F8-34 キラルトランスファーを利用した発光性ピレン連結型軸不斉ビ ナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性
谷口 彩乃・原 伸行・ 高野 祐樹・藤木 道也・今井 喜胤
 2PC-067 光学活性 Phanephos/Tb ハイブリッド発光体の創製と円偏光発 光(CPL)特性
北東部 巧・原 伸行・藤木 道也・今井 喜胤
 2PC-068 光学活性両親媒性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL) 特性 
•高野 祐樹・原 伸行・谷口 彩乃・須藤 篤・藤木 道也・今井 喜胤
 3PA-099 光学活性 BINAP/Eu/ポリマーマトリックスハイブリッド発光 体の創製と円偏光発光(CPL)特性 
LinkIconClick HP

IPC2016: 11th SPSJ International Polymer Conference(2016, Dec13–Dec16, Fukuoka Intn'l Congress Center)

S-5 Optics, Electronics and Energy, T. Fujigaya, presiding
• 6E07 Emerging optically active poly(fluorene-alt-bithiophene) hetero-aggregate with helical polysilanes
Sang Thi Duong, Nor Azura A. Rahim and Michiya Fujiki (Dec 16, Fri)

S-5 Optics, Electronics and Energy
• 16P-S5-033a Emerging persistent red and far-red CPL- and CD-active polymer aggregate by scaffolding photoscissible helical polysilanes
Shosei Yoshimoto and Michiya Fujiki (Dec 16, Fri)
LinkIconClick HP

第4回キラル研究会

日時:2016年12月10日(土)12時~18時
場所:京都大学北部総合教育研究棟 小林・益川記念室(益川ホール セミナー室)
藤木道也:基調講演: 物理的不斉源による不斉の発生とその時間発展

第25回ポリマー材料フォーラム (高分子学会主催)(2016, Nov 10–Nov 11, 名古屋国際会議場)

LinkIconClick HP
• 1PC22 らせんポリシランを光分解性足場高分子とする紫色CPL特性のポリ(9-シラフルオレン)凝集体の発生
横倉 亜唯・藤木道也・ザンワイ
• 2PB14 らせん状ポリシランを足場材料とする赤色CPL-PPV凝集体の発生
上手 大暉 ・藤木 道也 ・吉本 翔成

第65回高分子討論会(2016, Sep 14 - Sep 16, 神奈川大学 横浜キャンパス)(高分子学会主催)

・1ESA04 Preparation of polylactide bearing chromophore at chain end and their functionalization...
Kai Kan・Hiroharu Ajiro・Michiya Fujiki・Mitsuru Akashi (9月14日:口頭)
・2Pf036 セラミックス表面に液相物理吸着したポリ(9,9-ジアルキルフルオレン):高次構造のアルキル側鎖依存性 
山崎 一樹・藤木 道也 (9月15日)
LinkIconClick HP

第62回高分子研究発表会(高分子学会関西支部主催)2016, July 15 , 兵庫県民会館

• ジビニルベンゼン架橋ポリスチレン粒子の内部架橋構造の同定
◯ 長井俊樹・藤木道也・西岡義仁

Molecular Chirality Asia 2016(2016, April 20–April 22, Congres Convention Center, Osaka)

•PA-15 Tomoki Nishikawa, Sayaka Kitamura, Mizuki Kitamatsu, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai
 Unclassical Control of Circularly Polarized Luminescence (CPL) of Chiral Peptide-Pyrene Organic Fluorophore
•PA-48 Yuki Kono, Sayaka Kitamura, Shizuma Motohiro, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai
 Circularly Polarized Luminescence (CPL) Properties of BINAP-Eu(III) Hybrid Luminophore
LinkIconClick HP

2014年日本化学会(2016, March 24-March 27, 同志社大学 京田辺キャンパス)(日本化学会主催)

・1B5- 46* 末端にバニリンを結合させたポリ乳酸の調製と円二色性
  ○カン凱・網代広治・藤木道也・明石満
・4F3-15 光学活性ペプチド-ピレン有機発光体の非古典的円偏光発光 (CPL)特性制御
   ○北村沙也香・西川智貴・北松瑞生・藤木道也・今井喜胤
・4F3-16 光学活性両親媒性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性
   ○岡崎 守・辻本真太郎・藤木道也・今井喜胤
・4F3-17 光学活性パラシクロファン-ランタノイドハイブリッド型発光 体の創製と円偏光発光(CPL)特性
   ○高野祐樹・北村沙也 香・藤木道也・今井喜胤
・4F3-18 クリプトキラル型光学活性ビナフチル-ピレン有機発光体の合成と円偏光発光(CPL)特性
   ○中西章真・中林和輝・鈴木 望・郭 思博・藤木道也・今井喜胤
LinkIconClick HP

Pacifichem2015 (2015, Dec 15-20, Honolulu)

• Emerging optically active luminescent poly(dioctylfluorene) aggregates by polymer chirality transfer with helical polysilanes
 ○Nor Azura Abdul Rahim, Sibu Guo, Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki (oral)
• Luminescent achiral polyfluorene meets chiral cellulose triacetate during co-aggregation process
 ○Sibo Guo, Nor Azura Abdul Rahim, Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki (poster)
• Chiroptically enhanced luminescent p-conjugated polymer aggregates in controlled optofluidic medium
 ○Michiya Fujiki, Abd Jalil Jalilah, Nor Azura Abdul Rahim, Sibo Guo, Nozomu Suzuki (poster)
• Mass-less spinning photon swaps hand of luminous helical polymer aggregates
 ○Michiya Fujiki (invited oral)
• Photoexcited chirality transfer ability revealed by circularly polarized luminescence study
 ○Sayaka Kitamura, Kazuki Nakabayashi, Nobuo Tajima, Takunori Harada, Michiya Fujiki, and Yoshitane Imai (poster)
・Gigantic enhanced circular dichroism of optically active di(p-alkylphenyl)polysilanes during aggregation by limonene chirality transfer
 ○Keisuke Yoshida and Michiya Fujiki (poster)
LinkIconClick HP

第24回ポリマー材料フォーラム(2015, Nov 26–Nov27, タワーホール船堀)

•蛍光ラベル法による架橋ポリスチレン粒子の不均一内部構造の可視化
 ○長井俊樹、西岡義仁、藤木道也
•フルオレン系交互コポリマーの吸収発光特性に与える溶媒効果
 ○吉本翔成、藤木道也
LinkIconClick HP

第29回日本吸着学会研究発表会(2015, Nov 19–Nov 20, 徳島大学 常三島キャンパス)

P32•狭分子量分布ポリフルオレンを用いた金属酸化物への液相物理吸着:紫外可視吸収/蛍光分光法による吸着挙動の実時間追跡
 ○山崎一樹,中尾亜矢子,藤木道也
LinkIconClick HP

Lecture (2015, Nov 2, Hue University of Science, Hue, Vietnam)

• Massless Spinning Photon Controlled Synthesis of Optically Active Polymers
 ○Michiya Fujiki (Invited)

International Symposium on Functional Polymers & Integrated Materials(2015, Oct 3, Yokohama Campus, Kanagawa University)

• Aggregation Induced Photochirogenesis: Emerging Circularly Polarized Luminescent π-Conjugated Polymer by
 Circularly Polarized Light Source in Optofluidic Medium
 ○Michiya Fujiki (Invited)

International Science & Nature Congress(2015, Sep 21-Sep 23, Kuala Lumpur, Malaysia)

・Emerging optically active luminescent poly(dioctylfluorene) aggregates through helical amplification
 from n-hexyl-(S)-dialkylpolysilane
 ○Nor Azura Abdul Rahim, Michiya FujikiLinkIconClick HP

2015年光化学討論会(2015, Sep 9-Sep 11, 大阪市立大学 杉本キャンパス)

•1P040 光学活性ビナフチル有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 〇北山 陽子・太田 安耶香・中 林 和輝・靜間 基博・田島 暢夫・藤木 道也・今井 喜胤 (Sep 9, 2015)
•1P041 光学活性ビナフチル-ピレン有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 〇中林 和輝・北村 沙也香・鈴木 望・ 藤木 道也・今井 喜胤 (Sep 9, 2015)
・2C04 Aggregation-Induced Enhancement in Photochirogenesis. Circularly Polarized UV-Visible Photons
 Swap Sign of Luminescent Helical Polymers(紫外可視円偏光源による光学活性高分子凝集体の発生・反転・固定)
 ○Michiya Fujiki, Yuri Donguri, Ayako Nakao, Kana Yoshida, Nozomu Suzuki, Yin Zhao, Wei Zhang (Sep 10, 2015).
LinkIconClick HP

15th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (2015, Aug 30-Sep3, Sapporo)

• Circularly Polarized Luminescent BINAP and BINAPO in PMMA Film
 ○Michiya Fujiki, Yuki Kono, Kazuki Nakabayashi, Sayaka Kitamura, Reiko Kuroda, Yoshitane Imai (poster)
• Circularly Polarized Photon Energy Dependent Sign Inversion of π-Conjugated Polymer Aggregatesin Tuned Optofluidic Medium
 ○Michiya Fujiki, Yuri Donguri, Yin Zhao, Ayako Nakao, Nozomu Suzuki, Kana Yoshida, Wei Zhang (oral)
• Cryptochiral Bi-Pyrene Luminophore: CPL-Active, CD-Silent System
 ○Michiya Fujiki, Tomoyuki Amako, Kazuki Nakabayashi, Nozomu Suzuki, Sibo Guo, Nor Azura Abdul Rahim,
  Takunori Harada, Yoshitane Imai (poster)
• Side Chain Length Dependent Chiroptical inversion of Helical Polysilane Aggregates
 ○Nozomu Suzuki, Hitoshi Goto, Michiya Fujiki (poster)
LinkIconClick HP

平成27年度15-2 ポリマーフロンティア21 (2015, Jun 12, 東京工業大学蔵前会館ロイアルブルーホール)

特集:ポリマーフロンティア21「無限の可能性を秘める共役高分子 ー 合成・構造制御・機能研究の最前線と今後の展望」
•可溶性ネットワーク状ケイ素骨格高分子の新展開:真空熱分解による多結晶シリコンの低温形成とフルカラー発光体への応用
○藤木道也 (招待講演) (2015-Jun-12)LinkIconClick HP

US-Japan Workshop on Advances in Organic/Inorganic Hybrid Materials(2015, May 18-22, Himeji)

• Physisorption of π-Conjugated Polymer onto Silica Surface in Toluene
 ○Ayako Nakao, Takashi Matsuda, Kazuki Yamazaki, Michiya Fujiki (poster, 2015-May-19)

The 2nd International Symposium on Aggregation-Induced Emission(2015, May 15-18, Zhujiang Hotel, 広州, 広東省)

• Massless Spinning Photons Swap Sign of Luminescent Helical Polymer Aggregate
 ○Michiya Fujiki (invited) (2015-May-17)LinkIconClick HP

第64回高分子学会年次年会(2015, May 27-May 29, 札幌コンベンションセンター)

•2Pd090 温度応答性光学活性反転ポリシラン凝集体の特性評価
 ○加藤友香・藤木 道也 (2015-May-28) LinkIconClick HP

日本化学会第95春季年会 (2015, March 26-29, 日本大学 理工学部船橋キャンパス/薬学部)

•B7-46 アキラルな拡張π電子系フェナントリルカルボン酸とアキラルなアミン分子を用いた超分子有機発光体の生成挙動(3/27, Oral)
 ○西川智貴・谷口直哉・原田拓典・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤
•2D4-39 光学活性ビナフチル誘導体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御 (3/27, Oral)
 ○北山陽子・太田安耶香・中林和樹・靜間基 博・田島暢夫・藤木道也・今井喜胤
•2D4-40 キラルトランスファーを利用した発光性ユニット連結型軸不斉 ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性 (3/27, Oral)
 ○中林和輝・尼子智之・藤木道也・今井喜胤
•2PB- 119 光学活性ビナフチル発光体のマトリックス中における円偏光発光 (3/27, Poster)
 ○高野祐樹・中林和輝・若林卓志・藤木道也・今井喜胤
LinkIconClick HP

平成26年度東海シンポジウム 主題=キラル高分子の合成、物性、応用技術(2015, Jan 15 - 16, 名古屋国際会議場)

•化学的不斉源、物理的不斉源による円偏光増強発光高分子凝集体の発生と制御
 ○藤木道也 (招待講演) (2015-Jan-15) LinkIconClick HP

The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC2014) (2014, Dec 2-Dec5, Tsukuba)

•4P-G2-076b Systematical Conformation Search of Helical Dialkyloligosilane
 ○Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki, and Julian R. Koe (4th, Dec, 2014)
•5P-S6-081a Limonene chirality transfer to poly(9,9-di-n-octyl-2,7-fluorene): Effects of good solvents and limonene purification
 ○Nor Azura Abdul Rahim and Michiya Fujiki (5th, Dec, 2014)
LinkIconClick HP

国武豊喜先生 文化勲章受章 祝賀特別講演会 分子組織化学 -自己組織化がもたらす新しい科学技術の世界-

• 藤木道也 : らせんを操る: 自然と共生する次世代の高分子科学へ向けて (招待講演)
共催:九州大学応用化学部門、九州大学分子システム科学センター、文部科学省 科学研究費新学術領域「生物規範工学」、高分子学会バイオミメティクス研究会、バイオミメティクス推進協議会
協賛:高分子学会
2014年11月21日(金), 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

2014 GIST-NAIST-NCTU Joint Symposium on Advanced Materials (Gwangju Institute of Science and Technology, Gwangju, Korea)

• Michiya FUJIKI (invited)
 Absolute asymmetric generation of optically active photoluminescent polymer controlled by circularly polarized photons (24-Nov-2014)

第23回ポリマー材料フォーラム(2014, Nov 6-7, 奈良県新公会堂、奈良市)

•1PC02 蛍光色素をドープした温度応答性ヒドロゲル高分子の作製と光学特性
 ○桂田陽太、藤木道也 (poster, 3rd Nov, 2014)
•2PB20 温度応答性光学活性反転ポリシラン凝集体の調製と増強されたCD·CPL特性
 ○加藤友香·藤木道也 (poster, 4th Nov, 2014)
•2PB19 光学活性ジアルキルポリシランにおける顕著なキラル側鎖基効果
 ○吉田圭佑・藤木道也 (poster, 4th Nov, 2014) LinkIconClick HP

Workshop Programme of the IWAMSN2014(2014, November 2-7, Ha Long City, Vietnam)

• Catalyst-free generation of chiral photonic polymers
 Michiya Fujiki (invited lecture, oral, 4th Nov, 2014) LinkIconClick HP

Molecular Chirality Asia 2014 (MC ASIA 2014)(2014, October 29-31, Beijing University, China)

• Circularly Polarized Photon in Optofluidic Media: Efficient Chiroptical Polarization, Depolarization, Inversion, and
 Retention of π-Conjugative Polymers
 Michiya Fujiki (Keynote lecture, oral, 31st Oct, 2014) LinkIconClick HP

第25回基礎有機化学討論会(2014, Sep 7 - Sep 9, 東北大学川内北キャンパス)

・2P161 発光性ピレンユニットを有する軸不斉ビナフチル発光体のマトッリクスフィルム中における円偏光発光(CPL)特性
 ○中林和輝・尼子智之・藤木道也・今井喜胤 (9/8, Poster)
・2P162 天然物由来光学活性マトリックス複合有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性
 ○尼子智之・中林和輝・須藤篤・藤木道也・今井喜胤 (9/8, Poster)
・2P160 四つの発光性部位を有する光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 尼子智之・森直・井上佳久・藤木道也・○今井喜胤 (9/8, Poster)
・2P108 軸不斉光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 ○北山陽子・尼子智之・田島暢夫・藤木道也・今井喜胤 (9/8, Poster)
・2P109 光学活性ポリニッパム複合有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性
 ○北村沙也香・若林卓志・中林和輝・靍谷一真・石船学・藤木道也・今井喜胤 (9/8, Poster)
LinkIconClick HP

2014年光化学討論会(2014, Oct 11- Oct 13, 北海道大学札幌キャンパス)

・2P036 円偏光発光(CPL)特性を有する天然物由来光学活性マトリックス複合有機発光体の創製
 尼子 智之・須藤 篤・藤木 道也・○今井 喜胤 (10/12, Poster)
LinkIconClick HP

第63回高分子討論会(2014, Sep 24 - Sep 26, 長崎大学、長崎市)

・1Pc073 高分子微粒子の膨潤効果を用いた蛍光微粒子の作製とその発光特性
  ○西岡 義仁・藤木 道也 (9/24, Poster)
・1Pf058 パイ共役高分子の吸着現象における高分子効果について
  ○中尾 亜矢子・松田 貴嗣・藤木 道也 (9/24, Poster)
・3Pb004 9,9-ジアルキルフルオレンオリゴマーの分子内CH/π相互作用と側鎖長依存性の解明
  ○松田 貴嗣・藤木 道也 (9/26, Poster)
・2G10 パイ共役高分子の絶対不斉合成:円偏光照射波長に依存した光学活性の反転現象
  ○藤木 道也・團栗 由莉・吉田 華奈・中尾 亜矢子(9/25, Oral)
LinkIconClick HP

第60回高分子研究発表会(2014, July 24 - July25, 高分子学会関西支部, 兵庫県民会館 (神戸))

•Pa-42 含窒素芳香環を主鎖に含むポリフルオレンの合成と物性
 〇松田貴嗣・ 藤木道也 (July 25, poster)
•Pa-54 ポリスチレンの膨潤-脱膨潤効果を利用した蛍光性微粒子の作製と発光特性
 ○西岡義仁・藤木道也 (July 25, poster)
•Pb-54 軸不斉ビナフチル発光体の高分子マトリックス中における円偏光発光(CPL)特性
 中林和輝・尼子智之・田島暢夫・藤木道也・○今井喜胤 (July 25, poster)
LinkIconClick HP

UK Colloids 2014(2014, July 6 - July 9, London, UK)

• Physisorption of π-conjugated polymer Onto Silica Surface in Toluene
Ayako Nakao and Michiya FUJIKI LinkIconClick HP (July 7, poster)

1st IMEP Conference (IMEP2014)(2014, July 31, Eastwood Richmonde Hotel, Quezon City, Phillipines)

• Fiat duo lux: Mirror Symmetry Breaking at pi-Conjugated Polymers by Spinning Photon
 Michiya Fujiki (oral, invited)LinkIconProgram

第20回記念シンポジウム モレキュラー・キラリティー2014(2014, June 6-7, 仙台国際センター)

• PP-06 発光性ナフタレンユニットの空間的配置制御に基づく円偏光発光(CPL)特性制御
 尼子智之・森 直・井上佳久・藤木道也・○今井喜胤 (June 7, poster)
• PP-07 ピレンユニットを導入した軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性
 ○中林和輝・尼子智之・田島暢夫・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (June 6, poster)
LinkIconClick HP

第63回高分子学会年次年会(2014, 5/28-5/30, 名古屋国際センター)

•1Pe083 チオフェン系蛍光色素を内包したポリスチレン微粒子の発光特性
 ○西岡 義仁・藤木 道也 (5/28, poster)
•2L03 On the side-chain effect of substituted thiophenes
 ○Sibo Guo・Nozomu Suzuki・Michiya Fujiki (5/29, oral)
•2L15 Spontaneous adsorption of pi-conjugated polymer onto silica surface
 ○Ayako Nakao・Michiya Fujiki (5/29, oral)
LinkIconClick HP

日本化学会第94春季年会 (2014, March 27–30, 名古屋大学, 東山キャンパス)

•1A4-29 ピレンユニットを有する軸不斉ビナフチル化合物の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 ○中林和輝・尼子智之・田島暢夫・藤木道也・今井喜胤 (3/27, Oral)
•1A4-30 酒石酸誘導光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 ○尼子智之・森直・井上佳久・藤木道也・今井喜胤 (3/27, Oral)
•1A4-31 光学活性バイアリール化合物のマトリックス中における円偏光発光(CPL)特性
 ○北山陽子・尼子智之・鈴木望・藤木道也・今井喜胤 (3/27, Oral)
•1PC-065 無溶媒結晶化法による円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性超分子有機発光体の創製
 ○谷口直哉・神吉翔太・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (3/27, Poster)
•3PA-066 円偏光発光(CPL)特性を有するアリールエチニルベンゼン系光学活性超分子有機発光体の創製
 ○西川智貴・谷口直哉・原田拓典・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (3/29, Poster)
•4A3-10 ジアルキルフルオレン誘導体における分子内CH/π相互作用の理解に向けて
 ○松田貴嗣・藤木道也 (3/30 Oral)
LinkIconClick HP

第40回有機典型元素化学討論会 (2013, Dec 5-Dec 7, 近畿大学11月ホール, 東大阪)

•P-54 マトリックス固定化状態における粘稠性軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光特性
 ○尼子智之・原田拓典・鈴木望・三島健司・藤木道也・今井喜胤 (12/6, poster)
•P-66 ジエチルエーテル鎖を有する軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光特性
 ○中林和輝・尼子智之・田島暢夫・藤木道也・ 今井喜胤 (12/6, poster)
•P-78 拡張π-電子系カルボン酸誘導体を用いた円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の創製(12/6)
 ○西川智貴・谷口直哉・下牧龍太郎・黒田玲子・藤木道也・ 今井喜胤
•P-82 光学活性ナフタレン化合物のマトリックス中における円偏光発光特性
 ○北山陽子・尼子智之・鈴木望・藤木道也・今井喜胤 (12/6, poster)
•P-84 円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒形成
 ○谷口直哉・神吉翔太・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (12/6, poster)
LinkIconClick HP

第22回有機結晶シンポジウム (2013,10/30-11/1, 北海道大学札幌キャンパス 学術交流会館)

•P-52 粘稠性軸不斉ビナフチル化合物のマトリックス固定化状態における円偏光発光特性(10/31)
 ◯尼子智之 ・原田拓典・鈴木望・三島健司・藤木 道也・今井喜胤
•P-56 円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒形成 (10/31)
 ◯谷口直哉・神吉翔太・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤
LinkIconClick HP

第62回高分子討論会(2013, 9/11-9/13, 金沢大学、金沢市)

•1D08IL コアセルベート仮説による不斉高分子の発生、増幅、反転.
 ○藤木道也 (9/11, oral)
•2I13 円偏光照射による光学活性フルオレン-チオフェン交互コポリマーの発生
 ○團栗由莉・藤木道也 (9/12, oral)
•3D09 らせん構造の幾何的性質による高分子高次構造体の光学活性反転機構
 ○鈴木望・藤木道也 (9/13, oral)
•3D10 ハイパーブランチ型主鎖構造を有する光学活性ポリフルオレン誘導体の合成と物性
 ○渡辺顕士・ 小山靖人・中野環・鈴木望・藤木道也 (9/13, oral)
LinkIconClick HP

第24回基礎有機化学討論会(2013, 9/5-9/7, 学習院大学)

•1P167 拡張π-電子系カルボン酸誘導体と光学活性アミン分子による光学活性超分子有機発光体の創製
 ◯西川貴・下牧龍太郎・谷口直哉・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤
•1P168 光学活性ナフタレン化合物の各種マトリックス中におけるキラルな光学特性
 ◯北山陽子・尼子智之・原田拓典・三島健司・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤
•2P045 円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒結晶化による創製
 神吉翔太・◯谷口直哉・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤
•2P046 粘稠性軸不斉ビナフチル化合物の固体状態における円偏光発光特性
 ◯尼子智之・原田拓典・鈴木望・三島健司・藤木道也・今井喜胤
•2P047 ジエチルエーテル鎖を有する軸不斉ビナフチル化合物の各種マトリックス中におけるキラルな光学特性
 ◯中林和輝・尼子智之・原田拓典・三島健司・藤木道也・今井喜胤
LinkIconClick HP

第22回有機結晶シンポジウム (2013,10/30-11/1, 北海道大学札幌キャンパス 学術交流会館)

•円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒形成
•粘稠性軸不斉ビナフチル化合物のマトリックス固定化状態における円偏光発光特性
LinkIconClick HP

第52回日本油化学会年会(2013, 9/3-9/5,東北大学川内北キャンパス )

・光学活性ビナフチル誘導体における円偏光発光(CPL)の置換基効果
LinkIconClick HP

2013年光化学討論会(2013, 9/11-9/13, 愛媛大学)

・軸不斉ビナフチル化合物のポリマーマトリックスによる円偏光発光(CPL)特性
LinkIconClick HP

Symmetry Festival (Delft, Netherlands, 2-7 August, 2013)

• Michiya Fujiki (invited, oral), Solvent chirality meets the pi-/sigma-conjugated polymers: programming and reprogramming (2013/08/07)
LinkIconClick HP

第59回高分子研究発表会(2013, 7/12, 高分子学会関西支部, 兵庫県民会館 (神戸))

• 174 (口頭発表)液相物理吸着を利用したシリカーπ共役高分子複合体の創成
 ○中尾亜矢子・藤木道也
• Pa-41(ポスタ)数理モデルによる側鎖長依存的な光学活性反転現象の解明
 ○鈴木望・藤木道也・コウ・ジュリアン
LinkIconClick HP

第62回高分子学会年次大会(2013, May 29-31, 京都国際会館)

•3J03 ハイパーブランチ型光学活性ポリフルオレン誘導 1209 体の合成と円偏光発光特性
 ○渡辺顕士・小山靖人・中野環・鈴木望・藤木道也 (5/31. oral)
LinkIconClick HP

FOA11: 11th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (Baltimore, Maryland, USA, 19-24 May, 2013)

• P-2063 Physisorption of Poly(dioctylfluorene) Onto Silica Surface Suspended in Chloroform (5/21, poaster)
 ○Ayako Nakao, Michiya Fujiki
LinkIconClick HP

第20回記念シンポジウム モレキュラー・キラリティー2013(2013, May 10-11, 京都大学/芝蘭会館/稲盛ホール)

•PP29 軸不斉ビナフチル化合物の外部環境による非古典的円偏光発光(CPL)特性制御
 ○尼子智之 ,木本貴也,田島暢夫,黒田玲子,藤木道也 ,今井喜胤 (5/10)
•PP30 粘稠軸不斉ビナフチル化合物の外部環境による非古典的光学特性制御
 尼子智之,赤木冬駒,木本貴也,鈴木望,原田拓典,三島健司, 藤木道也,○今井喜胤(5/11)
•PP31 π-共役拡張カルボン酸誘導体とアミン分子による円偏光発光(CPL)特性を有する自然分晶型光学活性超分子有機発光体の創製
 ○谷口直哉, 下牧龍太郎, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤 (5/10)
LinkIconClick HP

日本化学会第93春季年会 (2013, March 22–25, 立命館大学・くさつキャンパス)

• 1A4-35 カーボンナノチューブ表面へのポリジアルキルシランのラッピング挙動の時間分解観察(奈良先端大・物質創成)
 ○鄭祐政・信澤和行・上久保裕生・片岡幹雄・藤木道也・内藤昌信 (3/22)
• 2PB-054 π-共役カルボン酸誘導体とフェニルエチルアミンによる自然分晶型光学活性超分子有機発光体の創製
 ○谷口直哉・下牧龍太郎・小林雄平・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (3/23)
• 3C4-04 軸不斉ビナフチル化合物の状態変化による円偏光発光(CPL)特性制御
 木本貴也・○尼子智之・田島暢夫・藤木道也・黒田玲子・今井喜胤 (3/24)
• 3PC-117 置換基を有する軸不斉ビナフチルリン酸化合物の円偏光発光(CPL)特性
 尼子智之・木本貴也・田島暢夫・藤木道也・○今井喜胤(3/24)
• 3PC-118 固体フェニルオキサゾリン誘導体のキラルな光学特性
 小林雄平・○田中優希・平山正登・原田拓典・田島暢夫・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (3/24)
LinkIconClick HP

第30回無機材料に関する最近の研究成果発表会 -無機材料の新たな可能性を拓く-(霞ヶ関ビル35階 東海大学校友会館)

• 可溶性有機ケイ素高分子の新展開:酸素や水に極めて安定な紫外・可視発光材料化と熱分解法による結晶シリコンへの物質変換
 藤木 道也(招待講演)(1月28日)
LinkIconClick HP

The 9th SPSJ International Polymer Conference (IPC2012) (2012, Dec 11-14, Kobe)

・ 12E03 Physisorption of neutral poly(dioctylfluorene) onto silica surface suspended in chloroform
 ○Ayako Nakao (oral), Michiya Fujiki (2012-12-12).
・13E01 Understanding Chiroptical Switching of Helical Polymer Supramolecules Based on a Mathematical Model
 ○Nozomu Suzuki (oral), Michiya Fujiki and Julian Koe (2012-12-13)
•14P1S2-001a Absolute asymmetric polymer synthesis: Chiroptical generation of poly(fluorene-alt-bithiophene) particles due to
  circularly polarized light pumping
 ○Yuri Donguri (poster), Kana Yoshida and Michiya Fujiki (2012-12-14)
LinkIconClick HP

WCOS2012 (World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress)(2012, Sep 30-Oct 4, Nagasaki)

・P-82 Circularly polarized photoluminescent properties of axially chiral azepinium-bridged binaphthyl derivatives
 Y. Imai, T. Kimoto, T. Kinuta, N. Tajima, M. Fujiki (2012-10-03)
LinkIconClick HP

4th Asian Silicon Symposium (ASiS-4)(2012, Oct 21 - Oct 24, Tsukuba)

・PO-047 Chirality in Polysilane Aggregates
 Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki, Ruth Kimpinde-Kalunga, ○Julian R. Koe (2012-10-22)
LinkIconClick HP

2nd UM-NAIST joint symposium of biomaterial science (UMich, Ann Anbor, MI, USA, 2012, Oct 24)

・Full-visible-spectrum photoluminescent core-shell materials by solution-phase physisorption
 ○Ayako Nakao, Michiya Fujiki (2012-10-24).

第10回積水化学:自然に学ぶものづくりフォーラム (イイノホール&カンファレンスセンター, 東京, 2012, Oct 15)

・no22. 円偏光を不斉源にした絶対不斉高分子合成と制御
 ○團栗由莉, 吉田華奈, 藤木道也
・no23 アキラル溶媒によるキラル高分子の光学活性反転制御
 ○田口誠、タンホンジ、藤木道也
LinkIconClick HP

Macromolecular Science and Engineering 36th Annual Symposium (UMich, Ann Anbor, MI, USA, 2012, Oct 25)

・Full-visible-spectrum photoluminescent core-shell materials by solution-phase physisorption
 ○Ayako Nakao, Michiya Fujiki (2012-10-24).

2012年光化学討論会(2012, 9/12-9/14, 東京工業大学・大岡山キャンパス)

・3B18 大きなヘリシティーを有する光学活 性なオキシアリール置換ジオキセタンの設計・合成とそれらの円偏光発光
 (神奈川大 理・NAIST) ○松本正勝・川島英久・高塚光・ 渡辺信子・伊集院久子・藤木道也 (口頭)(2012-09-14)
・1P048 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による円偏光発光(CPL)特性制御
 (近畿大院・NIMS・NAIST) 木本貴也・田島暢夫・藤木道也・○今井喜胤 (2012-09-12)
・3P044 大きなヘリシティを有する光学活性なビアリール置換ジオキセタンの円偏光化学発光
 (神奈川大理・奈良先端大物質) 川島英久・○高塚光・渡辺信子・伊集院久子・藤木道 也・松本正勝( 2012-09-14)
LinkIconClick HP

第61回高分子討論会(2012, 9/19-9/21, 名古屋工業大学)

・ 2O06 シリカ表面におけるパイ共役高分子の動的物理吸着挙動の解明と吸着構造の同定
 ○ 中尾亜矢子, 藤木道也 (口頭)(2012-09-20)
・ 3E05リモネンキラリティー転写法による光学活性共役高分子の発生
 ○ 藤木道也(依頼発表) (口頭)(2012-09-21)
LinkIconClick HP

第57回高分子研究発表会(2012, 7/12, 高分子学会関西支部, 神戸)

1. PB-35 貧溶媒・良溶媒系における光学活性ジアルキルポリシランのキロプティカルクロミズム
 ○鈴木望・藤木道也(ポスタ)
The 7th Int'l Symp. Organic Molecular Electronics(2012, 6/7-6/8, NTT Musashino R&D Center)
・Limonene meets chiral photonics polymers. Instantaneous generation from achiral polymers without catalyst in 100 % yield at room temperature 
 ○ Michiya Fujiki (invited, oral) (2012-06-07)
LinkIconClick HP

高分子学会第61年会(2012, 5/29-5/31, パシフィコ横浜)

・1D22 光学活性(9,9-ジアルキルフルオレン)凝集体:円偏光符号の反転現象とアキラル溶媒誘起効果
 ○田口誠・藤木道也、Tang Hong-Zhi (口頭)(2012-05-29)
・2L07 Full-visible spectrum photoluminescent core-shell materials by weak force
 ○Ayako Nakao, Michiya Fujiki(英語の口頭発表) (2012-05-30)
・3F02 光学活性枝分かれポリフルオレン誘導体の合成
 ○渡辺顕士、鈴木望、藤木道也、中野環 (2012-05-30)
・3Pb028 円偏光発光(CPL)特性を有する拡張&pi電子系スルホン酸-アミン型光学活性超分子有機発光体の創製
 ○木本貴也、奥野峻大、迫田夢子、絹田貴史、佐藤友宏、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、今井喜胤 (2012-05-30)
LinkIconClick HP

シンポジウム:モレキュラー・キラリティーアジア 2012 MC ASIA 2012(2012, 5/17-5/18, 福岡, 九州大学)

・PP-60 (poster) Preparation and Optical Property of Chiral Methylphenylethynyl-Supramolecular Organic Fluorophore
 using Chiral Amine Derivatives
 ○Ryutaro Shimomaki, Tomohiro Sato, Yoko Nakano, HayatoTokutome, Michiya Fujiki, Reiko Kuroda, Yoshitane Imai
 光学活性アミン分子を用いた methylphenylethynyl 系光学活性超分子有機発光体の創製とその光学特性
 ○下牧龍太郎,佐藤友宏,中野陽子,徳留隼人,藤木道也,黒田玲子, 今井喜胤 (2012-05-18)
・PP-97 (poster) Control of Circularly Polarized Luminescence (CPL) property in axially chiral binaphthyl compound by
 changing dihedralangle of binaphthyl unit”
 Takafumi Kinuta, Takaya Kimoto, Nobuo Tajima, Michiya Fujiki, ○Yoshitane Imai
 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による円偏光発光 (CPL) 特性制御
 絹田貴史, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, ○今井喜胤 (2012-05-17)
LinkIconClick HP

IACIS 2012(International Association of Colloid and Interface Scientists) (2012, May 13-18, Sendai International Center)

・S4P15-20 Luminous core-shell particles: long-range van der Waals interaction between luminous pi-conjugated polymer and
 spherical silica in solution (2012-05-15)
 ○Ayako Nakao and Michiya Fujiki
・S1P15-06 Helical Polysilane Aggregates: Novel Side-Chain Length and Solvent Dependent (Chir)optical Properties
 ○Nozomu Suzuki, Michiya Fujiki and Julian R. Koe (2012-05-15)
LinkIconClick HP

日本化学会第92春季年会(2012, 3/25-3/28, 慶應義塾大学, 日吉・矢上キャンパス)

・2PA-039 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による光学特性制御
 絹田貴史・田島暢夫・藤木道也・宮澤三雄・○今井喜胤 (2012-03-26)
・2K3-39 pi-共役拡張カルボン酸誘導体と各種光学活性アミン分子による光学活性超分子有機発光体の作製とその光学特性
 下牧龍太郎・西口範昭・佐藤友宏・中野陽子・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤 (2012-03-26)
・2PA-040 円偏光発光特性を有するpi-共役拡張型スルホン酸-アミン系光学活性超分子有機発光体の創製
 木本貴也・奥野峻大・迫田夢子・絹田貴史・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・今井喜胤 (2012-03-26)
・2M2- 44 カーボンナノチューブ表面へのポリジアルキルシランの一方巻きらせんラッピング
 ○鄭祐政・藤木道也・内藤昌信 (2012-03-26)
LinkIconClick HP

日本昆虫学会近畿支部2011年度大会・日本鱗翅学会近畿支部144回例会合同大会(2011, 12/10, 大阪市立自然史博物館)

・ コガネムシ類成虫における対称性の破れ : 鞘翅構造色の円偏光反射特性
 ○田口誠・藤木道也 (口頭発表) (2011-12-10)

第20回ポリマー材料フォーラム(2011, 11/24–11/25, 東京タワーホール船堀)

・1PB25 光学活性反転を示すケイ素高分子の構造:貧溶媒/良溶媒とアルキル鎖長依存性
 ○鈴木望・藤木 道也・コウ ジュリアン (2011-11-24)
・1PC19 パイ共役高分子ーPTFE複合微粒子:液相物理吸着法による合成と可視発光特性
 ○小澤洋子・中尾亜矢子・藤木道也 (2011-11-24)
・2PD37 蛍光色素をプローブとした汎用ポリマー固体の振舞いについて
 ○武内大志・田口誠・藤木道也 (2011-11-25)
LinkIconClick HP

第20回日本化学会西日本大会(2011, 11/12–11/13, 徳島大学)

・1P-40 π共役拡張型スルホン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の創製
 ○奥野峻大・迫田夢子・絹田貴史・佐藤友宏・徳留隼人・中野陽子・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤 (2011-11-12)
・1P-41 チオフェンカルボン酸―アミン系光学活性超分子有機発光体におけるアミン誘導体効果
 ○木本貴也・汐田直貴・絹田貴史・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・今井喜胤 (2011-11-12)
・1P-42 無溶媒混合結晶化法による2成分系光学活性超分子有機発光体の作製とその結晶構造
 神吉翔太・西口範昭・絹田貴史・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・○今井喜胤 (2011-11-12)
・1P-43 ヘリカルカラム構造を有する光学活性超分子有機発光体の非古典的キラル光学特性制御 (2011-11-12)
 ○絹田貴史・西口範昭・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・宮澤三雄・今井喜胤
・1P-44 π-共役拡張カルボン酸誘導体と各種アミン分子による光学活性超分子有機発光体の作製とその光学特性
 ○下牧龍太郎・西口範昭・佐藤友宏・徳留隼人・中野陽子・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤 (2011-11-12)
LinkIconClick HP

第20回有機結晶シンポジウム(2011, 10/20–10/21, 富山大学)

・P31 ナフタレンカルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の新奇なキラル光学特性制御
 ○絹田貴史、西口範昭、佐藤友宏、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、今井喜胤 (2011-10-21)
LinkIconClick HP

International Symposium on Functional pi-Electron Systems (2011, 10/13–10/17, Beijing, China)

・(Poster, PP-316) Highly Emissive Pure Blue Circularly Polarized Photoluminescence From Optically Inactive trans-Poly(fluorene-2,7-vinylene) Aggregates, Michiya Fujiki, Abd Jalil Jalilah, Makoto Taguchi, Wei Zhang and Mohamed Abdellatif
・(Poster, PP-234) Achiral solvent induced chiroptical switching of optically active polyfluorene, Makoto Taguchi, Hong-Zhi Tang, Michiya Fujiki
•(Poster, PP-255) Ambidextrous Chiroptical Nanofibers Generated From Achiral Metallophtalocyanines Triggered by Diamine Homochirality, Wei Zhang, Michiya Fujiki, Xiulin Zhu
LinkIconClick HP

第60回高分子討論会(2011, 9/28–9/30, 岡山大学)

・(口頭発表)光学活性アゾベンゼン-フルオレン交互コポリマーの創成
 ○吉田華奈・張偉・藤木道也
・(口頭発表)物理吸着法による可視吸収発光性コアシェル構造の創成
 ○中尾亜矢子・藤木道也
・(口頭発表)光学活性ポリ(9,9-ジアルキルフルオレン)凝集体:アキラル溶媒誘起による円偏光発光符号の反転現象
 ○田口誠、タンホンジ・藤木道也
・(口頭:依頼発表)非平衡開放系における光学活性高分子の発生と増幅: 円偏光誘起Recycling-Frankモデル実験
 ○藤木道也・吉田華奈・ザン ワイ
・(口頭:依頼発表)長期安定性に優れた青色発光性ケイ素骨格高分子
 ○藤木道也
LinkIconClick HP

第41回複素環化学討論会(2011, 10/20–10/22, 熊本大学)

・チオフェンユニットを有する2-成分系光学活性超分子有機発光体の創製
 木本貴也、汐田直貴、絹田貴史、佐藤友宏、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、松原凱男、今井喜胤
LinkIconClick HP

第22回基礎有機化学討論会(2011, 9/21-9/23, つくば国際会議場)

・ヘリカルカラム構造により不斉誘起した光学活性超分子有機発光体の非古典的キラル光学特性制御
 絹田貴史・西口範昭・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・宮澤三雄・今井喜胤
・無溶媒直接混合結晶化法による2成分系光学活性超分子有機発光体の創製
 神吉翔太・西口範昭・絹田貴史・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・今井喜胤
・固体状態でキラリティーを発現するアキラルなビフェニル誘導体の創製とその光学特性
 青山日和・絹田貴史・木本貴也・佐藤友宏・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤
LinkIconClick HP

第50回光化学討論会(2011, 9/6–9/8, 宮崎観光ホテル)

・2-ナフトエ酸と各種アミン分子を用いた光学活性超分子有機発光体の光学特性
 ○西口範昭、小林雄平、絹田貴史、佐藤友宏、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、今井喜胤
・フェニルスルホン酸誘導体とキラルなアミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製
 ○奥野峻大、汐田直貴、絹田貴史、佐藤友宏、中野陽子、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、松原凱男、今井喜胤
・軸不斉化合物及びアミン誘導体との超分子錯体における円偏光発光(CPL)特性
 ○絹田貴史、汐田直貴、佐藤友宏、徳留隼人、黒田玲子、藤木道也、松原凱男、宮澤三雄、今井喜胤
LinkIconClick HP

第57回高分子研究発表会(主催:高分子学会・関西支部)(2011, 7/15, 兵庫県民会館 神戸)

・F-12 光学活性ポリ(9-9-ジアルキルフルオレン)凝集体:アキラルアルコール溶媒による円偏光吸収発光符号スイッチング
 ○田口誠 (口頭発表)、タンホンジ・藤木道也
・Pb -35 貧溶媒・良溶媒系における光学活性ジアルキルポリシランの キロプティカルクロミズム
 コウ・ジュリアン、○鈴木望、藤木道也
LinkIconClick HP

第60回高分子学会年会(2011, 5/25–5/27, 大阪国際会議場 グランキューブ大阪)

・2Pe073 アゾベンゼン―フルオレン交互コポリマーの光異性化特性
 ○吉田華奈・張偉・藤木道也
・3Pa061Giant Circularly Polarized Photoluminescence from Aggregates of Highly Emissive
 Trans-poly(fluorene-2,7-vinylene)s with Limonene Chirality Transfer
 Jalilah Binti Abd Jalil, ○Michiya Fujiki
・1Pc113 パイ共役高分子—球状シリカ複合体の一段階合成と光物性
 ○中尾亜矢子・藤木道也
・(口頭発表)1H28 光学活性ポリフルオレン:アキラル溶媒誘起による円偏光符号反転現象
 ○田口誠、藤木道也、H.-Z. TANG
韓国・慶北大学・高分子学科・郭起燮 助教授(2002−2006年まで当講座の助手)先生がアジア招待講演者10人の一人に選出され、招待講演をされました。
LinkIconClick HP

シンポジウム モレキュラーキラリティー 2011(2011, 5/20–5/21, 東京工業大学 大岡山キャンパス)

・軸不斉化合物とアミン誘導体を用いた機能性超分子錯体の創製
 絹田貴史・汐田直貴・佐藤友宏・徳留隼人・黒田玲子・藤木道也・松原凱男・今井喜胤
・フェニルスルホン酸誘導体とキラルなアミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製
 奥野峻大・田丸宗一郎・汐田直貴・絹田貴史・佐藤友宏・中野陽子・徳留隼人・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤
・π-共役拡張型光学活性超分子有機発光体の置換基効果による分子配列及び光学特性制御
 西口範昭・下牧龍太郎・絹田貴史・佐藤友宏・中野陽子・Ishrat Jahan・藤木道也・黒田玲子・松原凱男・今井喜胤
LinkIconClick HP

第91回日本化学会(2011, 3/26–3/29, 神奈川大学, 横浜)

・各種光学活性アミン分子とπ-共役拡張カルボン酸誘導体による光学活性超分子有機発光体の創製
 ○下牧龍太郎、西口範昭、佐藤友宏、中野陽子、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、松原凱男、今井喜胤
・発光性スルホン酸-光学活性アミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製とキラルな光学特性
 ○奥野峻大、田丸宗一郎、汐田直貴、絹田貴史、佐藤友宏、中野陽子、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、松原凱男、今井喜胤
・軸不斉化合物を構成分子とする多成分系超分子錯体の錯形成挙動
 ○絹田貴史、汐田直貴、佐藤友宏、徳留隼人、黒田玲子、藤木道也、松原凱男、今井喜胤
・置換基位置効果によるπ-共役拡張型光学活性超分子有機発光体の光学特性制御
 ○西口範昭、絹田貴史、佐藤友宏、中野陽子、徳留隼人、藤木道也、黒田玲子、松原凱男、今井喜胤
LinkIconClick HP

第19回ポリマー材料フォーラム(2010, 12/02–12/03, 名古屋国際会議場)

・(口頭:招待発表)2PBIL07 環境・エネルギー・資源・安全・コストなどに配慮した次世代フルカラー発光性シリコンの簡便創成・結晶シリコンの低温形成法
 ○藤木 道也
・1PB06 発光性パイ共役高分子 ーセラミックス複合体
 ○中尾亜矢子、河越義史、藤木道也
・1PB07 アゾベンゼンーフルオレン交互コポリマーの合成と吸収・発光特性
 ○吉田 華奈、ザン ウェイ、藤木 道也
・1PB08 光学活性ポリフルオレン:溶媒誘起による円偏光発光(CPL)符号の制御
 ○田口 誠、ホンジ タン、藤木 道也
LinkIconClick HP

第59回高分子討論会(2010, 9/15–9/17, 北海道大学高等教育機能開発総合センター, 札幌)

・ 2S03 カーボンナノチューブのカイラリティー認識に対する新アプローチ
 ○小澤寛晃・井手奈都子・藤ヶ谷剛彦・藤木道也・中嶋直敏 LinkIconMore
ICSM2010 (2010, July 4–9, Kyoto International Conference Center)
・5P-032: Inherent High-mobility Supramolecular Polymer from Phthalocyanine Stacks
 ○Wei Zhang, Michiya Fujiki, Kenji Ochi, Kei-ichi Kaneto, Wataru Takashima, Akinori Saeki and Shu Seki,
・8P-044: Limonene Chirality Transfer Leading to Ambidextrous π-Conjugating Polymer Aggregates
 ○Michiya Fujiki, Yoshifumi Kawagoe, Yoko Nakano, Jalilah Abd Jalil, Wei Zhang, and Makoto Taguchi
・5P-086: Polyfluorene-thiophene Alternating Copolymers Directed Tuned Red-Green-Blue Emitters
 ○Jalilah Abd Jalil, Yoshifumi Kawagoe and Michiya Fujiki,
LinkIconClick HP

ISCD-22 (2010, July 12−15, Sapporo Convention Center)

・PA-103: Chiroptical switching of polyfluorene induced by n-octane/n-octanol cosolvent system
 ○Makoto Taguchi, Hong-Zhi Tang, Michiya Fujiki
・PB-97: Programmed Method for Preparing Optically Active M(II) (Cu, Ni) Phthalocyanine Supramolecules
 Induced by Chiral Diamines
 ○Wei Zhang, Michiya Fujiki
・PA-100: Ambidextrous Circularly Polarized Luminescence in UV region from polysilane aggregates:
 Solvent Chirality Transfer by Noncovalent Interaction
 Yoko Nakano, ○Michiya Fujiki
・PA-48: .Solid-state chiral optical properties of bridged-type biphenyl and binaphthyl compounds with axial chirality.
 ○Takafumi Kinuta, Yoko Nakano, Takunori Harada, Hayato Tokutome, Tomohiro Sato, Michiya Fujiki, Reiko
 Kuroda, Yoshio Matsubara, Yoshitane Imai
・PA46: Chiral optical properties of supramolecular organic fluorophore consisting of 4-(2-arylethynyl)-benzoic
 acid in solid state
 ○Yoshitane Imai, Noriaki Nishiguchi, Yoko Nakano, Takunori Harada, Nobuo Tajima, Tomohiro Sato, Michiya Fujiki, Reiko Kuroda, Yoshio Matsubara
LinkIconClick HP

第59回高分子学会年会(2010, 5/26–5/28, パシフィコ横浜)

・ 3Pa051: ピレン骨格を有する光学活性超分子有機発光佒のキラル光学特性制御
 ○今井喜胤・絹田貴史・中野陽子・原田拓典・田島暢夫・佐藤友宏 ・藤木道也・黒田玲子・松原凱男
・ 1Pb034: 剛直棒状ポリシランを含む二成分混合系の示す特異なスメクチック相
 ○大越研人・戸木田雅利・藤木道也・渡辺順次
LinkIconClick HP

2010光化学討論会(2010, 9/08–9/10, 千葉)

・ 1P060 円偏光発光(CPL)特性を有するπ-共役拡張カルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の創製
 ○今井喜胤・西口範昭・絹田貴史・原田拓典・中野陽子・佐藤友宏・藤木道也・黒田玲子・松原凱男
LinkIconClick HP

第49回日本油化学会年会 (2010, 9/15–9/15, 函館)

・ π-共役拡張カルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の固体円偏光発光(CPL)特性
 ○今井喜胤・西口範昭・絹田貴史・中野陽子・原田拓典・佐藤友宏・藤木道也・黒田玲子・松原凱男
LinkIconClick HP

第21回基礎有機化学討論会 (2010, 9/09–9/11, 名古屋)

・ 1P74 π-共役拡張カルボン酸誘導体と各種アミン分子による光学活性超分子有機発光体の創製
 ○下牧 龍太郎・ 西口 範昭・佐藤 友宏・徳留 隼人・中野 陽子・ 藤木 道也・黒田 玲子・松原 凱男・今井 喜胤
・ 1P33 架橋ビフェニルおよびビナフチル誘導体の結晶構造とキラルな光学特性
 ○絹田 貴史・中野 陽子・原田 拓典・ 佐藤 友宏・藤木 道也・黒田 玲子・松原 凱男・今井 喜胤
・ 2P72 π-共役拡張型超分子有機発光体のキラル光学特性制御
 ○西口 範昭・ 絹田 貴史・佐藤 友宏・中野 陽子・原田 拓典・田島 暢夫・藤木 道也・黒田 玲子・松原 凱男・今井 喜胤
LinkIconClick HP

第89回日本化学会 (2009, 3/26–3/29, 大阪)

・ 3PB-109 スルホン酸/アミン系光学活性有機超分子発光体の円偏光発光特性
 村田勝三・今井喜胤・中野陽子・原田拓典・佐藤友宏・藤木道也・黒田玲子・松原凱男
第4回 機能性材料分科会 講演会 (2009, 2/4, 東京, 化学技術戦略推進機構)
・ (口頭:招待発表)環境・エネルギー・資源・安全に配慮したフルカラー発光性シリコン・結晶シリコンの低温形成
 ○藤木道也
LinkIconClick HP

早稲田大学GCOE「実践的化学知」: キラルサイエンス&テクノロジー (2009, 9/24–9/25, 東京)

・(口頭:招待発表) The Symposium on Chiral Science & Technology: Mesochemistry & Chemical Wisdom
 Organizer: Prof. Tohru Asahi at Waseda University(朝日透教授)2009 Sept 24-Sept 25
 ○藤木道也:らせんポリシランにおける左右対称性の破れ (招待講演)
 Michiya Fujiki: Mirror Symmetry Breaking of Si–Si bonded Polymer Leading to Homohelical World
LinkIconClick HP

第58回高分子討論会(2009, 9/16–9/18, 熊本)

1.(口頭:依頼発表)可溶性ケイ素骨格高分子の真空熱分解による階層構造制御-フルカラー発光体の創成と元素シリコンの低温形成
 ○藤木道也・川本義樹・加藤雅彦・藤本雄士・斉藤知来・細島進一・郭起燮
2.(口頭:依頼発表)分子キラリティー転写法によるアキラルパイ共役高分子からの緑色円偏光発光性
 ○河越義史・中野陽子・藤木道也
3.(口頭:依頼発表)円偏光発光性ポリシラン微粒子の設計と構築
 ○中野陽子・藤木道也
4.(ポスター発表)白色発光性π共役高分子の設計と構築
 ○河越義史・中野陽子・藤木道也
LinkIconClick HP

第55回高分子研究発表会(2009, 7/17, 高分子学会関西支部, 神戸)

1.(口頭発表)非古典的手法によるらせん高分子の創成と制御(1):分子キラリティー転写によるアキラルパイ共役高分子からの円偏光発光と発光波長制御
 ○河越義史・中野陽子・藤木道也
LinkIconClick HP

高分子学会九州支部フォーラム(2009, 8/22, 福岡)

主題=最先端ナノ材料のデザイン—基礎と応用—
[趣旨] 本フォーラムでは、環境・エネルギー・ナノテク・ナノサイエンスの分野で期待が集まっている分子触媒・ナノシリコン・カーボンナノチューブ・燃料電池・ナノ微粒子・DDSの最前線と将来展望に焦点をあてて講演会を企画した。
世話人:九州大学・大学院工学研究院 応用化学部門・教授・中嶋直敏
環境・エネルギー・資源・安全に配慮したナノシリコンの設計と創成:フルカラー発光化および結晶シリコンの低温形成化: 藤木道也(招待講演)

ポスター賞:コアセルベートにおける高分子キラリティーの発生と反転 (2008, 10, Awaji)

18th Iketani Conferenceにおいて,中野陽子さん(博士後期課程2年)がOutstanding Student Poster Awardを受賞しました.同国際会議には,2000年ノーベル化学賞受賞者のAlan J. Heeger教授(University of California at Santa Barbara)など世界的な研究者らが参加し,共役高分子・共役超分子の自己組織化とその電子応用・光応用について活発に議論が行われました。
 Generation and Switching of π-Conjugating Polymer Chirality in Organocoacervate
○Y. Nakano, Y. Liu and M. Fujiki

ポスター賞:発光性ケイ素セラミクス (2006, 11/10-11/11, 桐生)

2006年11月10日-11月11日にかけて桐生市市民文化会館で開催された第11回ケイ素化学協会シンポジウムにおいて,藤木グループの加藤雅彦くん(受賞当時:博士前期課程2年)がポスター賞を受賞しました。同シンポジウムは国内外から毎年約200人の参加者を得て、有機・無機ケイ素化合物、ケイ素ポリマー、ケイ素以外の14族元素化学関連の研究成果を発表・議論する場として知られており、学生の優れた発表に対してポスター賞を授与しています。
 発表題目:青、緑、赤、近赤外発光性Si-Ge薄膜
 ○加藤雅彦、川本義樹、川部琢磨、藤木道也