=TOP= of Masanobu NAITO

共役高分子、超分子、生体高分子などの界面・表面現象や、光学特性などをキーワードとして、様々な分野との境界領域を開拓し、新たな学問領域の創成を目指します。



Profile
bind_free102.jpg
自己紹介

Works
bind_free112.jpg
論文・学会発表・特許・研究費等

Colloquium
bind_28.jpg
若手研究者・学生による講演会を主催しています。

Contact
bind_free072.jpg
NAISTへのアクセス等

2009.11.11
22nd Advanced Polymer Colloquiumを開催しました。多数のご来聴ありがとうございました。
講師 藪浩先生(東北大多元研&JSTさきがけ)
自己組織化によるポリマー微粒子の作製とその制御・機能
2009.10.22
学会発表 1st FAPS
内藤, Stiffness- and Conformation-Dependent Polymer Wrapping onto Single-Walled Carbon Nanotubes(口頭)
鄭, Fabrication of Hetero-Structured Semiconducting Polymer Thin Films with Successive Dip / Dry Cycles(ポスター)
安井, Development of pH-Responsive Circularly Polarized Luminescence Switching Material(ポスター)
2009.09.24
研究補助員2名募集いたします。業務内容:有機合成・高分子重合およびその構造解析
2009.08.27
平成21年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)に採択されました。
研究課題:NanoからMicroへの精密自己組織化で拓く円偏光有機レーザーの創製
2009.08.15
寄稿 若手研究者の目, ネットワークポリマー, Vol.30, No.4 (2009).
ケイ素ネットワークポリマーとマリンバイオテクノロジー
2009.07.25
シグマ共役ポリシランを用いた鎖状高分子孤立鎖・超薄膜の配向・トポロジー・コンフォメーション挙動の解明
2009.07.17
2009.07.10
第21回NAIST Advanced Polymer Colloquium開催
講演者:Dr. Robert Sulc (Lawrence Berkeley National Lab)
2009.07.07
H21年度 重点戦略経費による「光ナノサイエンスに関する若手研究者支援」に採択されました。岩堀健治博士、三浦篤志博士と共同研究を行います。
円偏光生物発光から解くタンパク質自己組織化の謎
2009.06.01
円偏光発光性を有する半導体微粒子の創成
2009.04.17
国交省プロジェクト「超低燃費型船底防汚塗料の開発研究」が採択されました。日本ペイント(株)・神戸大学・大阪大学と4年間の共同研究を行います。
2009.04.14
2009.04.09
ご推薦いただきました先生方・関係者の皆様に御礼申し上げます。
2009.05.29-30
2009.02.27
2009.02.22
2009.02.22
2009.02.19