新着情報

イベント情報:2018年3月13日~14日
異分野融合ワークショップ『データ科学との融合による化学の新展開』を開催します。 ご興味のある方は是非ご参加下さい。
詳細はこちらをご覧ください。
2018年2月10日
畑中特任准教授が大阪大産業科学研究所で行われた「ナノテクノロジー若手セミナー:物質・材料研究におけるデータ科学手法の応用」にて、「自動反応経路探索を用いる機構解明と機械学習を用いる計算の効率化」について招待講演を行いました。
2017年1月30日
畑中特任准教授が「新学術領域研究ハイブリッド触媒 第1回公開シンポジウム」にて、「自動反応経路探索を用いる不斉アルドール反応の機構解明と 機械学習を用いた効率的解析」について招待講演を行いました。
2017年12月19日
畑中特任准教授が「The 21st East Asian Workshop on Chemical Dynamics」にて、「Lanthanide Chemistry: Catalytic Reaction and Luminescence」について招待講演を行いました。
2017年11月14日
畑中特任准教授が「NAISTデータ駆動型サイエンス創造センターキックオフシンポジウム」にて、「Automated Search for Chemical Reaction Pathways and Analysis by Machine Learning: A Case Study on Asymmetric Aldol Reaction」について講演を行いました。
2017年10月20日
畑中特任准教授が熊本で行われた「日本コンピュータ化学会2017秋季年会」にて、「自動反応経路探索を用いる不斉触媒反応の機構解明と機械学習による効率的解析」についての口頭発表を行いました。
2017年10月1日
吉村誠慶博士が新メンバーに加わりました!
2017年9月16日
瀬川実礼(M1)が仙台で行われた「第11回分子科学討論会」にて、「イリジウム二核錯体を用いる第一級アルコールの酸化反応に関する理論的研究」についてポスター発表を行いました。
2017年9月14日
畑中特任准教授が仙台で行われた「新学術領域「柔らかな分子系」第24回ワークショップ 若手研究者が描く分子理論の未来」にて、 「柔らかな不斉触媒系における立体選択性発現機構の解明」について招待講演を行いました。
2017年8月31日
畑中特任准教授がミュンヘンで行われた「11th Triennial Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC 2017)」にて、 「Theoretical Study on the Origin of the Enantioselectivity of Flexible Catalytic Systems」についてポスター発表を行いました。
2017年8月9日
畑中特任准教授がクアラルンプールで行われた「9th Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-9)」にて、 「Computational study on the thermosensitivity of the emission intensities from lanthanide materials」について招待講演を行いました。
2017年6月16日
畑中特任准教授がストックホルムで行われた「4th Challenges in Computational Homogeneous Catalysis」にて、「Global Reaction Route Mapping Study on Asymmetric C-C Bond Formation」について招待講演を行いました。
2017年5月18日 
畑中特任准教授が第20回理論化学討論会で、「不斉亜鉛触媒を用いるアルドール反応の立体選択性発現機構」について口頭発表を行いました。
2017年5月13日
畑中特任准教授が認定NPC法人 量子化学研究協会研究所の第11回シンポジウム「革新的量子化学の展開」にて、「自動反応経路探索を用いる不斉触媒反応の機構解明と機械学習による解析」について招待講演を行いました。
2017年5月10日
新M1の配属が決定しました。
2017年4月1日
マテリアルズ・インフォマティクス研究室がスタートしました。