学会発表

招待講演

[11] 〇畑中美穂, "反応経路自動探索による機構解析と理論的材料設計に向けた試み", 第31期CAMMフォーラム 本例会, 東京, 2018/4/6
[10] 〇畑中美穂, "自動反応経路探索による光機能性材料の機能予測", 日本化学会 第98春季年会 (2018), 船橋, 2018/3/20
[9] 〇畑中美穂, "自動反応経路探索を用いる触媒反応の機構解析と機械学習を用いた効率化への試み", さきがけマテリアルズインフォマティクス 第1回公開シンポジウム, 東京, 2018/2/22
[8] 〇畑中美穂, "自動反応経路探索を用いる機構解明と機械学習を用いる計算の効率化", 大阪大学産業科学研究所 ナノテクセンター若手セミナー 「物質・材料研究におけるデータ科学手法の応用」, 大阪, 2018/2/9
[7] 〇畑中美穂, "自動反応経路探索を用いる不斉アルドール反応の機構解明と機械学習を用いた効率的解析", 分子合成オンデマンドを実現するハイブリッド触媒系の創製 第一回公開シンポジウム, 名古屋, 2018/1/30
[6] 〇畑中美穂, "自動反応経路探索を用いる触媒反応の機構解析と機械学習を用いた効率化への試み", 分子系の複合電子機能第181委員会 第28回研究会, 東京, 2018/1/22
[5] 〇Miho Hatanaka, "Lanthanide Chemistry: Catalytic Reaction and Luminescence", The 21th East Asian Workshop on Chemical Dynamics, Kyoto, Japan, 2017/12/19
[4] 〇畑中美穂, "柔らかな不斉触媒系における立体選択性発現機構の解明", 新学術領域「柔らかな分子系」第24回ワークショップ 若手研究者が描く分子理論の未来」, 仙台, 2017/9/14
[3] 〇Miho Hatanaka, "Computational study on the thermosensitivity of the emission intensities from lanthanide materials", 9th Asian Consortium on Computational Materials Science, Kuala Lumpur, Malaysia, 2017/8/9
[2] ○Miho Hatanaka, "Global Reaction Route Mapping Study on Asymmetric C-C Bond Formation”, 4th Challenges in Computational Homogeneous Catalysis, Stockholm, Sweden, 2017/06/16
[1] ○畑中美穂, “自動反応経路探索を用いる不斉触媒反応の機構解明と機械学習による解析”, 第11回革新的量子化学の展開, 京都, 2017/5/13

口頭発表

[5] 〇Miho Hatanaka, “Theoretical study on the emission intensities from lanthanide materials”, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 奈良, 2018/6/8
[4] 〇宮﨑文, 畑中美穂, “不斉希土類 N,N'-ジオキシド誘導体を触媒とするマイケル付加反応の立体選択性発現機構の解明”, 第34回希土類討論会, 船橋, 2018/5/16
[3] 〇畑中美穂, “希土類錯体の発光・消光過程に関する理論的研究”, 第34回希土類討論会, 船橋, 2018/5/16
[2] ○畑中美穂,“自動反応経路探索を用いる不斉触媒反応の機構解明と機械学習による効率的解析”, 日本コンピュータ化学会2017秋季年会, 熊本, 2017/10/21
[1] ○畑中美穂, 日下部彩, 青木伸,“不斉亜鉛触媒を用いるアルドール反応の立体選択性発現機構”, 第20回理論化学討論会, 京都, 2017/5/18

ポスター発表

[10] 〇Anna Kamada, Miho Hatanaka, “Computational study on the stereoselective ring-opening alkylation catalyzed by chiral triazolium salt”, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 奈良, 2018/6/7
[9] 〇Puripat Maneeporn, Miho Hatanaka, Masaki Okada, Tomoharu Oku, Jun-Chul Choi, “Theoretical investigation of catalytic hydrocarboxylation of olefins with CO2”, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 奈良, 2018/6/6
[8] 〇Aya Miyazaki, Miho Hatanaka, “Theoretical study on enantioselective michael addition catalyzed by chiral rare earth metal/N,N’-Dioxide Complexes”, 34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics, 奈良, 2018/6/6
[7] 〇Takayoshi Yoshimura, Yohei Ogiwara, Norio Sakai, Miho Hatanaka,“Theoretical Study on Palladium-Catalyzed Intramolecular Cyclization”, 7th JCS Symposium, プラハ, 2018/5/21
[6] 〇宮﨑文, 畑中美穂,“不斉希土類 N,N’-ジオキシド誘導体を触媒とするマイケル付加反応の立体選択性発現機構の解明”, 第15回京都大学福井謙一記念研究センターシンポジウム, 京都, 2018/2/22
[5] 〇鎌田安奈, 畑中美穂,“不斉トリアゾリウム塩を触媒とする開環アルキル化における立体選択性発現機構の解明 ”, 第15回京都大学福井謙一記念研究センターシンポジウム, 京都, 2018/2/22
[4] 〇Takayoshi Yoshimura, Yohei Ogiwara, Norio Sakai, Miho Hatanaka, “Theoretical study on palladium(0)-catalyzed intramolecular cyclization: formation of δ-lactam”, 第15回京都大学福井謙一記念研究センターシンポジウム, 京都, 2018/2/22
[3] ○瀬川実礼,中井英隆,若林知成,畑中美穂,“イリジウム二核錯体を用いる第一級アルコールの酸化反応に関する理論的研究”, 第11回分子科学討論会, 仙台, 2017/9/16
[2] ○Maneeporn Puripat, Miho Hatanaka, Keiji Morokuma, “Theoretical Investigation of Catalytic Hydrocarboxylation of Olefins with CO2”, 第11回分子科学討論会, 仙台, 2017/9/15
[1] 〇Miho Hatanaka, "Theoretical Study on the Origin of the Enantioselectivity of Flexible Catalytic Systems", 11th Triennial Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC 2017), ミュンヘン, 2017/8/31