最終更新日: 2016/10/6
[日本語][English]


ようこそ。こちらは冨田知志(奈良先端大)のウェッブサイトです。
私の研究の主なキーワードは「ナノ物質」「電場」「磁場」です。 つまり金属などのナノ構造での、光物性や磁性に興味があります。
この様な観点から、 天然には存在しない物性を実現する人工構造物質である、 メタマテリアル(メタ物質)の実験的研究を行っています。


新着情報
東日本大震災関連

2016年
10月6日
講義情報更新: 2016年度の国際コース講義"Mathematical Analysis"(1)「Functions and Graphs」の情報を追加しました

9月19-20日
学会発表リスト更新: クレタ島(ギリシア)で開催されたMetamaterials2016でD3児玉君が口頭発表、 冨田がポスター発表しました

9月
外国出張更新: JSPS二国間交流事業に伴い、ノヴゴロド大学(ヴェリーキー・ノヴゴロド、ロシア) を訪問しました

9月5-8日
学会発表リスト更新: 金沢で開催された磁気学会で諏訪君(M1)、村上君(M2)、児玉君(D3)、冨田が 発表しました

8月24日
論文リスト更新: 児玉君(D3)の研究成果、 ミクロンサイズの単一磁気カイラルメタ分子の磁気共鳴の論文 [Kodama et al., Physcal Review Applied 2016]が出版

8月15日
論文リスト更新: 「固体物理」8月号にトピックス「時空の対称性が同時に破れたメタ物質の電磁気応答」 が掲載されました

6月13日
学会発表リスト更新: バンコク(タイ)で開催されたTJMW2016でD3児玉君が発表しました

4月7日
講義情報更新: 2016年度の物質科学解析(1)「関数とグラフ」の情報を追加しました
3月22日 学会発表リスト更新: 東京工業大学(東京)で開催された応用物理学会でM2本地君とM1國原君が、 東北学院大学(仙台)で開催された物理学会でD2児玉君が発表しました
2月18日 論文リスト更新: 松井君(2015年3月修士修了)の研究成果、 カイラルメタ表面からのTHz波放射 [Matsui et al., ApPhA (Proc. of META2015) 2016]が出版
1月12日 論文リスト更新: D2児玉君の研究成果、応力誘起自己巻き上げ法で作製したコバルトカイラル構造アレイの 作製と強磁性共鳴[Kodama et al., ApPhA (Proc. of META2015) 2016]が出版
1月12日 新しい歳を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いします
2015年
10月6日
講義情報更新: 2015年度の国際コース講義"Mathematical Analysis"(1)「Functions and Graphs」の情報を追加しました
9月15日 学会発表リスト更新: オックスフォード(英国)で開催されたMetamaterials2015で児玉君(D2)が口頭発表、 冨田がポスター発表を行ました
8月17日 学会発表リスト更新: ニューヨーク(米国)で開催されたMETA15で児玉君(D2)が口頭発表を、 冨田がポスター発表を行い、ホーチミン(ヴェトナム)で開催されたVJMW2015で 冨田が招待講演を行いました
7月7日 JSPS二国間交流事業に伴い、ノヴゴロド大学 (Yaroslav-the-Wise Novgorod State University、ヴェリーキー・ノヴゴロド、ロシア) を訪問しました
2014年
12月3日
論文リスト更新: メタ分子を用いたマイクロ波領域での磁気カイラル効果の論文 [Tomita, Sawada, Porokhnyuk, Ueda, PRL 2014]が出版
11月
共著書籍"最新 マイクロ波エネルギーと応用技術"(産業技術サービスセンター)が出版されました。 10.3.1 「メタマテリアル」を執筆しました。
書籍の紹介: "本書は基礎編、応用編、実用編を設け、マイクロ波エネルギーの基礎と新旧応用技術、 それに関連した周辺分野の技術を網羅している。"(出版社WEBより)
詳細はこちら >>
8月26日 論文リスト更新: フィボナッチメタマテリアルを用いた発光制御の論文[Moritake et al., PRB 2014]が出版
6月
共著書籍"ナノ・マイクロスケール熱物性ハンドブック"(日本熱物性学会編、養賢堂)が出版されました。 6.5.2 「メタマテリアル吸収体・ふく射体」を執筆しました。
書籍の紹介: "ナノ・マイクロスケールの熱物性データは、多くの専門分野にわたる最先端研究開発に不可欠な基板情報として、 その重要性がますます高まっている。 ナノ・マイクロスケールハンドブックはこのようなニーズに応えるべく、 ナノ・マイクロスケールにおける輸送現象と熱物性に関して、 基礎理論、測定とシミュレーションそして基盤データの最新情報をコンパクトに集約したものである。"(書籍帯より)
詳細はこちら >>
2013年
6月1日
日本化学会の学会誌「化学と工業」の特集「メタマテリアル 光の常識を破る」に、 解説記事"メタマテリアルからメタ分子・メタ界面へ ―カイラル構造の光学活性に着目して―"を執筆しました。
詳細はこちら >>
3月31日
共著書籍"Ellipsometry at the Nanoscale"(Springer-Verlag)が出版されました。 第9章「プラズモニック磁気光学効果と分光エリプソメトリー」を執筆しました。
書籍のアブストラクト: "This book presents and introduces ellipsometry in nanoscience and nanotechnology making a bridge between the classical and nanoscale optical behaviour of materials. It delineates the role of the non-destructive and non-invasive optical diagnostics of ellipsometry in improving science and technology of nanomaterials and related processes by ..." つづきを読む >>
1月22日 論文リスト更新: カイラルメタ界面での円偏光の反対称透過の論文[ST et al., PRB (RapidComm.) 2013]が出版
過去の新着情報
研究情報
研究内容
メタマテリアル(メタ物質)
カイラリティからトポロジーへ
ハイパーボリックから量子真空へ
左手系からスピン波へ
プラズモニック磁気光学
構造制御されたナノ構造
カーボンナノオニオン


論文リスト / 学会発表リスト

関連出版物 / 特許

研究助成 / 外国出張

学生募集 / 場所 / リンク


奈良先端未来開拓コロキウム
「メタX(メタエックス)」

version 3.1(2014/10/22-24)
version 3.0(2013/8/22-23)
version 2.0(2012/8/22-24)
メタX(2012/3/2)


メタマテリアルセミナー


講義情報
AY2016 Mathematical Analysis
for Materials Science (1/8)
"Functions and Graphs"
(2016/10/06)

2016年度「物質科学解析」
第一回 「関数とグラフ」
(2016/4/7)


いろいろ雑文


個人情報
自己紹介 / 個人的リンク






量子物性科学研究室へ,
奈良先端科学技術大学院大学へ
このサイトへのご意見、お問い合わせはこちらへ: