5月31日(金)埼玉大学東京ステーションカレッジにおきまして映像情報メディア学会 情報センシング研究会5月研究会が開催されました.光機能素子科学研究室から参加しましたD3春田 牧人君が優秀ポスター発表賞を受賞しました.

【発表タイトル】
脳内内因性光シグナル計測用埋植型CMOSイメージングデバイス

【著者】
春田 牧人 (D3学生)
共著者:橘本 力(2012年度博士前期課程修了)、須永 圭紀(M2)、竹原 浩成(D2)、野田 俊彦(助教)、笹川 清隆(助教)、徳田 崇(准教授)、太田 淳(教授)

【受賞対象となった研究の内容】
脳機能を解明する上で、非麻酔下における動物の脳機能観測は重 要とされてきている。本研究では、動物頭部に完全に埋植できるほどの超小型の埋植型CMOSイメージングデバイスを開発し、実際に自由行動下での脳表を流 れる血液の観測に成功した。さらに、神経活動に依存して変化する内因性シグナル(血流量変化)を観察対象とし、大脳皮質一次感覚野における感覚刺激応答を 観察することに成功した。内因性シグナルを観察対象に採用した理由は、特別な脳の染色を必要とせず、長時間の安定した観測が可能だからである。本研究の成 果として、小型埋植用CMOSイメージングデバイスによる自由行動実験中の脳機能観測を可能とした。
      
IST_May

【受賞者コメント】
情報センシング研究会において発表いたしました「脳内内因性光シグナル計測用 埋植型CMOSイメージングデバイス」にご評価を頂き、大変感謝しております。私は、運動を制御している脳内の神経活動の解明には、麻酔や拘束等の影響を 受けない自由行動状態での脳機能観測が重要と考えています。そのため、今回発表した新たな脳機能観測方法の開発を目指しました。本研究の観測手法をご評価 いただけたことは、今後の研究への励みになりました。光機能素子科学研究室の皆様の御助言・御協力により、今回の賞をいただけたと感じております。今後、 より一層気を引き締めて研究を進めていきたいと思います。
     
閉じる