NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

分子複合系科学研究室

教員 / 連絡先
教員准教授: 上久保 裕生
助教: 山崎 洋一
キーワード分子複合系、蛋白質科学、生物物理学、構造生物学、蛋白質設計工学、X線溶液散乱、X線結晶構造解析、中性子結晶構造解析、低温分光法、振動分光法、蛍光寿命測定、組換DNA技術、人工蛋白質、構造蛋白質、蛋白質輸送システム、神経軸索伸長システム、光情報変換システム、分子間相互作用、分子内相互作用、動的秩序解析
連絡先TEL:0743-72-6101
研究室URLhttp://mswebs.naist.jp/LABs/kamikubo/index.html

様々な分子が協奏的に作用することによって、個々の分子では成し得ない高度な機能を実現することができる。生命システムではこの性質を巧みに利用している。本研究室では、特に生命機能の中核を担う蛋白質分子集団が示す自律的集合離散現象に注目し、創薬のターゲットとなり得る蛋白質分子複合系の理解と新規蛋白質分子複合材料の開発を目的とする。

蛋白質集団は自律的な集合離散を繰り返すこと(動的秩序)によって高度な機能を実現している。従って、蛋白質が示す機能性を分子レベルで理解するためには、多種多様な蛋白質が共存する環境で、個々の蛋白質の状態変化や蛋白質間の相互作用の変調を解析する必要がある。本研究室では、従来法では困難であった、多成分平衡状態を解析する新規手法を開発することによって(図2)、情報伝達システム、蛋白質輸送システム、神経軸索伸張システム等の創薬のターゲットとなり得る分子集団(図1)が示す特性の理解を目指している。

シルク等の天然由来の機能性材料も、その構成要素は蛋白質であり、いまだ人工合成材料では越えられない特性を兼ね備えている。本研究室では、蛋白質分子複合系が示す自己組織化能に着目し、その素過程を解析し活用することによって、天然を超えるしなやかで強靭な新規蛋白質分子複合系材料の開発を行っている。

蛋白質集団が示す動的秩序や自己組織化的な分子集合体形成には、構成要素である個々の蛋白質の動作によって制御されている。特に、蛋白質分子内で生じるプ ロトン移動は蛋白質の構造転移を引き起こす主要な因子と考えられており、その意味で蛋白質は一種のプロトニクスデバイス(図3)と言える。本研究室では、 蛋白質の動作機構を明らかにすると同時に、動作する人工蛋白質の創製法の開発を進めている。

  • 図1:様々な分子複合系
  • 図2:µ流路を活用した相互作用/構造解析法の開発
  • 図3:新規蛋白質分子複合系材料の開発
  • 図4:蛋白質の動作を可能にするプロトニクスの解析
  » Bio-Process Engineering|NAIST Graduate School of Materials Science                 
1: Iino, T., Hagiyama,
M., Furuno, T., Ito, A. and Hosokawa Y.. Time-course statistical evaluation of
intercellular adhesion maturation by single-cell adhesion measurement using
femtosecond laser impulse. Biophysical Journal , Vol. 111, Issue 10, pp.
2255-2262 (2016).

2: Oikawa, K., Matsunaga, S., Mano, S., Kondo, M., Yamada, K., Hayashi, M.,
Kagawa, T., Kadota, A., Sakamoto, W., Higashi, S., Watanabe, M., Mitsui, T.,
Shigemasa, A., Iino, T., Hosokawa, Y. and Nishimura, M.. Physical interaction
between peroxisomes and chloroplasts elucidated by in situ laser analysis.
Nature Plants 1, 15035 (2015).

3. Katsuno, H., Toriyama, M., Hosokawa, Y., Mizuno, K., Ikeda, K., Sakumura, Y.
and Inagaki N., Actin migration driven by directional assembly and disassembly
of membrane anchored actin filaments, Cell Reports, Vol. 12, Issue 4, pp.
648-660 (2015).

4: Makenaka M., Iino, T., Nagatani, A. and Hosokawa, Y., Nanoscale bending
movement of biological micro-object induced by femtosecond laser impulse and
its detection by AFM, Appl. Phys. Express, Vol. 7, No. 8, pp. 087002_1-4
(2014).

5: Hirashima, T., Hosokawa, Y., Iino, T. and Nagayama, M., On fundamental
cellular processes for emergence of collective epithelial movement, Biology
Open, Vol. 2, No. 7, pp.660-666 (2013).

6: Hosokawa, Y., Ohta, M., Ito, A. and Takaoka, Y., Photomechanical ablation of
biological tissue induced by focused femtosecond laser and its application for
acupuncture, Appl. Phys. A, Vol. 110, No. 3, pp.613-616 (2013).

7: Iino, T. and Hosokawa Y., Controllability of femtosecond laser-induced
impulse in water evaluated by local force measurement system using atomic force
microscopy, J. Appl. Phys. , Vol.112, No. 6, pp.
066106_1-066106_3 (2012).

8: Hosokawa, Y., Hagiyama, M., Iino, T., Murakami, Y. and Ito, A., Noncontact
estimation of intercellular breaking force using a femtosecond laser impulse
quantified by atomic force microscopy, Proceedings of the National Academy of
Sciences, Vol.108, 1777-1782 (2011).

9: Hosokawa, Y., Ochi, H., Iino, T., Hiraoka, A. and Tanaka, M., Photoporation
of biomolecules into single cells in living vertebrate embryos induced by a
femtosecond laser amplifier, PloS one, Vol.6, e27677 (2011).

10: Iino, T. and Hosokawa, Y., Direct measurement of femtosecond laser impulse
in water by atomic force microscopy, Applied Physics Express, Vol. 3, pp.
107002 (2010).

研究室紹介

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ