NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域 ~光ナノサイエンス~

環境適応物質学研究室

客員教授:余語 克則
客員教授:後藤 和也
客員准教授:山田 秀尚

研究室URL: http://mswebs.naist.jp/LABs/rite/index.html

脱炭素社会・水素エネルギー社会の構築に向けた明日への一歩

新しいものを創造しようとする好奇心・熱意を必要とします。また、それを実現するために基礎学力が期待されます。更に、実際に物質を調製し、それを評価・研究した経験があれば、当研究室での研究に役立ちます。

当研究室は、(公財)地球環境産業技術研究機構RITEのスタッフが担当する研究室です。RITEが実施する温暖化対策の技術開発プロジェクトを通じてOJT(On-the-Job Training)教育を行い、関連知識・技術を習得させるとともに、社会人としての心得についても指導します。学生は所謂インターンシップを経験しながら、その中で学位論文を仕上げていきます。少人数制のため、各研究テーマを担当する博士研究員による日々の実験活動等へのマンツーマン指導とともに、指導教員との綿密な研究打合せが可能であり、専門分野において価値のある研究成果を求めることができます。

地球環境問題、特に温暖化問題について、その社会的背景、原因、対策に対する理解を深めるとともに、RITEで実施中のCO2やH2の分離回収技術、バイオマテリアル生産技術の開発を通じて、地球環境問題の解決に貢献する物質の科学についての知識を習得できます。
また、材料科学、化学工学、有機・無機合成、物理化学などの化学分野の専門知識を深めると共に、広く学問体系が見渡せ、世の中に存在する課題の抽出や解決の方法論などを総合的に理解できる能力が身につきます。
更に、RITEのスタッフの研究活動に接することにより、研究成果を商用技術へと発展させるための視点、自らの発明の権利を確保するための知的財産の知識、幅広い年齢構成の人々との協調性等、社会人としてのスキルも高まります。

製造業(化学、石油、電気、電子、ゴム、窯業など)、研究機関

当研究室は、無機材料を主たる研究対象とし、温暖化対策技術の一つであるCCS(二酸化炭素回収貯留)での実用化を目標に、CO2分離回収性能に優れた新規材料の研究開発を進めています。また、近年は燃料電池や水素発電等への期待が高まっており、水素製造や分離精製に適用する高性能水素分離膜材料の研究にも注力しています。
1)地球温暖化対策のためのCO2分離回収技術開発
・ゼオライト  ・メソ多孔体  ・炭素系材料  ・MOF(Metal Organic Framework)、など
2)水素エネルギー社会構築に向けた新規材料開発
・ゼオライト膜(図(a))  ・パラジウム(Pd)薄膜型水素分離膜(図(b))  ・シリカ膜、 など

X線光電子分光装置(XPS)、走査型トンネル顕微鏡(STM)、走査型電子顕微鏡(FE-SEM)、FT-I R、UV-VI S、HPLC、TG-DTA、XRD、共焦点レー
ザー顕微鏡、2成分ガス吸着測定装置など

[1]K.Kida,et al.“, Preparation and gas permeation properties on pure silica CHA-type zeolite membranes”, Journal of Membrane Science 522(2017)363-370.
[2]D.S. Dao, et al“., Response surface optimization of impregnation of blended amines into mesoporous silica for high-performance CO2 capture”, Energy & Fuels, 29(2015)985−992.
[3]K. Yogo, et al.“, Pore-fill-type palladium-porous alumina composite membrane for hydrogen separation”, Energy Procedia, 37(2013)1104-1108.
共同研究・社会活動:日本化学会、化学工学会、触媒学会、ゼオライト学会、資源エネルギー学会、膜学会、吸着学会などで活動。また、国内外の研究機
関と共同研究を実施(AIST、JAXA、東北大学、宇都宮大学、広島大学、ノルウェーNTNU、米NETL、米スタンフォード大など)。

研究室紹介

  • Youtube 物質創成科学領域・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • ナノテクノロージープラットフォーム