NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

ナノ構造磁気科学研究室(物質機能解析・評価領域)

教員 / 連絡先
教員准教授: 細糸 信好
助教:重城 貴信
キーワード元素選択的ベクトル磁化過程,伝導電子の誘起磁性,間接交換結合,交換バイアス効果,共鳴X線磁気散乱
連絡先TEL:0743-72-6177
研究室URLhttp://mswebs.naist.jp/LABs/hosoito/index.html

本研究室では真空蒸着法,スパッタ法などで金属磁性薄膜・多層膜を作製し,ナノ薄膜に特有な磁気現象,薄膜の構造と磁性の関連などについての基礎的な研究を行なっている.放射光X線を用いたナノ構造磁性の研究が本研究室の大きな特徴である.元素選択的な磁気構造解析が可能な共鳴X線磁気散乱法の開発,測定技術の改良,高感度化,解析法の精密化などを進めている.ナノスケールの変調構造を持つ磁性薄膜・多層膜では,個々の磁性層の磁気異方性,磁性層間の直接・間接交換結合などが影響しあい様々な磁気構造や磁化過程を生む.共鳴X線磁気散乱法を用いて元素ごとの磁気構造,ベクトル磁化過程を明らかにし,磁気機能性の発現機構を明らかにする.最近注目を集めているスピンエレクトロニクスでは,「非磁性層の磁性」あるいは「伝導電子の磁性」が機能性発現と結びついている.共鳴X線磁気散乱法は,強磁性層の磁性に影響されることなく非磁性層の磁性を調べることができる.このような特徴を活用して,伝導電子の磁性研究を進める.
以上のような研究を通して得られる磁性を中心とした固体物性の専門的な知識,実験技術などを基盤として,問題点の発見,解決方法の考案,科学的な考察,成果の発表などの能力を開発し,企業,大学,研究所等で能力を発揮できる人材を育てることを教育目的とする.

Fe/Au多層膜やCo/Ru多層膜を対象として,非磁性層伝導電子に誘起されるスピン分極の空間的な変調構造を共鳴X線磁気散乱法で調べ,間接交換結合発現における非磁性層の磁性の役割を明らかにする.

Fe/Gd多層膜やFe1/Au/Fe2/Au多層膜を試料として,印加磁場方向を変えたときに磁性層のベクトル磁化過程がどのように変化するかを明らかにし,磁化過程の制御を目指す.

Co1-xFex/MnIr二層膜を試料として,反強磁性MnIr層界面に誘起されたMn非補償磁化やIrの誘起磁化の挙動を共鳴X線磁気散乱法で明らかにし,交換バイアス効果の発現機構を解明する.

  • Fe/Au多層膜中のAu層に誘起された磁気構造の磁場変化
  • 交換バイアス膜の反強磁性MnIr層に誘起された非補償磁化による
    磁気散乱プロファイル(Ir L3吸収端)

Distribution of the Magnetic Scattering Amplitudes in the Fe/Cu Multilayer Investigated by Resonant Magnetic Diffraction with Circularly Polarized Hard X-rays.
N. Hosoito, K. Ishibashi, T. Ohkochi, K. Kodama, Y. Hayasaki,
J. Phys. Chem. Solids 68 (2007) 2153-2157.

Rotation of a Gd Moment Vector in an Fe/FeGd/Fe Trilayer Observed by Hysteresis Measurements of the Resonant X-ray Magnetic Reflectivity.
K. Kodama and N. Hosoito,
Jpn. J. Appl. Phys. 46 (2007) 3402-3405.

Depth Profile of Induced Spin Polarization in Au Layers of Fe/Au(001) Superlattices by Resonant X-ray Magnetic Scattering.
T. Ohkochi, K. Mibu and N. Hosoito,
J. Phys. Soc. Jpn. 75 (2006) 104707-1-6.

Depth-Resolved Induced Magnetic Polarization in the Cu layer of the Gd/Cu Multilayer Investigated by Resonant X-ray Magnetic Diffraction at the Cu K Absorption Edge.
N. Hosoito and T. Ohkochi,
J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 3060-3065.

Depth-Selective Measurements of Induced Magnetic Polarization in Cu Layers of Gd/Cu Multilayers by 119Sn Mossbauer Spectroscopy.
T. Ohkochi, N.Hosoito and K. Mibu,
J. Phys.: Condens. Matter 17 (2005) 4023-4033.

Induced Magnetic Polarization in Cu Layers of Gd/Cu Multilayers Studied by X-ray Magnetic Circular Dichroism.
T. Ohkochi, N. Hosoito, K. Mibu and H. Hashizume,
J. Phys. Soc. Jpn. 73 (2004) 2212-2218.

研究室紹介

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ