若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(ITP)国際ネットワークによる若手バイオ物質科学研究者のステップアップ教育プログラム

HOME

活動状況

海外研修 中間ミニシンポジウム

日時:平成24年1月31日 8:50~17:00
場所:Kemper Hall, Department of Chemistry and Materials Science, UC Davis

 平成24年1月31日に,UC Davisにおける1か月間の英語研修の締めくくるイベントとして,海外研修中間ミニシンポジウムを開催しました.NAIST物質創成科学研究科より4名の教員(藤木教授,河口教授,徳田准教授,McDowell講師)が参加しました.Prof. Winston Ko (Dean of Div. of Math. and Phys. Sci.) によるオープニングリマーク,藤木教授によるNAIST 物質創成科学研究科を代表しての挨拶の後,17名の研修参加学生が自らの研究内容について口頭発表および質疑応答を英語で行いました.
 学生諸君は平成23年度中間審査会での英語によるプレゼンテーションをベースに研修の成果で磨きをかけ,新しいデータ含めて発表していました.いずれの学生もしっかり準備しており,口頭発表での表現についても努力のあとが見受けられました.学生諸君の発表に引き続き,特別講演として,Distinguished Prof. Alan Balch (Dept. of Chemistry) および徳田准教授が研究発表を行いました.
 なおミニシンポジウムに参加した教職員はシンポジウムに先立ち,研修参加学生がラボステイ予定の,及びこれまでラボステイを受け入れていただいたホスト研究室を訪問し,ラボステイの実施内容などについて意見交換を行いました.

Page Top