若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(ITP)国際ネットワークによる若手バイオ物質科学研究者のステップアップ教育プログラム

HOME

海外研修について

海外研修(主に博士後期課程1年次)

博士後期課程1年生を中心に学生10名程度を、カルフォルニア大学デービス校(UC Davis)の理系学生用英語研修プログラムへ派遣し、研究者としての英語能力高め、国際感覚を養う。派遣期間は4週間を予定している。海外研修プログラムでは、英語研修の他、本研究科の博士後期課程の学生対象の独自のプログラムとして、UC Davis大学院生によるサポートのもと、以下の項目を実施する。

  1. 異文化間の研究プロジェクト:
    各学生が個別にアメリカ文化に関連するテーマを選び、情報を収集し、パワーポイントなどにより他の学生の前で発表する。
  2. 英語での思考力および分析力強化 :
    科学・工学分野の最新話題の文献精読、講演聴講、オーディオプログラム視聴などを通して、英語での思考力および分析力を高める。
  3. 発音とリスニング:
    アクセント、イントネーション、リダクション、リンキング、リズム、ピッチなど発音に関する総合的指導を受ける。また、口述、書き取りなどによりリスニング能力を高める。さらに、一週間に一度、アメリカ人学生とともに小グループ会話に参加し、英会話を練習する。
  4. 研究論文執筆訓練:
    科学および技術英語の執筆を訓練する。参考論文をもとに、形式など論文の書き方を学び、各自の研究に基づいて3から5ページ程度の研究アブストラクトを書く。
  5. 物質科学プレゼンテーション:
    各自の研究内容に基づいた口頭発表の練習を行う。英語での有効な発表方法を学び、声のトーン、ペース、ジェスチャーなどの技術を習得する。