NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

学生支援

大学教育の充実と大学院学生への教育トレーニングの機会を提供するとともに,これに対する手当ての支給により,大学院学生の処遇改善の一助とするためTA制度を平成6年度から実施しています.

博士前期課程2年以上の学生を対象として,講義資料の収集・整理・作成補助やレポートの採点補助及び実験の指導補助に従事し,指導・教育方法を学ぶことを積極的に進めています.

  • 博士前期課程
    11名採用、待遇75時間 (時給:1,234円)
  • 博士後期課程
    32名採用、待遇363時間 (時給:1,476円)

RA制度は,国立大学などにおける研究支援体制の充実・強化並びに若手研究者の養成・確保を促進する方策として,優れた大学院学生を研究プロジェクトの研究補助者として参画させ,学術研究の一層の推進を図るため,文部科学省が平成8年度から導入したものです.

本学では,平成7年度からRA制度を全国の大学に先駆けて自主財源で実施しており,平成8年度から導入された文部科学省のRA制度と併せて研究支援体制などの一層の充実・強化を図っています.

  • 博士前期課程
    採用なし
  • 博士後期課程
    18名採用、待遇120~1,007時間 (時給:1,476~1,788円)

本学では,特に優秀な学生を奨励・支援することにより,優れた人材の養成に資することを目的に,博士後期課程1年次に在籍する学生のうち,学業成績が特に優秀であり,かつ人物が優れた者の当該年度の授業料を全学免除する制度を実施しています.(ただし、国費外国人留学生及び本学の外国人留学生特別奨学制度に採用された者を除く)

  • 物質創成科学研究科 2名

博士学位論文が合格と認められた博士後期課程の学生の中から,優秀な博士論文研究を行った者を選び,その業績を称え,NAIST最優秀学生賞および最優秀学生賞を与えるとともに,賞金と記念品を贈ります. 特別課題研究や修士論文研究などが合格と認められた博士前期課程の学生のうち,学業および研究の優れた学生を選び,その栄誉を称え,NAIST最優秀学生賞および最優秀学生賞を与えるとともに,賞金と記念品を贈ります. NAIST最優秀学生賞は,学位授与式において,奈良先端科学技術大学院大学支援財団理事長より贈呈されます.また,最優秀学生賞は,学長により表彰され,研究科長より贈呈されます. 受賞した博士と修士の学生は,3月上旬に開催される公開研究業績報告会で,研究内容を口頭発表するとともに,ポスターの特別展示を行い,広く社会に公表します.

  • 博士前期課程 2名
  • 博士後期課程 2名
  • 1人当たり 6万円

学業・人物ともに優秀であり,かつ経済的理由により,修学が困難であると認められる場合には,本人の出願に基づいて選考の上,貸与されます.
日本学生支援機構奨学金には,無利子の第一種奨学金制度と有利子の第二種奨学金制度があります.第一種奨学金の貸与をうけ,在学中に特に優れた業績をあげたものとして支援機構が認定したものには,学資金の全部または一部の返還が免除される制度があります.

 入学時貸与月額等
第一種奨学金(無利子)第二種奨学金(有利子)
博士前期課程次の受給額から選択
50,000円,88,000円
次の受給額から選択
5・8・10・13・15万円
博士後期課程次の受給額から選択
80,000円,122,000円
平成28年度入学者貸与者博士前期課程
採用人数52人(100%)
博士後期課程
採用人数7人(100%)
博士前期課程
採用人数5人(100%)
博士後期課程
採用人数0人

()内は貸与率(貸与者/貸与希望者).この貸与率は追加・臨時採用を含む平成28年度最終実績である.

本学独自の奨学金として、博士後期課程に在籍する社会人学生に対して奨学金を給付し、修学を支援することにより、優れた人材の育成に資することを目的とする「奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程社会人学生奨学金」があります。

給付額:入学初年度に10万円(返還不要)

平成28年度給付実績:7名

本学では,日本学生支援機構奨学金の他に,文部科学省外国人留学生学習奨励費等の奨学金制度に採択されています.

経済的理由により入学料又は授業料の納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者及び入学前1年以内(授業料は納期前6ヶ月以内)に,学資負担者が死亡し,又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたこと等により,入学料又は授業料の納付が著しく困難であると認められる者に対し,選考の上,入学料又は授業料の全額又は一部を免除する制度があります.また,入学料免除には併せて入学料徴収猶予の制度もあります.

学生教育研究災害傷害保険は,学生が正課中,学校行事中,課外活動中,キャンパス内の休憩中及び通学中や学外実習等の移動中に被った不慮の災害事故に対する救済措置として全国の国・公・私立大学等の学生を対象とした傷害保険です.本学では,入学手続き時に加入手続きを行い,全員加入となっています.

学研災付帯賠償責任保険は,学生が正課中,学校行事、課外活動及びその往復中で,他人にけがをさせたり,他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償する保険制度です.本学では,入学手続き時に加入手続きを行い,全員加入となっています.

 

※4月入学者は所定修了年次3月31日まで、10月入学者は所定修了年次9月30日まで

学研災付帯学生生活総合保険は,学生生活全般を補償する保険制度です.

本学では,任意加入としていますので,加入を希望する場合は,各自で申し込みを行ってください.また,詳細パンフレットは,教育支援課学生支援係に設置しています.

支援財団による研究に対する助成のほか,助成事業の一環として,学生が国際学会等において論文(研究)発表するための費用(渡航費,滞在費等)に対する助成が行われており,平成28年度は22件の支援が行われました.また,優秀で意欲のある私費外国人留学生(日本政府または外国政府から奨学金を受領している外国人留学生以外の外国人留学生)に対しても,渡日旅費や入学料の支援を行っています.

物質創成科学研究科では,世界各国の諸大学・研究機関と学術交流協定を結んでいます.必要に応じ共同研究を実施するための派遣費用が補助されます.韓国の光州科学技術院及び台湾の台湾国立交通大学との間では毎年交互に教員・学生を派遣して合同セミナーを開催し,研究交流と相互親睦を図っています.

  • 14名

学生の提案による研究課題に研究費を補助します.採択された研究課題に関しては,学生自らの判断で,設備,消耗品,図書など物品の購入,学会発表のための旅費などに支出することが可能です.

  • 博士前期課程 9名 770千円
  • 博士後期課程 40名 6,230千円

本学ではキャリア支援室を設置し、研究科の就職担当と共に学生の就職活動を支援しています。キャリア支援室では、大学院修了後に民間企業への就職を希望する学生を対象とした就職ガイダンスを実施しています。

学生生活・支援

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ