奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科「組織的な大学院教育改革推進プログラム」








プログラムの概要

博士前期課程では,物質科学に関する高度な専門知識を基盤に,研究・開発を主体的に担う人材を育成し,博士後期課程では,産官学を問わず物質科学の融合領域で国際的に活躍し,次世代を担う創造性の豊かな研究者を育成します.これらを効率的に実施するため,教育のプロセス管理の高度化を実施し,特に,博士後期課程では,自学・自修の精神を養うプログラムを整備し,教員は適切なアドバイスおよび提案に対する審査意見のフィードバックを通して自主性を重んじる指導を行います.

教育プログラムの内容

  1. 自学・自修の精神を養うプログラムの整備
  2. 博士後期課程学生を対象に,提案公募型の競争的支援プログラムや演習等科目を整備し,提案・実行・報告の一連の事業推進スキームの経験を通して,自立的研究遂行能力や研究経営能力など研究者としての素養を身につけます.

    1. 提案公募型国際セミナー開催支援制度
    2. 学生が主体となって企画立案した国際セミナーの開催を,審査に基づき支援します.国際的に活躍する研究者に求められる会議企画・運営能力やコミュニケーション能力を培います.

    3. 競争的研究支援制度と提案型演習科目
    4. 研究経営能力強化のための競争的研究支援制度を推進し,優れた研究提案に対して研究費の支援を行うとともに成果報告会を開催します.また,提案型演習科目「リサーチマネージメント」を設定し,教員による指導の下で自立的研究遂行能力と研究企画能力を身につけます.

    5. 複眼的視野養成科目
    6. 分野横断型研究会を学生が主体となって開催し,自身の専門分野のみならず,関連分野の基礎的素養を習得させる科目として「融合ゼミナール」を履修します.

  3. 教育のプロセス管理の高度化
    1. 複数指導教員制(スーパーバイザーボード)の充実
    2. 「魅力ある大学院教育」で成功を収めたスーパーバイザーボード制を発展させます.年2回の中間審査を行い,博士論文研究の進捗状況及び身につけるべき能力の習得度評価を行います.産業界を含めた学内外の学外スーパーバイザーによる研究指導,若手研究者との研究討論により,学生の視野を広げ,アウトプットを意識させます.

    3. 博士前期課程講義科目の整備
    4. 専門分野の深い学識と広い視野を涵養するため,基礎から応用にわたる幅広い講義の履修を必須とし,コースごと(博士前期後期課程一貫コース,博士前期後期課程で別分野の教育研究を行うコース,博士前期課程のみのコース)に履修すべき科目が設定されます.具体的には,共通の学力プラットホームを形成するために物理から生物にわたる物質科学の基礎を講義する光ナノサイエンスコアI-IV(必修)の整備を行います.

    5. 博士後期課程の国際化対応
    6. 専任の外国人講師を雇用するとともに専門科目「物質科学融合特講」の英語化することにより,英語による理解力を高めるとともに,英語のみで学位を取得することが可能になります.

    7. 円滑な学位授与の推進
    8. これまでの厳格な学位審査に基づき,スーパーバイザーによる中間審査制度を充実させ,円滑な学位授与を推進します.Webによる評価支援システムを整備し,教員間での評価の共有,当該学生による評価の自由閲覧を可能にします.さらに,質疑,示唆など双方向性の検証改善も可能にし,標準修業年限内学位授与率75%以上を目標とします.

    9. キャリアパス支援
    10. キャリアパス支援室を整備し,博士前期及び後期課程学生を対象として,キャリアパス説明会を年2回実施するとともに,就職先を斡旋します.

ページの先頭へ戻る

NAIST 奈良先端科学技術大学院大学