NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

光情報分子科学研究室の大橋賢次君(博士前期課程2年)が、薄膜材料デバイス研究会第10回研究集会にてベストペーパーアワードを受賞

2013年10月31日‐11月2日に行われた薄膜材料デバイス研究会第10回研究集会において、光情報分子科学研究室の大橋賢次君(博士前期課程2年)がベストペーパーアワードを受賞しました。同賞は一般講演の中から、年齢・職業を問わず最も優れた研究発表として表彰されたものです。

n型単層カーボンナノチューブ材料の作製と熱電変換モジュールの構築

大橋賢次(M2)、野々口斐之(助教)、河合壯(教授)

この度、薄膜材料デバイス研究会第10回研究集会にてベストペーパーアワードを頂いたことを大変光栄に思います。本研究を進めるに当たり日頃から熱心にご指導頂いた河合教授、野々口助教をはじめとする光情報分子科学研究室の先生方、精神的な支えとなってくれた研究室のメンバーに感謝いたします。また、試料の提供や測定にご協力いただいた共同研究者の方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。この賞を励みに、科学技術の発展のために日々精進していきたいと思います。

近年、車両や温泉、究極的には人体をエネルギー源とするユビキタスな熱電発電デバイスが志向されています。このためあらゆる形状の構造物に実装可能なπ型熱電モジュールの要素材料が求められていました。本研究では単層カーボンナノチューブのn型ドーピングのルールを発見し、とくに困難とされたフレキシブルn型熱電変換材料の開発に成功しました。今回開発したカーボンナノチューブ材料を用いてフレキシブルな熱電発電モジュールを試作し、これが実際の曲面上でも発電動作し、十分な電力を回収できることを実証しました。

 

光情報分子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ