NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

バイオミメティック科学研究室の塚本真未さんが2012 GIST-NAIST-NCTU Joint Symposium on Interdisciplinary Nanoscience & Beyondにおいてbronze awardを受賞

2012年11月21日に, バイオミメティック科学研究室の塚本真未さんがNational Chiao-Tung Universityにおいて開催された2012 GIST-NAIST-NCTU Joint Symposium on Interdisciplinary Nanoscience & Beyond(11月18日-21日)においてbronze awardを受賞しました.

Action Mechanism of Antimicrobial Polymers on Model Membrane

発表者:塚本真未(D1)
共著者:安原主馬(助教), 黒田賢一(ミシガン大学・歯学部),菊池純一(教授)

この度GIST-NAIST-NCTUにて名誉ある賞を頂き,大変光栄に思います.本研究を進めるに当たり,熱心に御指導頂きました菊池教授,安原助教,共同研究者であるミシガン大学(米国)の黒田先生をはじめ研究室のスタッフや学生の皆様に,心より感謝いたします.今回の受賞を励みに,さらなる発展を目指し精力的に研究に取り組もうと思います.

薬剤耐性を獲得した細菌による感染症が大きな社会問題となっており,従来の抗生物質とは異なる作用機構で作用する新規抗菌性分子の開発が急務となっています.そこで本研究では天然に存在する抗菌性ペプチドの構造を模倣した両親媒性ポリマーを合成し,抗菌活性の発現メカニズムを細胞サイズリポソームによって評価しました.これにより, 本ポリマーは細菌の細胞膜と結合し,脂質分子の再配列を誘導することを明らかにしました.

バイオミメティック科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ