NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

グリーンデバイス研究室の落合慧紀君が第9回薄膜材料デバイス研究会においてスチューデントアワードを受賞

2012年11月2日‐3日になら100年会館で開催された第9回薄膜材料デバイス研究会において,グリーンデバイス研究室の落合慧紀君(博士前期課程2年)がスチューデントアワードを受賞しました.同賞は,本年度より新設された賞であり,参加者全てからの投票により選ばれる賞です.

マイカ劈開面におけるペンタセン多結晶膜のエピタキシャル成長

落合 慧紀(M2),松原 亮介(特任助教),大橋 昇(産業技術総合研究所),中村 雅一(特任教授)

この度,薄膜材料デバイス研究会においてスチューデントアワードを受賞でき,大変光栄に思います.また,研究内容や発表を高く評価して頂いたことを非常に嬉しく思います.今回の受賞にあたりまして,実験環境の提供および有益な助言を頂きました,産業技術総合研究所の大橋昇様にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます.また,中村特任教授をはじめ,松原特任助教や日頃より良き相談相手となってくれた研究室のメンバーに深く感謝いたします.

本発表では,理想界面を持った有機TFT作製の第一段階として,劈開したマイカ上にペンタセン結晶を成長させ,AFMおよびX線回折による結晶構造解析を行った結果を報告しました.その結果,マイカ劈開後の表面洗浄処理によってその上に成長したペンタセン結晶の形態が大きく異なることや,マイカ上に成長したペンタセンが基板面内方向にエピタキシャル成長をしていることなどを明らかにし,理想界面OTFT実現の可能性を示しました.

グリーンデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ