NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

バイオミメティック科学研究室の喬雲(Qiao Yun)さんがThe International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials 2012においてExcellent Poster Presentation Awardを受賞

2012年9月14日にShenyang(P.R. China)で開催された国際シンポジウムThe International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials, 2012(ISPCAM2012)において,バイオミメティック科学研究室の喬雲(Qiau Yun)さん(博士後期課程2年)がExcellent Poster Presentation Awardを受賞しました.

Electrochemical Behavior of Biosensing Electrode Modified with Enzyme-Cerasome Composite

発表者:喬雲(D2学生)
共著者:Qian Zhang(Liaoning Univ. 副教授),Xi-Ming Song(Liaoning Univ. 教授),田原圭志朗(助教),菊池純一(教授)

このような名誉ある賞をいただき,大変光栄に思います.この機会に,日頃から熱心に御指導頂いている菊池純一教授ならびに他の先生への感謝を申し上げます.今回の研究成果を足がかりにして,研究がますます進展するよう今後も引き続き努力していきたいと思います.

当研究室では,これまでにバイオマテリアルであるリポソームの表面に無機のシリカ骨格を導入したハイブリッド型人工細胞膜「セラソーム」を開発しています.本研究では,酸化還元酵素を固定化したセラソームを用いてバイオセンサーを作製し,その電気化学的特性を明らかにしました.本研究の成果は,分子情報を電子情報に変換できる分子通信インターフェースの開発につながることが期待されます.

 

バイオミメティック科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ