NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

反応制御科学研究室の張歓さん(博士後期課程3年)が日本化学会第94春季年会において学生講演賞を受賞

2014年3月27日~30日に名古屋大学で開催された日本化学会第94春季年会において,反応制御科学研究室の張歓さん(博士後期課程3年)が口頭発表を行い,学生講演賞を受賞しました.

Regioselective Rapid Synthesis of Fully Substituted 1,2,3-Triazoles Mediated by Progargyl Cations

張歓 (D3), 谷本裕树 (助教), 垣内喜代三 (教授)

この度,日本化学会第94春季年会(名古屋)において学生講演賞をいただき,大変光栄に思います.たくさんの方々の御協力や御支援がなければこの賞を頂くことはできなかったと実感しています.この機会に,垣内喜代三教授,森本積准教授,谷本裕樹助教,西山靖浩助教そして反応制御科学研究室の全てのメンバーに頂いたご助力,貴重なご助言,大きなご支援に心よりお礼申し上げます.

アジド―アルキンとの[3+2]環化反応によるトリアゾールの合成は、創薬化合物の合成への応用などから様々な手法が報告されている。我々は、プロパルギルアルコールより発生させたカルボカチオンの反応性を利用した、新規3置換トリアゾールの迅速合成法並びに多成分連結反応を見出した。更に、系内にて生じたトリアゾールカチオンを利用した多成分連結反応による炭素―炭素結合、炭素―ヘテロ原子結合の構築にも成功した。

 

反応制御科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ