NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

情報機能素子科学研究室の藤井茉美さんがSSDM2011国際学会でYoung Researcher Awardを受賞

2011年9月28-30日に名古屋国際会議場において開催されたSSDM2011(International Conference on Solid State Devices and Materials)国際会議において,情報機能素子科学研究室の藤井茉美さんがYoung Researcher Awardを受賞されました.同賞は,口頭発表とポスター発表の合わせて約500件の中から若手研究者4名に送られました.

The Unique Phenomenon in the Amorphous In2O3-Ga2O3-ZnO TFTs Degradation under the Dynamic Stress

藤井茉美(発表当時D2),石河泰明(准教授),堀田昌宏(助教),浦岡行治(教授)

伝統あるSSDM国際会議において,我々の取り組みを高く評価していただいたことを大変光栄に思います.受賞した研究は次世代デバイスの信頼性に関するもので,このような研究が新たな技術の発展に役立つことを願っています.研究テーマの立ち上げから携わる機会を与えてくださった浦岡教授をはじめ,石河准教授,堀田助教授やご指導頂いた諸先生方に深く感謝申し上げます.また,日頃より良き相談相手や支えとなってくれる研究室のメンバーにも,この場を借りて御礼申し上げます.

本発表は,次世代ディスプレイ用駆動素子として期待を集めている非晶質酸化物半導体薄膜トランジスタの電気的なストレスに対する不安定性を解析したものです.この素子は動的な電圧を印加した際に電気特性が特徴的な劣化を示すことがわかりました.さらに,印加電圧のパルス形状を変化させると電気特性の劣化に差異がみられることから,劣化の起源となる欠陥の生成メカニズムをモデル化することに成功しました.

 

情報機能素子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ