NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

反応制御科学研究室の西山靖浩特任助教がThe 8th Korea-Japan Symposium on Frontier PhotoscienceにおいてBest Presentation Award in Young Scientist Sessionを受賞

2011年10月28日~31日にKonkuk University (韓国)で開催されたThe 8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscienceにおいて,反応制御科学研究室の西山靖浩特任助教が口頭発表を行い,Best Presentation Award in Young Scientist Sessionを受賞しました.

Photochemistry using Microreactor : Diastereodifferentiating [2+2] Photocycloadditions

西山靖浩(特任助教),会田 新(M2),寺尾公維(D1),垣内喜代三(教授)

この度,The 8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscienceにおいて,Best Presentation Award in Young Scientist Sessionを受賞することができ,大変光栄に存じます.今回の受賞にあたりまして,垣内教授をはじめとする反応制御科学研究室の先生方ならびに実験に取り組んで頂いている学生の皆様に深く感謝致します.

当研究室では,生理活性天然物の前駆体となるシクロブタン骨格を効率よく合成する[2+2] 光不斉反応の開発に取り組んでいます.この反応は通常の熱反応では合成困難であり,光反応に特有な反応ですが,従来のバッチ型リアクターでは高濃度での光反応は困難となる問題点がありました.今回の研究では,非常に細い流路を有するマイクロリアクターを新たな反応器として利用することで,高濃度でも高効率に反応が進行することを見出しました.さらに,バッチ型リアクターよりも高い不斉選択性を達成可能であることも明らかにしており,高選択的且つ大量の生成物を得ることが可能であることを示しました.

 

反応制御科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ