NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

エネルギー変換科学研究室の上久保裕生准教授と芝るみ博士が国際生物物理学会でポスター賞を受賞

エネルギー変換科学研究室の上久保裕生准教授,芝るみ博士が,10月30日から11月4日まで,北京で開かれていたThe 17th International Biophysics Congressにおいて,優秀ポスター賞を同時受賞しました.International Biophysics Congressは,International Union of Pure and Applied Biophysics (IUPAB)が主催する国際会議で,生物物理学の中では最も重要な国際会議に位置付けられており,3年に1度開催されています.会議には,3名のノーベル賞受賞者ほか,世界中の第一線の生物物理学研究者2500名が参加しました.会議の閉会式でポスター賞の発表が行われ,賞状等が授与されました.日本人の受賞者は8名でした.

“The roles of the low barrier hydrogen bond involved in Photoactive Yellow Protein”

Plenary lectureをきいているだけで,身も引き締まるような緊張感のある学会でした.参加して話を聞けただけでも満足できる学会でしたが,優秀ポスター賞まで頂き大変光栄に思っています.しかも,同じ研究室から2件の受賞ということもあり,素直にうれしく思っております.これを励みに,今後,何事においても精進するつもりです.最後になりましたが,片岡幹雄教授を始め,本研究に関わったすべての皆様に深く感謝します.

“The roles of the low barrier hydrogen bond involved in Photoactive Yellow Protein”
本研究室では,光合成細菌中に存在する光センサー蛋白質(Photoactive Yellow Protein)の反応中心近傍に,低障壁水素結合が存在することをすでに明らかにしてきました.この度の発表では,低障壁水素結合を失活させた変異体に対し,中性子・X線併用結晶構造解析を適応し,蛋白質中に形成された低障壁水素結合が通常の水素結合の約2倍程度の結合エネルギーを有すること,また,近傍アミノ酸のプロトン化状態の直接観測によって,低障壁水素結合によって蛋白質内部電荷の非局在化が実現されていることを報告しました.これらの結果は,蛋白質内部の微小空間で生じるプロトン移動反応と高次構造転移を関連づける上で重要な知見となり得ます.

“Refinement of function element of dihydrofolate reductase by the systematic alanine insertion”

shiba

この度,The 17th International Biophysics Congressにて,優秀ポスター賞を頂き,大変光栄に思います.現在も引き続きご助言頂いている片岡幹雄教授,上久保裕生准教授をはじめ,山崎洋一,山口真理子博士及び,エネルギー変換科学研究室の方々に深く感謝致します.今後も本研究の更なる発展を目指したいと思います.

 ”Refinement of function element of dihydrofolate reductase by the systematic alanine insertion”
タンパク質の立体構造や機能は,アミノ酸配列によって決定されます.本研究では,ジヒドロ葉酸還元酵素のアミノ酸配列に対し,網羅的アラニン挿入変異を行い,各変異体を精製した後,構造と酵素活性を測定することにより,構造形成と酵素活性発現のために必須な一次構造上の領域を明らかにしたものです.配列をアラニン挿入で分断することにより,構造形成能を失う領域,酵素活性を失う領域が明確に決定できます.機能発現に必須な領域は,さらに補酵素(NADPH)結合に関与する領域,基質(ジヒドロ葉酸)の結合に関与する領域および触媒活性に関与する領域に分類することができました.この結果は,タンパク質の構築原理の理解に重要な貢献をすると期待されます.

 

エネルギー変換科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ