NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

光機能素子科学講座の三谷昌弘君が日本光学会第8回関西学生研究論文講演会優秀講演賞を受賞

2010年3月10日に開催された日本光学会情報フォトニクス研究グループ第8回関西学生研究論文講演会において,光機能素子科学講座の三谷昌弘君(博士前期課程2年)が優秀講演賞を受賞しました.同講演会は,各研究機関の学生が情報フォトニクス分野の成果を発表するものです.

ライトガイドアレイ搭載in vivo脳機能イメージセンサ

三谷 昌弘(M2)
共著者:田川 礼人(D1),南 裕樹(M2),種子田 浩志(M1),野田 俊彦(助教),笹川 清隆(助教),徳田 崇(准教授),太田 淳(教授)

このたび,日本光学会情報フォトニクス研究グループ優秀講演賞を頂き,大変光栄に思います.御指導頂いた太田淳教授をはじめ御協力頂いた共著者の方々には,この場を借りて厚く御礼申し上げます.今回の受賞を励みとし,就職後も頑張っていきたいと思います.

本研究は記憶や学習に関わる脳の重要な部位である海馬の機能を解明するため,マウス脳内においてin vivo脳機能イメージングを目指した埋め込み型CMOSイメージセンサデバイスの開発を目的としたものです.今回は特に,センサの解像度を向上させるために垂直入射する光を選択的に取り込むライトガイド構造を搭載し,なおかつ蛍光検出時の消光比を向上させるために干渉フィルタを組み込んだセンサの作製に取り組んでいます.本作製プロセスによりセンサの厚みを抑え,侵襲性を低減した状態でセンサ性能の向上を実現しています.

光機能素子科学講座のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ