NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

反応制御科学講座 谷本裕樹助教が第23回有機合成化学協会研究企画賞を受賞

2011年2月18日,反応制御科学講座の谷本裕樹助教が社団法人有機合成化学協会 大塚製薬研究企画賞を受賞しました.同賞は,有機合成化学分野において大きな貢献が期待される斬新且つ優れた萌芽的研究(研究企画)の提案を対象とし,表彰するものです.

窒素原子の極性転換による求電子的アミノ化反応を利用した生理活性含窒素化合物合成戦略の開発

谷本 裕樹(助教)

この度は私の研究計画に対しこの様な評価をいただき,大変光栄に思います.これを励みに,提案した計画が進展するよう一層研究に邁進してまいりたいと思います.

従来の窒素官能基導入法は脱離基を炭素原子上に配置し,「窒素原子を求核剤として」行うものが殆どであり,窒素原子上に脱離基を配し「窒素原子を求電子剤とする」手法,すなわち求電子的アミノ化反応は試薬の逐次調製が必要であるなど実用化の面で問題が多かった.申請者はこの求電子アミノ化反応を,C-H結合をそのまま利用した簡便な手法へと発展させるとともに,分子内反応による環状アミン骨格の効率的構築法として確立する計画を立案した.本手法は各種アルカロイドや薬剤分子など含窒素化合物の効率的な合成法としての利用が期待される強力な戦略と位置付けられる.

反応制御科学講座のホームページはこちらをご覧ください.

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ