NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

光情報分子科学研究室の湯浅順平助教が、2014年光化学討論会にて光化学協会奨励賞を受賞

2014年光化学討論会(2014年10月11日-13日、北海道大学)にて光情報分子科学研究室の湯浅順平助教が光化学協会奨励賞を受賞しました。同賞は光化学の発展に貢献した若手会員に対し授与されるものです。

段階的な超分子形成を利用したインテリジェント蛍光センサーの開発

湯浅順平(助教)

この度、2014年光化学討論会において光化学協会奨励賞を賜り、大変光栄に思います。今回の受賞にあたりまして、河合教授をはじめとする光情報分子科学研究室の先生方、および研究を進めるにあたりサポートして下さった研究室の学生諸君に厚く御礼申し上げます。今後とも一層研究活動に邁進していく所存です。

蛍光センサーは特定の金属イオンや有機分子を、蛍光を用いて検出する簡便かつ高感度な分析法の一つであり、センサー分子の認識部位に高い選択性を得るため、標的物質と安定な単一の錯体種を形成するように分子設計された配位子が利用されることが一般的である。この場合、センサー分子は標的の物質に対して、シンプルな発光のon-offスイッチングを示す。これに対し本研究では、センサー分子が標的物質と段階的に複合体を形成することで、標的物質の濃度変化に応じて複数の発光種を与える新規蛍光センサーの開発を行なった。

光情報分子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください.

 

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ