NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

超分子集合体科学研究室の長尾聡助教が、日本化学会第95春季年会において優秀講演賞(学術)を受賞

2015年3月26日~29日に日本大学船橋キャンパス (千葉)で開催された日本化学会第95春季年会において、超分子集合体科学研究室の長尾聡助教が口頭発表を行い、優秀講演賞(学術)を受賞しました。

Design and Properties of Domain-swapped Dimeric Myoglobin

長尾 聡(助教)、Ying-Wu LIN(南華大、教授)、石川 春人(阪大、講師)、山田 卓也(平成21年度修了生)、Mohan ZHANG(D2)、庄村 康人(茨大、准教授)、水谷 泰久(阪大、教授)、樋口 芳樹(兵県大、教授)、廣田 俊 (教授)

この度,日本化学会第95春季年会において,優秀講演賞(学術)を受賞することができ,大変光栄に存じます.今回の受賞にあたりまして,廣田教授をはじめとする超分子集合体科学研究室の皆様ならびに共同研究者の先生方に深く感謝致します。

最近の超分子化学の発展は目覚ましく,高度な機能をもつ様々な巨大超分子がつくられています.超分子集合体科学研究室ではこれまでに,ヘムタンパク質が分子間で構造領域を交換するドメインスワッピングにより,タンパク質超分子の形成を明らかにしてきました.本研究では,ヘムタンパク質の1種であるミオグロビンのドメインスワップ2量体における一酸化炭素結合挙動を解析し,単量体と2量体で活性部位構造が似ていても,タンパク質構造の変化により一酸化炭素の結合特性が変わることを見出しました.また,ミオグロビンのヘテロ2量体を構築し,マルチヘムタンパク質のような分子内に異なる複数の活性部位構造をもつ超分子の作製に初めて成功しました.これらの成果が高く評価されて今回の受賞に至りました。

 

超分子集合体科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ