NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

量子物性科学研究室の土器屋翔平さん(博士前期課程2年)が、Eighth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE8)でOutstanding Student Poster Awardを受賞

2015年6月22日‐24日にタワーホール船堀で開催されたEighth International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronicsにおいて、量子物性科学研究室の土器屋翔平さん(博士前期課程2年)がOutstanding Student Poster Awardを受賞しました。今回のポスター講演は126件であり、そのうち10件が受賞しました。

Improved electroluminescence with reversed bilayer of thiophene/phenyene co-oligomer derivatives

土器屋 翔平 (M2)
佐々木 史雄 (産総研 研究員)
堀田 収 (京都工芸繊維大学 教授)
柳 久雄 (教授)

この度はこのような素晴らしい賞を受賞することができ,大変光栄に思います。日頃よりご指導ご鞭撻を賜りました柳教授をはじめ,有益な助言を頂きました佐々木博士,堀田教授に,この場をお借りして厚く御礼申し上げます。また,実験が円滑に進められるよう装置の維持・管理をしていただいている技術職員の皆様に深く御礼申し上げます。そして,これまでの研究生活において支えていただいた,友人・家族に心より感謝いたします。新規材料であるBP2T-CNの特性の評価を通じて,面発光型素子の実現に成功できたことが高く評価され受賞に繋がったと思います。今回の受賞を励みとし,今後の更なる発展を目指して研究に励みたいと思います。

本研究は有機半導体レーザーの活性媒質として有望な(チオフェン/フェニレン)コオリゴマー(TPCO)誘導体であるBP2Tとその分子両末端に強い電子吸引性のシアノ基導入したBP2T-CNの積層膜を用いた有機電界発光素子の作製と評価を報告したものです。作製した素子において,良好な整流性を示し電界発光が観察されたこと,及び光電子分光測定によりBP2T-CNがn型特性を持つことを実証しました。また,両分子が基板面に対して寝た配向を取るようにし,素子構造を改善したところ大幅な電流電圧特性,発光,輝度の向上が実現できました。寝た分子配向を制御できたことからレーザー発振に有利な面発光型素子の作製が可能となり,有機半導体レーザーへの実現のための新たな知見となりました。

 

量子物性科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ