NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

2015年光化学討論会(主催:光化学協会)にて光情報分子科学研究室のLi Ruiji君(博士後期課程2年)と金澤類君(博士後期課程2年)がそれぞれ、 Journal of Photochemistry and Photobiology C: Photochemistry Reviews Presentation Prizeおよび光化学討論会優秀学生発表賞(ポスター)を受賞

平成27年9月9日~11日に大阪市立大学杉本キャンパスで開催された2015年光化学討論会(主催:光化学協会)にて光情報分子科学研究室のLi Ruiji君(博士後期課程2年)と金澤類君(博士後期課程2年)がそれぞれ、 Journal of Photochemistry and Photobiology C: Photochemistry Reviews Presentation Prizeおよび光化学討論会優秀学生発表賞(ポスター)をダブル受賞しました。本討論会は、光化学研究者が研究成果を発表・議論する最も重要な場であると共に、研究者が一同に会して交流を広げる場でもあります。Journal of Photochemistry and Photobiology: C Photochemistry Reviews Presentation Prizeは、有機・材料光化学分野において最も優秀な口頭発表を行った発表者(80件中6件)に、光化学討論会優秀学生発表賞 (ポスター) は、優れたポスター発表を行った発表者(12件中1件)に贈呈されるものです。

Li Ruijiの発表タイトル:
“Photon-Quantitative 6π-Electrocyclization of a Diarylbenzo[b]thiophene in Polar Medium”
金澤類の発表タイトル:
“Push-pull型フォトクロミックターアリーレンの蛍光制御”

Li Ruiji(博士後期課程2年)、金澤類(博士後期課程2年)・中嶋 琢也(准教授)・河合 壯(教授)

We are very thankful to professor Kawai, associate professor Nakashima and our group for their support and encouragement for our research and the attendance of the Annual Meeting on Photochemistry 2015. The award which we got will motivate us to take up new challenges in the field of our future and encourage us to work hard with more enthusiasm. We hope our research will be more productive in our laboratory.

Li Ruiji: “Photon-Quantitative 6π-Electrocyclization of a Diarylbenzo[b]thiophene in Polar Medium”
Photochromic compounds especially diarylethenes (DAEs) and their aromatic analogues have been an important subject of intense research over the past two decades in photochemistry. Herein we got highly efficient photocyclization of 2,3-diarylbenzo [b]thiophenes with nonsymmetric side-aryl units in polar solvents. The present results would give a useful insight and tolerate a wide flexibility in the molecular design of photon-quantitative photochromes based on 6π-system. Possibility to expand this concept for the industrial photo-acid generators was also demonstrated. (Li Ruiji)

金澤類:“Push-pull型フォトクロミックターアリーレンの蛍光制御”
フォトクロミック分子は、光照射によっての光物理化学特性を変化させる光スイッチング機能を有しています。蛍光特性もその一つで、フォトクロミック分子を利用した蛍光スイッチング材料は、分子メモリや有機EL発光素子など、オプエレクトロニクス分野への幅広い応用が期待されています。本研究では、分子内にドナー部位とアクセプター部位を導入したPush-pull型構造を有する蛍光性フォトクロミック分子を開発しました。そして、分光学測定および量子化学計算から、電荷分離型励起状態に由来する光反応性と蛍光特性の競合現象を見出しました。 (金澤類)

 

光情報分子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ