NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

光情報分子科学研究室のLi Ruiji君(博士後期課程3年)が2016年光化学討論会にてポスター賞を受賞

平成28年09月06日~08日に東京大学駒場第一キャンパスで開催された2016年光化学討論会にて光情報分子科学研究室のLi Ruiji君(博士後期課程3年)が、ポスター賞を受賞しました。

本討論会は、光化学研究者が研究成果を発表・議論する最も重要な場であると共に、研究者が一同に会して交流を広げる場でもあります。

同賞はポスター発表者317件中77件が審査対象となり、そのうちの11件の優れた発表者に授与されました。

Self-Contained Photoacid Generator Using a Subsequent Reaction of Photocyclization of Teraylenes

Li Ruiji(博士後期課程3年)、中嶋 琢也(准教授)・河合 壯(教授)

I am very thankful to Kawai sensei, Nakashima sensei and our group for their support and encouragement for our research and the attendance of the Annual Meeting on Photochemistry 2016. The award which I got will motivate me to take up new challenges in the field of our future and encourage me to work hard with more enthusiasm. I hope my research will be more productive in our laboratory.

Photoacid generators (PAGs) are photosensitive molecules which capable of releasing protons upon exposure to light irradiation. New PAG molecules were designed based on our photon-quantitative reaction compound in polar solvent with asymmetric molecular structures. And at the same time, we also prepared structure isomer of the previous PAG by changing the framework in order to further increase the efficiency of mesylic acid release. The results showed that the new PAGs haze high efficiency and can be used for photoinduced polymerization and chemically amplified photoresist systems.

(Li Ruiji)

 

光情報分子研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ