NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

物質創成科学研究科技術職員室の藤原技術専門職員が2016年度名古屋大学 機器・分析技術研究会において優秀ポスター賞を受賞

2016年9月8日名古屋大学豊田講堂で開催された2016年度名古屋大学機器・分析技術研究会において、研究・国際部 研究協力課(物質創成科学技術区)の藤原正裕技術専門職員が「優秀ポスター賞」を受賞しました。同賞は、機器分析装置に関する開発・改良、維持管理、安全管理、機器分析の周辺技術、その他についてその発展に貢献しうる優秀な発表を行った者を表彰するものです。本年度は、67名の中から5人が選考されました。

使用者からより喜ばれる薬品管理システムに向けた工夫

藤原 正裕

この度はこのような賞を頂くことができまして大変光栄に存じます。これもひとえに物質創成科学研究科の先生方、また環境安全衛生管理室の皆様のご指導、ご尽力によるもので、この場をお借りして御礼申し上げます。この賞を励みに、今後より一層の精進をしたく思います。

“使用者からより喜ばれる薬品管理システムに向けた工夫”

試薬を取り扱う際には各種法令を遵守することが義務付けられているが、非常に煩雑であり現場の管理者や研究者の重い負担となっている。そこで本学では現場の負担を軽減し、より研究に集中できるよう薬品管理システム [IASO-R6] を導入した。しかし導入後の意見を聞くと、むしろ負担が重くなったと感じている研究者もおり、改善の余地が残されている。本学では研究者により快適に、より喜ばれるシステム運用を目指し、様々な改善を繰り返しており、本発表では運用体制や改善例を紹介する。

 

ポスターはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ