NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室の加藤匠君(博士前期課程2年)が日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞

2016年9月7~9日に広島大学において開催された日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム特定セッション『フォトセラミックス』」において、センシングデバイス研究室の加藤匠君(博士前期課程2年)が優秀ポスター賞を受賞しました。

SPS 法にて作製した透明セラミックス及び単結晶BaF2のシンチレーション特性の比較

加藤 匠(M2)、岡田 豪(助教)、柳田 健之(教授)、福田 健太郎(トクヤマ)

今回はこのような素晴らしい賞を受賞でき大変光栄に思います。御指導頂いた柳田教授、河口准教授、岡田助教授をはじめセンシングデバイス研究室のメンバーに深く御礼申し上げます。今回の受賞を励みとし、今後の更なる発展を目指して日々研究活動に取り組んで参りたいと思います。

シンチレータは放射線検出に用いられる蛍光材料の一つであり、放射線のエネルギーを吸収して低エネルギーの光子に変換する機能を持つ物質である。単結晶フッ化バリウム(BaF2)は減衰時間が短いオージェ・フリー発光(AFL)を示すことからγ線用シンチレータとして注目を集めている。しかしながら、これまでの研究は単結晶体に留まっており、透明セラミックスは検討されていない。本研究では、放電プラズマ焼結法により透明セラミックスBaF2 の開発に成功し、その放射線応答特性について評価を行った。透明セラミックスは単結晶体と同様に190-220 nm 付近にAFLが観測され、透明セラミックスの残光特性は単結晶体と比較して改善するという結果が得られた。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ