NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室の中内大介君(博士前期課程2年)が第77回応用物理学会秋季学術講演会で放射線分科会学生ポスター賞を受賞

2016年9月13日から16日の間に開催された第77回応用物理学会秋季学術講演会において中内大介君(博士前期課程2年)が放射線分科会学生ポスター賞を受賞しました。同賞は大分類2 (放射線)で発表された71件のポスター発表のうち、特に優秀なポスター発表を行った学生7名に対して授与されました。

Eu:BaSiO3単結晶のシンチレーション特性評価

中内大介(M2)、岡田 豪(助教)、河口範明(准教授)、柳田 健之(教授)

この度は放射線分科会学生ポスター賞を頂いたことを大変嬉しく思います。今後も精力的に研究を行い、興味深い実験結果を見出していきたいと思います。本研究を行うにあたって、ご指導頂いた柳田先生、河口先生、岡田先生に深く感謝申し上げます。

Eu2+はパリティ許容である5d-4f遷移由来の広い励起波長域、高い発光強度、比較的短い蛍光寿命を示すことから、シンチレータにおける発光中心として非常に有用な添加剤である。Euを微量添加したメタケイ酸バリウム (BaSiO3) を始めとするケイ酸バリウムもまたEu2+の5d-4f遷移由来の黄色発光を示すことから長らく蛍光体としての研究が盛んに行われてきたが、Eu:BaSiO3のシンチレーション特性についての研究は多結晶粉末体のみ報告がなされており、波高値スペクトル等の定量的な評価はなされていない。今回我々はFZ法によりEuを添加したBaSiO3単結晶の結晶育成を行い、そのシンチレーション特性について系統的に評価を行った。本研究では初めてEu:BaSiO3について定量値となる発光量を決定し、高い発光量を示すことを見出した。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ