NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室の辰巳浩規君(博士前期課程2年)が第77回応用物理学会において大分類 2 .学生ポスター賞を受賞

2016年応用物理学会秋季学術講演会 放射線分科会で発表された71件ポスター講演の発表者の中から、厳正な審査の結果、7名が選出されました。応用物理学会 大分類2.学生ポスター賞は,放射線に関する研究の進展または技術の向上に多大な貢献をした成果を称えることを目的とし、春季または秋季の応用物理学会学術講演会における大分類2.放射線のポスターセッションにて発表されたポスターを対象としています。

銀添加Li3PO4-BPO4 ガラスのRPL 特性

辰巳 浩規(M2)、岡田 豪(助教授)、河口 範明(准教授)、正井 博和(京大化研)、柳田 健之(教授)

この度は第77回応用物理学会秋季学術講演会において大分類 2. 放射線 学生ポスター賞という素晴らしい賞を賜り、大変光栄に思います。また本研究が受賞するにあたって、多大な貢献をいただいた共同研究者および指導教官の皆様に感謝を申し上げます。今後も真摯に研究活動に取り組んでまいります。

ドシメーターは主に原子力発電所や病院における放射線業務従事者の被ばく量管理に用いられている。そういった用途に対し、Radiophotoluminescence (RPL) 現象を利用したドシメーター材料の一つとして銀添加NaPO4-Al(PO3)3 ガラスが実用化されている。RPL 現象が起こる材料は少ないが、フェーディングが少なく、繰り返しの読み取りが可能であるため、輝尽蛍光や熱蛍光線量計に比べて安定性が高いという特徴がある。ドシメーターに求められる重要な要素として、生体等価性がある。そこで本研究では、Na (Z = 11) をLi (Z = 3)に、Al(Z=13)をB(Z=4)に置換した元素で構成されているLi3PO4-BPO4 ガラスに着目し、異なる濃度 (0, 0.1, 0.5, 1.0 mol%) の銀を添加した際のシンチレーションおよびドシメーター特性の評価を行った。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ