NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

先進機能材料研究室の木本孝仁君(博士前期過程2年)が2016年度第3回関西電気化学研究会で2016年度関西電気化学奨励賞を受賞

2016年12月10日に大阪府立大学で開催された2016年度第3回関西電気化学研究会において木本孝仁君(博士前期過程2年)が2016年度関西電気化学奨励賞を受賞しました。同賞は発表された99件のポスター発表のうち、上位20件の発表に対して授与されたものです。

液相法による微細な硫化物固体電解質の合成と全固体電池への応用

木本孝仁(M2), 山本真理, 寺内義洋, 池田慎吾, 小林靖之, 高橋雅也(客員准教授)

この度は2016年度第3回関西電気化学研究会において2016年度関西電気化学奨励賞を頂き、大変光栄に思います。本研究の遂行にあたり、高橋雅也先生を始めとする先進機能材料研究室の方々並びに大阪市立工業研究所電池材料研究室、表面処理研究室の方々に厚く御礼申し上げます。今回の受賞を励みとし,今後のさらなる発展を目指して研究活動に精進していきたいと思います。

近年では、電気自動車やスマートフォンといった小型電子機器の急速な普及によって二次電池に対する必要性が高まっています。全固体電池は難燃性の無機系固体電解質を用いるため、可燃性の有機電解液を用いたリチウムイオン電池に替わる安全性の高い次世代型二次電池として注目されています。その中でも、硫化物固体電解質Li3PS4は高いリチウムイオン伝導度と成型性を有する事から全固体電池への応用が期待される材料の一つであり、最近では多種多様な合成法が検討されています。特に本研究では生産性に優れた液相法に着目し、合成時間2時間で微細かつ10-4 S/cm以上の高いリチウムイオン伝導度を有するLi3PS4の合成に成功しました。また、このLi3PS4を用いて作製した錠剤型全固体電池は従来法であるメカニカルミリング法により合成したLi3PS4を用いた場合と比較し、電極/電解質界面に生じる抵抗を低減でき、さらに高い充放電容量を示しました。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ