NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室の中村文耶君(博士前期課程1年)がAMEC-2016 The 10th Asian Meeting on ElectroceramicsにおいてPoster Awardを受賞

2016年12月7日GIS TAIPEI TECH Convention Centerにおいて、センシングデバイス研究室の中村文耶君(博士前期課程1年)がAMEC-2016 The 10th Asian Meeting on Electroceramicsにおいて受賞した「Poster Award」の授賞式がありました。同賞は上記ワークショップにて発表されたポスター発表354件中、34人が受賞しました。

Scintillation and Dosimeter properties of CaF2 Transparent Ceramic Doped with Eu2+

中村 文耶(M1)、加藤 匠 (M2)、岡田 豪(助教)、河口範明(准教授)、福田健太郎(トクヤマ)、柳田 健之(教授)

今回はこのような素晴らしい賞を受賞でき、感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。御指導頂いた柳田教授、河口准教授、岡田助教をはじめセンシングデバイス研究室のメンバーに深く御礼申し上げます。このたびの受賞を励みとし、これからも精一杯日々の研究に取り組んで参りたいと思います。

シンチレータ及びドシメータは放射線検出に用いられる蛍光材料の一つであり、放射線のエネルギーを吸収して低エネルギーの光子に変換する機能を持つ素子であります。Eu添加CaF2はEuの2価に起因した発光を示すことが知られており、シンチレーション材料として、宇宙物理学などにおいて注目されております。また、CaF2は人体軟組織の実効原子番号と近い実効原子番号を持つことから、トシメータ材料としても注目されております。本研究では、Eu添加透明セラミックCaF2を開発し、 X 線に対するシンチレータ、ドシメータ特性の評価を行いました。その結果から、Eu添加透明セラミックCaF2は、ドシメータ特性において、優れた特性を示すことを明らかにしました。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ