NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室のNurul Athirah Binti Noor Azman さん(博士前期課程2年)が第64回応用物理学会春季学術講演会においてPoster Awardを受賞

2017年3月14日から17日の間に開催された第64回応用物理学会春季学術講演会においてNurul Athirah Binti Noor Azman さん(博士前期課程2年)がPoster Awardを受賞しました。同賞は第64回応用物理学会春季学術講演会で発表された1196件のポスター発表のうち、厳正な審査の結果、応用物理学の視点から特に価値のあるポスター発表を行った22名に対して授与されました。

Scintillation of Al2O3 ceramic activated by Sc3+

Nurul Athirah Binti Noor Azman(M2)、加藤 匠 (M2)、岡田 豪(助教)、河口 範明(准教授)、柳田 健之(教授)

第64回応用物理学会春季学術講演会においてPoster Awardを受賞し、大変光栄に感じております。本研究を行うにあたり、丁寧にご指導頂きました柳田先生、河口先生、岡田先生、計測や議論を共に行った加藤君に深く御礼申し上げます。今後も本受賞を励みとし、放射線計測分野の研究に尽力していく所存です。

ドシメータは医療や環境計測などの放射線計測分野における代表的な蓄積型デバイスである。Al2O3 に炭素を添加したC:Al2O3は日本や米国において広く個人被ばく線量計として用いられており、応用のみならず、材料の蛍光特性向上と言った基礎研究も盛んである。本研究では世界に先駆け、Scを添加したAl2O3透明セラミックドシメータの開発を行い、そのドシメータ特性を評価した。熱蛍光グローカーブを評価したところ、非常に強い熱蛍光を観測し、4桁にも及ぶ広いダイナミックレンジにおいて良好な線形性を確認した。これはSc3+とAl3+のイオン半径の差に基づく格子歪みに起因する捕獲サイトの増強による結果と考察しており、ドシメータ材料の改良による素子の更なる感度向上へ向けた、一つの指針になると考えられる。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ