NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

量子物性科学研究室の諏訪智巳君(博士前期課程2年)が第17回理工系学生科学技術論文コンクールにて特別賞を受賞

2017年3月27日、量子物性科学研究室の諏訪智巳君(博士前期課程2年)が第17回理工系学生科学技術論文コンクールにて特別賞を受賞しました。贈賞式は同日に、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで行われました。このコンクールは科学技術と日本の将来を踏まえ、社会的な課題や研究テーマなどについて、独創的な視点で提言するコンクールとなっています。本年度は202編の中から同賞を含め6編が受賞しました。また論文が3月27日の日刊工業新聞に掲載されました。

後援 文部科学省/科学技術振興機構/科学技術と経済の会/日本工学教育協会/クラウド利用促進機構

協賛 トヨタ自動車、堀場製作所(五十音順)

主催 日刊工業新聞社

国民「総」で「創」生産を

諏訪 智巳

このような賞を戴き非常に光栄に思います。日頃から熱心に指導して戴いている柳教授、冨田助教をはじめ量子物性科学研究室の先生方、及び日頃から啓発して下さる研究室内外の友人に深く感謝申し上げます。今後も更なる発展を目指して日々取り組んで参ります。

経済不振の一因として、企業における研究開発の低収益分野への研究開発投資が挙げられている。これは情報の増大や少子高齢化による一般消費者の製品のニーズの多様化から、市場ニーズへの反映が困難となっているためである。この解決策としてオープンイノベーションが有効と考えられているが、未だ多くの課題がある。今回の論文ではこのオープンイノベーションの促進を期待し「国民「創」生産システム」の提案を行った。このシステムにより一般の人が科学技術をより身近に感じることを可能とし、社会全体で科学技術を発展させることを期待する。

 

量子物性科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ