NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

光情報分子科学研究室の清水大椰君(博士前期課程2年)が、第3回高次複合光応答若手の会にて最優秀ポスター賞を受賞

2017年9月11-12日に東京都 晴海グランドホテルにて開催された、第3回高次複合光応答若手の会にて、光情報分子科学研究室の清水大椰君(博士前期課程2年)が最優秀ポスター賞を受賞しました。同賞は、37件のポスター発表の中から最も優れたポスター発表者1名に贈呈されます。

フォトクロミックターアリーレン骨格を用いた新規光超強酸発生剤の開発

清水 大椰(M2)・中嶋 琢也(准教授)・Aitor Patiño Diaz(M2-Université Toulouse-III)・河合 壯(教授)

この度、第3回高次複合光応答若手の会において、最優秀ポスター賞を賜わり、大変光栄に存じます。今回の受賞にあたりまして、河合教授、中嶋准教授をはじめとする光情報分子科学研究室の先生方、および研究を進めるにあたり、サポートしていただいた研究室のメンバーの方々に厚く御礼申し上げます。この受賞を励みに、今後も一層研究に邁進する所存です。

光酸発生剤(PAG)は光を照射することにより、酸を放出する感光分子である。現在3Dプリンターなどの光造形加工に用いられているPAGは、光応答性および酸発生効率が低いことが問題として挙げられていた。当研究室では、フォトクロミックターアリーレン分子の分子内相互作用による、高い光応答性を示す性質を利用し、自己完結型光酸発生剤の研究を行っている。本研究では、ターアリーレン分子の反応点骨格にナフチル基を導入し、超強酸であるトリフルオロメタンスルホン酸を放出する、新規自己完結型光超強酸発生剤の開発に成功した。様々な溶媒中で高い効率で酸を放出することや多様な酸触媒反応を誘起できることを見出し、関連分子の有用性を明らかにすることに成功した。このような分子技術を高度化してゆくことで、世界中で広く利用されているフォトレジストや光硬化インキなどの光プロセスを半分以下に短縮することが可能で産業界に大きなインパクトを与えることが期待できる。

 

光情報分子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ