NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

センシングデバイス研究室の加藤匠君(博士後期課程1年)が第78回応用物理学会秋季学術講演会においてPoster Awardを受賞

2017年9月5~8日に福岡国際会議場で開催された第78回応用物理学会秋季学術講演会において、加藤匠君(博士後期課程1年)がPoster Awardを受賞しました。同賞は第78回応用物理学会秋季学術講演会で発表された1191件のポスター発表のうち、厳正な審査の結果、応用物理学の視点から特に価値のあるポスター発表を行った25名に対して授与されました。

C添加Al2O3 透明セラミックのドシメータ特性

加藤 匠、河野 直樹(助教)、岡田 豪(助教)、河口範明(准教授)、柳田 健之(教授)、平田 悠歩(名古屋⼤)、山崎 淳(名古屋⼤)、渡辺 賢⼀(名古屋⼤)

第78回応用物理学会秋季学術講演会においてPoster Awardを受賞し、大変光栄に感じております。本研究を行うにあたり、精力的にご指導頂きました柳田先生、渡辺先生をはじめとする先生方に深く御礼申し上げます。今後も本受賞を励みとし、放射線計測分野の研究に尽力していく所存です。

日本国内において長瀬ランダウア社のクイクセルバッジが個人被ばく線量計として広く使用されている。クイクセルバッジには検出素子として炭素添加酸化アルミニウム(Al2O3:C)の単結晶粉末が搭載されている。一方で、セラミックス作製技術の発達により、近年、Al2O3の透明セラミックスが報告されている。ドシメータ特性において単結晶と透明セラミックスを比較した場合、より欠陥が多いと予想される透明セラミックスは単結晶よりも有利であると考えられるが、Al2O3:C透明セラミックの放射線応答特性についての研究は存在しない。そのため本研究では放電プラズマ焼結法を用いてAl2O3:C透明セラミックスサンプルを作製し、そのドシメータ特性について評価を行った。結果として、熱刺激蛍光における線量応答特性において、Al2O3:C透明セラミックは既存のAl2O3:Cよりも一桁高い感度を示すことを明らかにした。

 

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ