NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

量子物性科学研究室の土器屋翔平君(博士後期課程2年)が第78回応用物理学会秋季学術講演会においてPoster Awardを受賞

2017年9月5から8日にかけて福岡国際会議場で開催された第78回応用物理学会秋季学術講演会において、土器屋翔平君(博士後期課程2年)がPoster Awardを受賞しました。同賞は第78回応用物理学会秋季学術講演会で発表された1191件のポスター発表のうち、厳正な審査の結果、応用物理学の発展に貢献しうる優秀なポスター講演を行った25名に対して授与されました。

π共役系オリゴマーを用いたマイクロキャビティ構造をもつ有機EL素子

土器屋 翔平 (博士後期課程2年)、水野 英之 (博士後期課程2年)、香月 浩之 (准教授)、山下 兼一 (京工繊大電子電気工学系)、佐々木 史雄 (産総研電子光技術)、柳 久雄 (教授)

この度はポスター総講演数の2%程度の候補者にしか授与されないPoster Awardを受賞することができ、大変光栄に思います。日頃よりご指導ご鞭撻を賜りました柳教授をはじめ、有益な助言を頂きました水野君、香月准教授、ならびに京都工芸繊維大学の山下教授、産業技術総合研究所の佐々木博士に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。また、実験が円滑に進められるよう装置の維持・管理をしていただいている技術職員の皆様に深く御礼申し上げます。そして、これまでの研究生活において支えていただいた、友人・家族に心より感謝いたします。今回の受賞を励みとし、今後の更なる発展を目指して有機分子エレクトロニクス・フォトニクスの研究に励みたいと思います。

本研究は電流励起有機半導体レーザーの活性媒質として有望な(チオフェン/フェニレン)コオリゴマー(TPCO)の中でも、面発光性の強いBP2T-CNの真空蒸着膜を活性層にし、分布型ブラッグ反射(DBR)ミラーと金属電極により挟み込んだマイクロキャビティ構造をもつ有機EL素子の作製と評価を報告したものです。作製した素子において、共振器長に対応する垂直共振型の狭帯化したELスペクトルが観察されました。一方、同素子の角度分解発光・反射測定より、マイクロキャビティ中の光子と励起子が強結合した励起子ポラリトン由来の分散特性が室温・大気下で得られました。また、現象論的ハミルトニアンを用いた解析から、大きなラビ分裂エネルギーを持つ光子-励起子相互作用を確認し、有機ポラリトンレーザーへの実現のための新たな知見となりました。

 

量子物性科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ