NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 ~光ナノサイエンス~

凝縮系物性学研究室の比嘉友大さん(博士前期課程2年)がInternational Symposium of Surface Science 8においてTravel Awardを受賞

2017年10月22日から26日にかけて開催されたInternational Symposium of Surface Science 8において、比嘉友大さん(博士前期課程2年)がTravel Awardを受賞しました。同賞は382件の講演のうち、特に優れた講演を行った9名に対して授与されました。

Active dopant concentration in Si(001) with ion-implanted dopant studied by angle resolved photoelectron spectroscopy

Yudai Higa, Sakura Nishino Takeda, Tatsuya Ebato, Masatoshi Yoneda, Akiho Fujinaka, Kazuho Morita, Natsuki Morimoto, A. K. R. Ang, Hiroshi Daimon, and Kazuo Tsutsui

この度はこのような賞をいただくことができ、非常に光栄に思います。

本研究は大門教授、武田助教をはじめ、日々ご指導いただいた先生方、貴重な試料の提供と詳しい意見、議論を頂きました東京工業大学の筒井教授、日頃より切磋琢磨しあえる研究室のメンバーの協力のもと、進められてきました。改めて、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今後も本受賞を励みに研究に邁進したいと思います。

Active dopant concentration in ultra-shallow region (several nm from the surface) is an important factor to improve the property of source/drain electrodes in nano-scaled MOSFETs. Recipients have recently developed a new method to measure “active” dopant concentration in ultra-shallow region by measuring the quantized electronic structure in inversion layer formed in ultra-shallow region and applied this method to As-ion implanted Si(001). In this work, very high active dopant concentration in ion implanted Si was obtained and it was revealed that it changes, depending on annealing times and temperature. It was concluded these results are reasonable by SIMS and Hall measurement. Therefore, this can be regarded as a useful method to measure active dopant concentration in ultra-shallow region.

 

凝縮系物性学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学研究科・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • 新領域を切り拓く光ナノ研究者の養成
  • ITP 若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム
  • ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
  • グリーンフォトニクス研究プロジェクト
    • 年間予定表
    • 物質創成科学研究科 公式Facebookページ