NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域 ~光ナノサイエンス~

有機光分子科学研究室の加藤祐希さん(博士前期課程2年)が第29回基礎有機化学討論会にてポスター賞を受賞

2018年9月6−8日に東京工業大学にて開催された基礎有機化学会主催による第29回基礎有機化学討論会において、有機光分子科学研究室の加藤祐希さん(博士前期課程2年)がポスター賞を受賞し、2018年9月8日に授賞式が行われました。同賞は、基礎有機化学分野(構造有機化学、反応有機化学、ホストゲスト化学、超分子化学)の最新研究に関する成果発表を行い、独自性・今後の発展性・プレゼンテーション内容および質疑応答などの観点から優れた発表を表彰するものです。本年度は、169件の審査対象ポスターの中から28件の受賞者が選考されました。

イプチセン骨格を導入したアントラセン誘導体の合成と有機ELへの応用

加藤 祐希・林 宏暢・松本 彬伸・敷田 蒼・相澤 直矢・安田 琢麿・山田 容子

この度、第29回基礎有機化学討論会において、このような貴重な賞を頂き、大変光栄に思います。今回の受賞にあたりまして、熱心にご指導してくださった山田先生、林先生をはじめとする研究室の先生方、および、九州大学の安田琢麿研究室の皆様に厚く感謝致します。今回の受賞を励みとし、より一層研究活動に精進したいと思います。

有機ELは次世代のディスプレイや照明として盛んに研究されています。優れた有機EL特性の発現には、高い発光特性が望まれます。本研究では、発光部位としてアントラセンに着目し、その両末端にイプチセン骨格を有する種々の化合物を合成しました。また、その化合物を用いた有機ELの性能評価を行った結果、嵩高いイプチセンが固体中での分子の凝集を抑制することでアントラセンが効率良く発光し、類似の化合物を用いた有機ELの中で最も高い輝度を発現しました。今後、導入する置換基が有機EL特性へ与える影響を系統的に調査することで、更なる性能向上を目指したいと考えています。

 

有機光分子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

トピックス

  • Youtube 物質創成科学領域・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • ナノテクノロージープラットフォーム