生体プロセス工学研究室について

細川陽一郎教授が主催する当研究室では、最先端レーザー技術と顕微鏡技術を駆使した、細胞やタンパク質などのバイオ試料の超微細・超高速操作技術の開発と研究を推進しています。特に、超短パルスレーザー(フェムト秒レーザー)を利用した細胞の操作・加工技術では、世界最高レベルの研究施設と研究実績を有しています。

最新記事

  • これまでの研究と展望をまとめたレビュー論文が、JJAPに掲載されました。

    Topics

  • 日仏交流促進事業「Sakuraプログラム」に関連したセミナーを開催しました。

    Topics

  • OCU先端光科学シンポジウムにM2井出さん、田中さんが参加しました。

関連プロジェクト